JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の知人のことで相談したいことがあります。 その方は音楽をやっている方で10年程前にアル中から鬱病になり精神科で定

解決済みの質問:

私の知人のことで相談したいことがあります。
その方は音楽をやっている方で10年程前にアル中 から鬱病になり精神科で定期的に診察を受けていました。
しかし去年11月に誤認逮捕をされ10日間拘置所で勾留されて以来少しでも批判されるようなことがあると暴言を吐いてきます。4/13(金)にその方のライブに行き頼まれた携帯メールを見てもらおうとしたら大きな声で怒鳴り
帰ってしまいました。その日の夜中から私に対する攻撃が始まり電話が1分ごとに入り一度話したのですが内容が支離滅裂で一貫性がなく私の話やおかれている状況はまるで考えてもうらえず一方的です。話中(携帯電話で話していたので)携帯の電源が切れてしまいそれからは電話に出ていません。でも何度も電話が入り留守電にもめーーセージが・・・なので現在着信拒否をしています。自殺をしてもいいかとか自傷行為をしているとも言っていました。大ファンのミュージシャンなのでなんとか解決方法がないものかと思いお送りします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

少し補足情報を下さい。

①その知人の方は独身なのでしょうか。

②なぜ相談者様に攻撃的になったのか、想像できる理由がありますか? それとも周囲の人すべてに攻撃的になっているのでしょうか。

③いま現在でも、その方は精神科通院、服薬は続けているのでしょうか。服薬内容はわかりますか?

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 1.  独身です。(猫と一緒に暮らしています。)

  2. 私の音楽仲間から頼まれた携帯メール(その方へのお詫びの)を見てもらおうと

    お願いしたら。

  3. すみません。わかりません。ただ10年前から現在も断酒されているのですがお酒を     飲むと気持ち悪くなる薬を飲まれていました。今はたぶん飲まれていないと思いますが。

それと喘息?の症状もあるそうで筒のようなもので吸うものを常備されています。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

情報がかなり限られていますので、一般論にならざるを得ないことをご理解下さい。

 

まず、診断の見立てとしては、例えば違法な薬物を使用しているというような不確定要素が無い限りは、その知人の方は躁状態もしくは躁うつ混合状態を呈している可能性が高いと考えます。

うつ病として治療されていた患者様が、その経過中に躁状態を呈し、診断が躁うつ病に変わることは珍しくありません。躁うつ病と診断されている患者様の7割が、当初はうつ病と診断されます。

きっかけに比べると反応が過剰で、これは「刺激性が亢進している状態」と評価されます。

一方で自殺を仄めかすような発言が認められることからも、躁状態だけではなくうつ状態も混じった混合状態と呼ばれる状態である可能性も否定できません。これは自殺の企図率が高い危険な状態です。

 

相談者様の立場で現在されるべきことは、この知人の方のご両親に連絡をとられることです。

ご本人の意に反して医療を受けさせようとするのであれば、法的な保護者の同意が必要になりますが、それは独身成人男性の場合、ご両親ということになります。

ご両親がご本人に会い、治療が必要な状態だと判断すれば、精神科受診を促していただき、診察医が必要だと判断すれば入院ということになります。状況からして医療保護入院(保護者の同意による、いわば強制入院)という形になる可能性が高いでしょう。

ご本人が受診も拒否される場合は、この知人の方が通われている精神科の医療機関にご両親が出向き、家族相談の形で状態を伝えて、必要な対処を検討してもらう必要があります。

保健所に相談に赴いていただいて「移送制度」の適用を検討してもらう必要もあるかもしれません。
http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-002.html

 

幸運にして相談者様以外の第三者に対してはこの知人の方が聞く耳をもっている状態であるならば、そういった第三者を通じて受診を促してもらう必要がありますが、ご本人が主治医の前では取り繕い、躁状態や自殺を仄めかすような発言をしなければ、通常通りの処方を受けておしまいになってしまう可能性があります。

 

他人が主治医に勝手に会ってこの知人の方の現状を伝えることはできませんので(医療機関側が個人情報に当たる情報を他人とはやり取りできないからです)、やはり法的保護者たるご両親に動いてもらう必要がございます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

その方のお父さんは亡くなられお母さんと2人の弟さんがいらっしゃいます。

その方からのメールで・・・お母さんはその方がインターネット上でのブログを今月初めに閲覧し人に対して暴言を吐いていたことに落胆し現在寝込んでしまっているそうです。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
家庭裁判所での手続きで、法的保護者の順位は変更することが可能です。

ブログのお陰で、ご家族にもこの方の状態がわかっていただけているという側面もあるようですから、是非とも協力を仰ぐべきでしょう(法的な筋からすれば、ご家族に相談者様が協力する形になるわけですが)。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問