JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の妻が軽いうつ状態が半年ほど続いた後、昨年の3月11日の東北地震をきっかけとして 躁状態となり、そのことに対応し

解決済みの質問:

私の妻が軽いうつ状態が半年ほど続いた後、昨年の3月11日の東北地震をきっかけとして
躁状態となり、そのことに対応した薬などの処方の変更をしないまま4か月経過した後、
転院。その頃は躁状態が下降してきており、 平常ないし軽いうつ状態に近い状況でした。
それから9カ月経ちましたが、食事を作るのがやっとという状態のまま週に1,2度の
買い物も私が付き添って行かないとなかなか出かけません。他の家事は私がやっています。
躁鬱病であれば、この9か月の間に躁状態が現れてもおかしくないと思いますがそれは1度も
ありません。本人は気分が良くないとか、いつになったらなおるのか、などと悲観的な想いを
口にすることが度々です。今の先生は、躁への転換を極力抑えようと慎重な処方をされている
ようですが、もう少し気分を向上させるような薬の処方は難しいのでしょうか?
今のような不定愁訴が続くのは本人も家族も耐えられません。
なお、妻の母と姉が遺伝性の躁鬱病という事ですので妻もその可能性が高いかも知れません。

ご助言を宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

躁うつ病というと躁状態とうつ状態が交互に現れる疾患であるかのようなイメージを持たれているのかもしれませんが、実際には大多数の患者様では生涯に2-3回程度躁状態が現れるのみで、残りの期間は大半がううつ状態か寛解状態で経過します。

双極性障害(躁うつ病)の患者様の7割がうつ状態で発症し、それは普通のうつ病と臨床上区別がつか ないため大多数の患者様は当初はうつ病と診断されます。 しかし経過中に一度でも躁状態が現れると躁うつ病に診断が切り替わり、治療方針も変わります。
従いまして、奥様は典型的な躁うつ病の経過を辿っていると言うことが出来ます。

躁うつ病とうつ病は全く異なる病気であることが分かっており、病像が似ていても、躁うつ病の患者様 のうつ状態に抗うつ薬を投与しても効果がありませんし、むしろ躁転や急速交代化、難治化といった、 病状の複雑化を招きます。

躁うつ病の治療は薬物療法が中心で、気分安定薬と呼ばれる、気分の幅を一定に収めるお薬が用いられ ます。薬剤名としては、リーマス、デパケン、テグレトール、ラミクタールなどが気分安定薬にあたり ます。 これらのお薬は躁うつ病の躁状態にもうつ状態にも有効で、継続的な服薬を続けることで病相予防効果もあります。

恐らく現在の主治医が奥様に行っているのはこれに準じた治療であろうと思われます。
一般論 として躁うつ病のうつ状態は治療選択肢が少ないために治療に難渋し、長期化することが少なくありません。
焦って抗うつ薬を用いれば上述のような難治化の原因になりかねませんので、あまり主治医にプレッシャーをかけない方がよろしいかと存じます。

ただ、治療に改善の余地はあるかもしれません。
現在奥様が服用しているお薬の名前と、それぞれの1日量を教えていただけますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

担当の先生から、私が想定している程度の回答をいただきましたが、申し訳ありませんが

満足のいくものではありませんでした。

ただし、以下のような補足がありましたので、お尋ねに返事をしてみてその解答によって

最終判断したいと思います。

<先生からの補足内容>

「ただ、治療に改善の余地はあるかもしれません。
現在奥様が服用しているお薬の名前と、それぞれの1日量を教えていただけますか?」

 

<妻が服用している薬と1日の服用量>

1.バルデケンR錠100mg (夕) 1錠

2.メデポリン錠0.4mg   (寝前)1錠

3.ベタマック錠50mg    (朝・昼・夕)各1錠

4.アンプリット錠10mg   (朝・昼・夕)各2錠

5.ノリトレン錠10mg    (朝・昼・夕)各2錠

6.ロナセン錠2mg     (朝)1錠

7.マイスリー錠5mg    (寝前)1錠

8.マグラックス錠330mg (朝・昼・夕)各1錠

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

担当の先生から、私が想定している程度の回答をいただきましたが、申し訳ありませんが

満足のいくものではありませんでした。

ただし、以下のような補足がありましたので、お尋ねに返事をしてみてその解答によって

最終判断したいと思います。

<先生からの補足内容>

「ただ、治療に改善の余地はあるかもしれません。
現在奥様が服用しているお薬の名前と、それぞれの1日量を教えていただけますか?」

 

<妻が服用している薬と1日の服用量>

1.バルデケンR錠100mg (夕) 1錠

2.メデポリン錠0.4mg   (寝前)1錠

3.ベタマック錠50mg    (朝・昼・夕)各1錠

4.アンプリット錠10mg   (朝・昼・夕)各2錠

5.ノリトレン錠10mg    (朝・昼・夕)各2錠

6.ロナセン錠2mg     (朝)1錠

7.マイスリー錠5mg    (寝前)1錠

8.マグラックス錠330mg (朝・昼・夕)各1錠

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

担当の先生から、私が想定している程度の回答をいただきましたが、申し訳ありませんが

満足のいくものではありませんでした。

ただし、以下のような補足がありましたので、お尋ねに返事をしてみてその解答によって

最終判断したいと思います。

<先生からの補足内容>

「ただ、治療に改善の余地はあるかもしれません。
現在奥様が服用しているお薬の名前と、それぞれの1日量を教えていただけますか?」

 

<妻が服用している薬と1日の服用量>

1.バルデケンR錠100mg (夕) 1錠

2.メデポリン錠0.4mg   (寝前)1錠

3.ベタマック錠50mg    (朝・昼・夕)各1錠

4.アンプリット錠10mg   (朝・昼・夕)各2錠

5.ノリトレン錠10mg    (朝・昼・夕)各2錠

6.ロナセン錠2mg     (朝)1錠

7.マイスリー錠5mg    (寝前)1錠

8.マグラックス錠330mg (朝・昼・夕)各1錠

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
処方内容のご提示ありがとうございます。
こちらは想定外の内容でした。
この処方では奥様は良くなることはないでしょう。

まず主剤たるべきはバルデケンですが(前述のデパケンのジェネリック医薬品です)、1日100mgでは有効血中濃度に遠く達していないでしょう。肝臓に負担がかかるだけで、服用されている意義はありません。
経験的には、有効血中濃度を得るためには600~1000mgが必要ですし、そのためには増量と採血をまめに繰り返して最適量をみつける必要があります。

一方で、ベタマック、アンプリット、ノリトレンという抗うつ薬を3剤併用しています。
抗精神病薬(統合失調症のお薬です)であるロナセンが処方されているのは躁状態を抑えようとしているのでしょう。

つまり、この処方は、本来主役たるべき気分安定剤を申し訳程度に使い、躁状態を抗精神病薬で、うつ状態を抗うつ薬で、個別に治療しようとしているかのようです。
ブレーキとアクセルを一緒に踏んでいるような処方で、前にも後ろにも進まず、前述の理由でどんどん難治化していきます。

日本うつ病学会の調査では、日本のうつ病患者様で適切に治療されているのは25%に過ぎないそうです。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2008年 日本うつ病学会調べ)】
うつ病より治療が難しい躁うつ病ともなると、適切な治療を受けている患者様は10%にも満たないでしょう。
実際、奥様の処方のような、、百害あって一理なしの多剤併用処方(業界では「小汚い処方」と呼ぶことがあります)は、臨床の場でしばしば目にします。

改善の余地があるというよりも、最初から治療を組み直す必要がありそうです。
適切な病院を探されて(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていません。ご了承ください)、転院されることをお勧めします。

これもまた想定内の回答だったでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

さて、前回答は想定内だったでしょうか。それとも少しはお役に立ちましたでしょうか。

具体的な治療方法としましては、せっかく使い始めているのですからバルデケンを有効血中濃度の上限寄りにまで増量し、その間に(増量⇒採血を繰り返す必要があるので時間がかかります)ベタマック、アンプリット、ノリトレンは中止します。

ロナセンは当然不要なのでこれも止めます。

アンプリットとノリトレンを中止できればマグラックスも中止できる可能性が高いでしょう。

まずそれだけで様子を見て、改善が内容であれば、十分量の気分安定薬使用下での双極性うつ病に対して効果が報告されているSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)や、最近双極性うつ病への適応承認を受けたジプレキサの使用が検討されてもいいかもしれません。

教科書通りの双極性障害の治療ですが、奥様はその当たり前の治療すら受けられていないということです。
まずはこうした想定内の治療を受けられるべきでしょう。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
まずは十分量の気分安定薬を使用されることです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問