JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

双極性障害の患者です。 頻尿について質問があります。 現在、一日 リーマス200mg×4錠 デパケン200m

解決済みの質問:

双極性障害の患者です。
頻尿について質問があります。
現在、一日
リーマス200mg×4錠
デパケン200mg×3錠
ラミクタール25mg×3錠
フルニトラゼパム2mg×1錠
不眠時に頓服でデゾラム1mg(×1錠)
その他下剤
を服用しています。ここ2週間、日中(12時間)トイレに行った回数は、20回以上に上ります。夜間は、中途覚醒したときに、1回です。
主治医に相談 したところ、ラミクタールの副作用に頻尿は特記されていないようで、尿が出ないよりかは深刻ではないと答えられました。
過去、セロクエルを服用していたときに同様の頻尿があり、泌尿器科にかかったところ、頻尿止めの薬はあるが、精神病薬との相性が悪いと言われ、薬を処方されませんでした。この時はセロクエルの服用を中止したところ、頻尿は止まりました。
しかし、スルピルド、リスペリドンを服用したときも頻尿が起きました。
今日、ネットで調べたら、「過活動膀胱」という病気が目につきました。
このような状態ですが、総合病院にある泌尿器科で精密に検査してもらった方がよいのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

頻尿の性状について少し詳しく教えてください。

1日尿量自体が増えているのでしょうか? それとも、1回に出る尿量は少ないのだけれど、尿意を催し、しかしトイレにいっても出る量は少ないのでしょうか?

排尿痛はありませんか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

初めまして、こんばんは。

使い勝手が分からなくて返答が遅れてしまいました。

 

一日の尿量自体が増えているというよりも、ご指摘のとおり、「1回に出る尿量は少ないのだけれど、尿意を催し、しかしトイレにいっても出る量は少ない」です。

 

排尿痛はありません。

 

それから追加情報ですが、私は精神科通院歴今年で14年目になります。双極性障害と診断されてからは10年目です。ラミクタールを服用するようになったのは約2か月前からです。

 

以上、よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答お待ちしています。

今晩は、これで寝ます。

明日、確認いたします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。

排尿痛がないのであれば尿道炎や膀胱炎の可能性は低いでしょう。

1日の尿量が増えているのであればリーマスの副作用が考えられたのですが(腎性尿崩症という副作用です)、「1回に出る尿量は少ないのだけれど、尿意を催し、しかしトイレにいっても出る量は少ない」ということであれば、排尿困難に基づく頻尿なのであろうと思われます。

排尿の栓の役割をする尿道括約筋は、自律神経の二重支配を受けています。
交感神経からノルアドレナリンという物質が分泌されるとこの栓が閉まって尿が出なくなり、副交感神経からアセチルコリンという物質が分泌されるとこの栓が開いて尿が出るという仕組みです。

そして、精神科のお薬の多くは、このアセチルコリンの働きを邪魔する副作用(抗コリン作用)があります。
セロクエル、スルピルド、リスペリドンには、弱いですがこの抗コリン作用がありますので、これらのお薬を服用された時の頻尿は、これらのお薬による排尿困難に基づくものでしょう。
つまり、膀胱に尿が溜まるので尿意はするのだけれど、括約筋が緩み切らないので尿が出きらず、またすぐに尿意を覚えて……というタイプの頻尿なのではないかと考えます。

相談者様はおそらくこの抗コリン作用が出やすい体質の方なのだと思われます。
ラミクタールに抗コリン作用はありませんが、フルニトラゼパムやデゾラムにはこの副作用がありますから、これらの服用頻度や、相談者様の体調によって排尿困難⇒頻尿が起こるのではないでしょうか。

頻尿を抑えるお薬というのは抗コリン作用が強いお薬なのですが(尿失禁型の頻尿には効きます。「頻尿止めの薬はあるが、精神病薬との相性が悪い」というのはそういうお薬のことでしょう)、相談者様の場合は、むしろ排尿困難に用いるコリン作動性のお薬(ベサコリン、ウブレチド等)を試されてみるべきだと考えます。
まず精神科主治医とこの点について相談され、それでも頻尿が解決しなければ泌尿器科を受診されるのがよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問