JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

40歳女性です。1カ月ほど前から体がだるく夜なかなか寝付けません。 寝付いても眠りが浅く寝汗をかいて目が覚めてうつ

解決済みの質問:

40歳女性です。1カ月ほど前から体がだるく夜なかなか寝付けません。
寝付いても眠りが浅く寝汗をかいて目が覚めてうつらうつら眠っているという状態が続いていて昼間が眠くて仕事に集中できない状態が続いています。
ついサボって昼寝をしたり昼からの出勤になってしまうことも多々あります。
かなりの量の飲酒をしているのでその影響もあるのでしょうか?
飲酒量を減らしても症状は代わりません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精 神科医です。

睡眠状況以外にも、少し補足情報を下さい。

■1ヶ月前からということですが、これに先だって何か思い当たるきっかけのようなものはありましたか?

■差し支えなければ、相談者様のご職業を教えて下さい。

■差し支えなければ、相談者様のご家族構成を教えて下さい。

■お酒はどれくらいの量を飲まれるのでしょう。以前から「かなりの量」を飲まれていたのでしょうか。

■ご相談の問題で既に医療機関にかかられている場合、そこでの診断と、お薬を処方されている場合は その内容と1日量を教えて下さい。

■持病や常用薬があれば教えて下さい。

■1ヶ月前までは全く問題なく眠れていましたか?

■食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。

■仕事・家事・学業の能率は以前と変わっていませんか?

■趣味や、ご友人との会話などは楽しめますか?

■休日はどのように過ごされていますか?

■月経は規則的でしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

田辺です、お世話になります。

 

1ヶ月前ころ胃の調子が悪く胃カメラの検査を受けました。その後風邪をひいて2.3日会社を休みました。夜更かしをしていたのでそのころからだと思います。

また半年ほど前から抱えてた大きな仕事が終わったので脱力感のようなものもあります。

 

会社員で家具や什器の設計をしています。

 

家族は父・母・姉の4人家族です。

 

酒量は1日缶ビールで3~6缶ほど飲んでいます。以前から同じ量です。

 

この問題で医療機関にはかかっていません。

 

胃の検査で逆流性食道炎と診断されたのでムコスタ錠を毎食後1錠、オメプラール20を夕食後1錠飲んでいます。

 

1ヶ月前まで寝つきの悪い時は何度かありましたが寝汗をかいたり、夜中に目が覚めるような事はなかったです。

 

食欲も少し落ちました。あまり美味しさも感じなくなっている気がします。

 

仕事の能率はあまり変わっていません。

 

友人との会話などに支障はありませんが外で行う趣味等がおっくうになり休日などは

家でごろごろすごしていることが多いです。

 

月経は規則的です。

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

3つの可能性があるように思われます。

 

1つは甲状腺機能亢進症です。

相談者様は女性で、この疾患の好発年齢です。

http://www.cojosen.moavalue.com/category1/entry10.html

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec13/ch163/ch163b.html

ただし、甲状腺機能亢進症の症状は不眠と寝汗だけではありませんので、他に当てはまる症状が無いのであればあまり典型的とはいえませんが、血液検査で簡単に調べることができますので、考慮すべき疾患の一つだと考えます。

 

2つめはうつ病ですが、これについても、仮に診断がついても極めて軽症であろうという印象をもちます。

「半年ほど前から抱えてた大きな仕事が終わったので脱力感」というのは、荷降ろし症候群といってうつ病の発症要因になりえますし、不眠に加えて食欲低下や意欲の低下が認められているのは、単なる不眠症以上の病態である可能性を示唆する所見です。

 

3つめはいわゆる不眠症です。

 

飲酒は、不眠の発症を境に量が変わっているわけではありませんので、直接的な関係はないと思われます。

しかしながらアルコールは睡眠の質を悪くしますし、睡眠薬との飲み合わせが著しく悪いので、もし治療を受けられるとしたら飲酒は止めるよう指示されるかもしれません。

 

不眠症だとするとやや大げさにはなりますが、心療内科を受診されて診断を受けられ、それに即した治療を受けられることをお勧めします、

甲状腺機能亢進症については、心療内科でも血液検査を受けることができます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お役にたちそうなサイトをみつけましたので紹介いたします。
「更年期障害と不眠には深い関係があります」
http://www.menopausal-disorders.com/insomnia/
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問