JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

40歳、女性です。はじめて質問します。私は、人となかなか話しができません。他の人は、笑ったり、怒ったりといろんな感情

解決済みの質問:

40 歳、女性です。はじめて質問します。私は、人となかなか話しができません。他の人は、笑ったり、怒ったりといろんな感情が出ているけど、自分には、その感情が出てこないので、話してても面白いとおもったことが、あまりありません。私の父は、精神薄弱者で、母は静かな人でした。会話はあまりなく、父に怒鳴られることはあっても、叱ってくれることはなく、母にも甘えることもできなかったように思います。その両親も今はいません。周りに相談できる人もいません。ネットでアスペルガー症候群をしりました。自分のと似ているところもありましたが、育った環境からのものなのかもしれない。子供もいるので、何とか自分を変えていきたいのですが、どうしたほうが、良いのか悩んでいます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

二段階の対応が必要だと思われます。

 

まずは然るべき医療機関を受診され、アスペルガー症候群を含めた自閉症スペクトラム障害の有無に関して診断を受けられることです。

JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介を行っていませんが、成人の自閉症スペクトラム障害の診断には診察医の専門性が要求されますので、大学病院クラスの病院を受診された方が確実でしょう。

 

アスペルガー症候群を含む自閉症の疾患群は、ここからここまでが○病でこちらからは□病、というような明確な線引きが出来ないこと、また、自閉症と正常との間にも明確な線引きが出来ないことから、近年では正常から重度の自閉症までを連続したものとみなす「自閉症スペクトラム障害」という考え方が主流になっています。

 

ご記載を拝読する限りでは、相談者様は、アスペルガー症候群の診断基準を完全には満たさないでしょう。少なくとも典型的なアスペルガー患者様とは思われません。
しかし遺伝負因を考えると、「アスペルガーっぽい」素因を持っている可能性は高いと思われます。

 

アスペルガー症候群、もしくはそれに連なる状態と判断された場合は、その治療を受けられるべきでしょう。

 

自閉症スペクトラム障害と診断されなかった場合でも、SST(社会技能訓練)は必要・有用であろうと推察します。

 

「SST(社会生活技能訓練)とは?

誰でも周囲の人とのコミュニケーションがスムーズに行えることを望んでいますが、うまくいかないこともあります。同じような話をしても、他の人が話したときはうまく伝わったのに、自分が話したときはうまく伝わらず、がっかりした経験をお持ちの方も多いでしょう。自分の気持ちや考えを上手に人に伝えるには、どんな言葉 で表現するかということも大事ですが、どういうやり方で表現するかということも大切です。やり方の中には、表情や、声の大きさ、声の調子、話をするときの相手との距離や視線を合わせるかどうかということもありますし、タイミングの取り方もあります。これらを「非言語的行動」と言います。言葉(言語)以外のこうした要素がコミュニケーションのうえで大切です。状況に合わせて、言語的・非言語的行動を上手に用いて、自分の気持ちや考えをうまく人に伝える能力をソーシャル・スキル(生活技能)と言います」(SST普及協会ホームページより引用)

 

SST普及協会ホームページから認定講師がいる医療機関や、関連文献の検索が可能ですので、受診されて、もしくは独学で、SSTの訓練を実践されることをお勧めいたします。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問