JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

新大学1年生の女子について まず、実母が出産後精神を患い施設にずっと入院しております。よって、叔母と祖父母の家で育

解決済みの質問:

新大学1年生の女子について
まず、実母が出産後精神を患い施設にずっと入院しております。よって、叔母と祖父母の家で育ちました 。実父は幼少の頃から単身赴任で父親との関係も希薄です。
高校2年のときに不登校になり抑うつと診断あり2種類ほど薬を試しその後パキシルとリーゼで快方へ向かって行きました。しかし先生と相性?が合わない理由で通院も止め薬も服用しなくなりました。
(昨年8月頃で)本人は治ったつもりでしたが今回、またうつ的症状が現れています。
総合病院や内科や医療機器が整った病院のほうがよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

通院と服薬は続けられた方がいいですね。

 

「うつは心の風邪」というキャッチフレーズで患者様に受診を促すような啓蒙活動がかつて行われましたが、うつ病に関しては慢性疾患であり、症状が寛解した後も維持療法、具体的には抗うつ薬の服用を継続すべし、というのが最近の治療論の主流になっています。

 

【うつ病の再燃と再発-予防法の実際-】
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_21.htm


私は個人的には、初発の方は、ご本人が望まれた場合には一度治療を終結しますが、感覚としては再発される方とされない方が半々くらいです。

恐らく、同じような症状を呈して「うつ病」と診断される方々の中でも色々なタイプの患者様がおられるのだと思われますが、ご相談の患者様の場合はお母様がそのような状況なわけですので、遺伝的要因が強い、お薬が効く・必要なタイプのうつ病患者様なのだと思われます。

 

相性の問題も確かにあるでしょうから、医者が一人しかいないクリニックよりは、選択肢がある総合病院の方がいいかもしれませんが、治療水準はそれほど変わらないと思います。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

再発予防のための維持療法とは

http://www.cocoro-h.jp/inconsultation/self/preventrelapse/002.html

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問