JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

『人とまともに会話をする事が出来ず』、日々頭を悩ませています。 バイト先でも、学校でも、誰とも意思疎通が出来ま

質問者の質問

『人とまともに会話をする事が出来ず』、日々頭を悩ませています。

バイト先でも、学校でも、誰とも意思疎通が出来ません。それどころか、どう頑張っても最後は嫌われたまま学校を止める、バイトを止める事になります。
出来ないと言うより、出来なくなったと言う方が正しいかも知れません。

何故そうなるかの自覚はあります。
「自分の言葉遣いがおかしい事」「挙動不審?な事」「人の話が一発で聞き取れない事」「余計な一言が多い事」です。余計な一言は、慣れた相手であればあるほど出ます。思ったことを正直に言ってしまい、相手を傷つけ、嫌われてしまうパターンが非常に多いです。


自覚症状に芽生えたのは高校二年時からです。

中学2年の時、一緒に柔道を習っていた友達との会話中、「面白いし良いヤツ。言葉遣いはヘンテコだけど(←私の事です)」というフレーズが出てから、自分の言語感覚が普通と違うんだなと思うようになりました。が、アニメやゲームが好きだったのでおそらくそこら辺の影響が出ただけかなぁと、当時は問題視していませんでした。自分でもそれが変だと一つも思っていませんでした。
あと、その変な言語感覚とは別に、私は慣れない場所では何故か「普通に笑う」事が出来ず、当時塾に通っていた時も、受付の先生達にいつもその事で「笑ってみ?」と(良い意味で)からかわれていました。自分は人なつっこい性格なので、おそらくその反応に甘えていました。当時はそれで人とのコミュニケーションが計れていたと思っていたので、全く問題ありませんでした。

ですが、それも高校2年までの話で、それ以降になると、その自身の無表情やへんてこな言語感覚が、周りに通用しな くなってきたのを感じるようになりました。明らかに自分を見る目が変わったのが分かりました。
自分では普段通り、普通通りにやっているはずなのに、周りは自分を、まるで変わった人を見るようになっていました。
「未成年では天然扱い。成年超えたらただの異常者」とはこの事だと思いました。

言葉遣いがおかしいらしいのでマトモな会話は避けがちになり、当時無駄に大きかった声も、「うるさい」とヤジが飛んできてからは必要以上に抑え気味になった気がします。
それとは関係無しに、当時役者志望だった私は、親からそれを目指す条件として「とある医療大学に合格し、医者になる事」を約束させられたため、勉強にのめり込み、クラスメートとの会話がおろそかになったのも相まって、更に人とのコミュニケ-ションがとれなくなったのも原因の一つかもしれません。結局受かった大学でも私は誰とも話すことが出来ず、パニック症状を引き起こしたことで中退しました。


とにかく高校2年時以降、私はどのような場においても、まともに人と話せなくなっていました

問題はそれだけではなく、中学の頃からですが、私は人の言う事をまともに聞き取れません。
中学のことから「え?何?」と聞き返すのがクセで、周りから真似されてからかわれた程です。
それがバイト先でも影響し、会話を聞き取れないために色々問題が起きます。しかも怒られるのが怖くて聞き直せず、また問題が起こるというのが日常茶飯事です。


今の私は、死ぬほど誰かと話したくても、誰かと仲良くなりたくても、それが叶いません。
自分一人だけ、心が子供のままで身体が大人になってしまったから、周りと噛み合わないのだと感じています。

私は人間が好きで、誰かと話して笑いたいですし、自分が「良い人間だな」と判断した人間が困っていたら助けてあげたい性格です。誰かに好きだと言って欲しい、甘えた性格でもあります。
そういうのが「趣味」の人間に育ってしまっています。こんな性格じゃ無くて、人に嫌われても多少は平気な顔が出来る人間になりたかったです。それが普通なような気がするのですが、私はそうなれませんでした。


もう限界を感じています。今では「もういい、もういい」「もういやだ」「死にたい」を何度も布団の中で繰り返す人間になってしまいました。ただ自殺する根性も勇気も無いので、登山中に楽に死ねるのが一番良いと、訳の分からないことを、これを書いている今も考えています。

子供の頃に帰れるなら帰りたいです。良いことばかりではありませんでしたので正直戻りたくないですが、でも今よりも人と話すことが容易に出来ましし、自分と仲良くしてくれる人がたくさん居ました。もう戻れませんが、それを思うくらいに追い詰められているのを感じます。

たまに、こんな私を理解し助けてくれる人が出てくるのですが、私にはそれを避けることしか出来ません。私は慣れた相手だと慇懃無礼な態度を若干取ってしまう所があり、その時の自分の余計な一言が、たくさんの人を傷つけてきたのを自覚しています。

飲み会の場ではその慇懃無礼が許される為か、とにかく喋りまくる事で、友達がたくさん出来ます。大げさですが、何をやっても許される分、子供に戻れるからかもしれません。
楽しませるのが好きなので、飲み会は唯一楽しいと思える場です。ただそれが終わってしまうと、周りに気を遣う所為なのか何なのか、またいつもの仏頂面のテンションに戻って、またいつもの関係になりがちです。


今の私は一人です。相談する相手が誰も居ません。だからここにメールを書きました。
こんな人生を生きたくはありません。
今の私が望んで居るのは、誰かとまともに会話する事と、誰かを助けてあげたい事、誰かの笑顔がみたい事、誰かに好きになって欲しい事です。今の私にはそれが叶いません。



なのでどうかお願いします。何かしらの解決案を教えていただければ幸いです。
「自分の言葉遣いを直せばいいだけ、甘ったれるな」。という意見が出るのはごもっともな話だと思いますが、それは自覚しています。それでもお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

甘ったれているわけではなく、相談者様は社交不安障害(SAD)の診断基準を満たしていると考えて矛盾ないと思います。
最近は、生育歴よりも、体質にその原因を求める流れになってきています。

以下にSADのポータルサイトを2つお示しします。良くできたサイトですので、ご自分にSADが当てはまるかどうかよくご覧になってみてください。
両サイトとも、SADを診療可能な医療機関の検索が可能です。

【SAD(社会不安障害・社交不安障害)総合情報サイトSAD NET】
http://www.sad-net.jp/

【社交不安障害(SAD)情報サイト】
http://utsu.jp/sad/

SADの場合、公の場に出ると不安が高まる⇒そういう状況を回避するようになる⇒ますます人前に出ることが苦手になって、いざ冠婚葬祭などのやむを得ない事情で不特定多数の人と接触した場合に不安症状が強く出る⇒さらなる回避行動(たとえば退職、退学、引きもこり)に至る、という悪循環に陥りがちです。
そうした循環が既に生じかけているようであれば、重大な決断はいったんペンディングにして、一刻も早く精神科/心療内科受診をされるべきと愚考します。

拙い助言ですが、少しでもお役に立てば幸いです。

精神科 についての関連する質問