JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。 2003年ごろから眩暈と吐き気で診察を受け、耳鼻科に通い、セルシンとセファドールと鼻炎薬を処方して

解決済みの質問:

はじめまして。
2003年ごろから眩暈と吐き気で診察を受け、耳鼻科に通い、セルシンとセファドールと鼻炎薬を処方してもらっていました。最初は新聞文字も判別できなくなったりしましたが、窓の外を見ない等気をつけて徐々に治ってきた頃、手の震えが酷く神経科にも通うようになりデパスを処方されました。手の震えはデパスで治まりましたが、その頃から血圧も高くなり同時に循環器内科にもかかるようになりました。
でも、だんだん病院に行くのが行けなくなり、どうしても家から外に出ることが出来なくなって病院へ行かなくなりました。
2年経った昨年4月から以前から時々あった胸の動悸が激しくなり、血圧も180になるようになり、動悸の激しいのが3日以上続いてやっと、5月に家の近くの歩いていける総合病院の内科へかかりました。病院で血圧を測ると230を越えていて、動悸と不整脈は心臓には異常がないものだと云われました。元の病院へ戻る事を進められましたが、元の病院は電車とバスを乗り継いで約2時間ほど掛かるところにあります。
一人では到底行くことは無理でした。
そのころは病院どころか一人ではどこにも行けず、今もですが買い物にも美容室にも出かけられなくなっていました。ただ毎日ソファで寝るだけで、やっと少しパソコンに触れるようになった程度だったんです。それも酷い動悸で無理になりました。
一旦薬で落ち着いたものの、病院へは通えず、動悸があまりにも酷い時にのみ数ヵ月に一度通うというのを2度ほど繰り返しました。が、精神科を進められ、内科で処方してもらっていたデパスとセルシンを精神科で貰うようになったのですが、他所から出張できておられるお医者さまだった為、そちらに来るように勧められ、行く意志はあってもいけなくて、結局内科も行けなくなり、12月に通って次に行けたのは今年の2月に入ってからでした。
その時は血圧が260にもなっていて内科の先生に非常に怒られました。
それから何とか精神科と内科に通っていたのですが、精神科は1月に1度。3月に行った時、待合室で突然、酷い恐怖に襲われました。叫びそうになるのを何とかこらえるのに必死で、取り合えず待合室を出て、温かい飲み物を買って気持ちを落ち着けるように努力しました。
それを受診の時に訴えましたが、「自分にそういうところがあるということを覚えておきなさい」「薬にたよらず我慢しなさい」といわれま した。
我慢出来る症状ならわざわざ言いません。あまりのことに涙が止まらない状態で訴えましたがわかってもらえず、つらくて、今迄避けてきた自分の症状についてネットで調べるようになりました。その日は一日不安が取れず、友人と夜遅くまで話してもらいました。
それから、ずっとその不安が取れないんです。
先生はセルシンが効くと仰いましたが全く効果がありません。
飲みすぎには気をつけてはいますが、一日5粒デパスを飲んでも落ち着かず、毎日不安が付きまとうんです。
一月に一度くらいは友人と出かけますが、その際、バスで急に恐くなったり、電車でも恐くなり、今までに無い感覚に本当に困っています。
眼科にも掛かっていましたが何とか行っても待合室が怖いですし、先日4月の精神科の検診時にそのことを訴えましたが、セルシンの代わりにと同じ系統の薬を頂いたのですが、やっぱり効かないままで不安も消えず、このままでは病院へまた行けなくなって困るから何とかしたいと先生にも訴えましたが、やる気はあっても気力が出ないともいいましたが、「他の方はそれでも会社に行っている。何かが違うんでしょう」というお答えで、正直困ってしまいました。
薬剤師の方に新しいお薬の説明を受けたときに、出して貰った経緯を説明したら「パニック障害」ではないかと云われました。なら、薬が違うし効かないとも云われ親身に聞いて下さったのですが、だからといって良い案は無く、私も毎日の不安に頭は働かないし何も手に付かないしで、また寝るだけの生活になりそうで困っています。
眩暈も最近起こるようになりました。
今掛かっている精神科の先生には、出張先の総合病院ではなく、いらしている先の病院へ来るようにとは云われていますが、それもどうしたらよいのかわかりません。先生は私の症状について、パニック障害ではなく自律神経失調症とは全般をさして云うので名のつかない症状と仰られていました。
とにかく本当に毎日が不安で、落ち着かなくて何も手に付かずしたいのに出来なくていらいらしてしまいます。12月から行って見ようと思って何度もいけないままでしたが、最悪タクシーを飛ばせば遠いその来られている病院へ行く事もなんとか出来るとは思うのです。でも、それでいいのかどうかもわからず、とにかく不安です。内科の先生からもそちらの病院へ行くように何度か云われましたが、かかるのは同じお医者さまですし診断が変わるとは思えず、でも専門の病院で、精神科も心療内科もありますし、どうしたら良いのでしょうか。
また、元々通っていた神経科の方へ戻ろうかとも思いましたが、紹介状を書いていただかないことには同じ先生に掛かることは出来ないとのことで、新しいお医者さまのところへ行けばいいのか、同じ先生に掛かっていればいいのか、どうしたら良いのか、本当に困っています。
長文で申し訳ありませんでした。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 です。

耳鼻科や循環器内科には既にかかられていますので、お困りの症状が精神科疾患によるものという前提で回答させていただきます。

診断はパニック障害の可能性が高いと思います。
少なくともパニック障害に準じた状態であることは間違いがないように思われますので、精神安定剤しか処方されていない現在の服薬内容では根本的な改善は見込めないと思われます。

パニック障害の標準的治療は、まず薬物療法でパニック発作を抑制し、平素は発作が起きなくなったら次第に薬を減らしながら行動範囲を広げていき、最終的には薬を飲まずに元通りの生活が送れるようになることを目指します。

薬物療法はSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)と呼ばれる抗うつ薬/抗不安薬と精神安定剤(セルシン、デパス、リーゼはすべて精神安定剤です)の併用で開始し、SSRIを増量しつつ、次第に安定剤を頓服薬にするなどして減らしていきます。
SSRI は服用を開始して十分量に増やしてから有効性が現れるまでに数週間かかります。今日飲んだら明日効くというタイプのお薬ではないのです。
一方で安定剤は、飲めばその時その時でパニック発作に効きます。一方で定時服 用を数週間以上続けたら依存が生じます。
この2つのタイプの薬の特性をうまく利用し、SSRIが効くまでは安定剤で繋ぎ、SSRIが効いてきたら依存が生じる前に安定剤を減量していくわけです。

SSRIを速やかに増量して、改善後は速やかに減量するのがパニック障害の治療における薬物療法の良手です。

調子が悪い状態が長引くと二次的・三次的に種々の問題が生じてきますので、早期治療が大切です。
相談者様の場合、既にかなりこじれているように思われますので、一刻も早く適切な診断と治療を行ってくれる精神科/心療内科を受診されることをお勧めします。

相談者様がこれまでかかった神経科や精神科の医師は対症的に安定剤を処方するのみで、診断もまともに付けられていないという点で、受診はお勧めしません。薬漬けにされて依存症になってしまう危険があります。

JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介は行っていません。
ただし、精神科医療機関であれば地域の精神保健福祉センターで情報を得られますので、パニック障害の治療をしてもらえる病院を探されて、できるだけ早い時期に受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

素早い回答ありがとうございます。

 

地域の精神保健福祉センターで、在住の市内では、その現在看て頂いている先生の元々おられる病院が、パニック障害にも対応しているといわれます。

以前あまりに不安で夜に眠れず、電話して聞いたことがあるのです。

後はかなり離れたところにある病院が1件です。

 

今掛かっている先生の居られるもともとの病院は精神専門で、内科も精神科も診療内科もあり、他にも先生がおられ、いろいろされている専門病院だとは思うのですが、やはりそこよりは隣の市ですが、家から一番近いパニック障害に対応しておられる新しいお医者さまに掛かった方が良いでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご記載を拝読する限り、相談者様は、パニック障害だけではなく、「広場恐怖」という病態も伴っているようにお見受けします。
この場合の広場とは、広い場所、という意味ではなく、「パニック発作が起きてもすぐには逃げ出せない、助け を求められない場所」という程度の意味です。飛行機などは典型ですし、電車、バス、地下鉄、人ごみ などもこれに当てはまります。相談者様の場合は、美容室や病院の待合室も「広場」に当たるでしょう。

これを考えると、通院先は、ご自宅から一番近い病院であることが望ましいと考えます。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問