JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

51歳の自営業者の女性でうつ病9年目です。2度離婚。高校生の息子2人・私の母の4人家族。精神障害者手帳あり、障がい者

解決済みの質問:

51歳の自営業者の女性でうつ病9年目です。2度離婚。高校生の息子2人・私の母の4人家族。精神障害者手帳あり、障がい者年金が主な生活資金です。養 育費は前夫の再婚により止まりました。9年前の父の自宅でのガン闘病(死去)から始まって、夫の脱サラによる経済的な困窮・長男の多動性障害による小学校でのゴタゴタ・父兄の長男に対しての圧力(転校のすすめ)・次男のひきこもり(自

殺未遂)・夫の家出・離婚裁判・隠し子の発覚・長男の家庭内暴力(児童精神科に1年間入院)・私の男姓問題(結局けんか別れになる・交際費を請求される)・・
これが私の9年間です。友人はわたしのことを躁鬱じゃないかと言います。
鬱か躁鬱かはっきりさせて、自分に本当に効く薬がほしいです。子供の為にも元気になって、普通の生活がしたいのです。
助言をお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

うつ病と躁うつ病とでは、うつ病相の症状は臨床的に区別が付くものではありませんが、全く別の病気ですので、仰るとおり、最適な薬物療法は違ってきます。
従って両者の鑑別は重要です。

少し補足情報をいただけますと幸いです。

①相談者様がご自身が躁うつ病ではないかと思われる理由を教えてください。

②主治医とその可能性について相談されたことはおありでしょうか。主治医はどのような見解をお持ちのようでしょう。

③現在処方されているお薬の名前と、それぞれの1日服用量を教えてください。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

A.1 自宅でピアノを教えているのですが、仕事中は結構ハイになれるのです。明るくておもしろい先生キャラを演じているのか自分でもわかりません。

仕事が終わるとぐったりで、しばらく横にならないと次のことが出来ません。

母に「さっさと動け」と言われるのが苦痛です。

 

A2 主治医には相談しにくいので、していません。

   できる範囲でいいので、休み休みやっていけば良いと言ってくださいます。

 

A3 現在、朝くすりは飲んでいません。午前中に眠気がくると困るので。

   昨年の11月に、寝起

きでふらついて2階から下

まで階段を落ちてしまいました。怖くなって、くすりを減らしてもらいました。

夜にのんでいるのは、 サインバルタカプセル20mgを 1錠、 ジェイゾロフト錠50mgを 2錠、サイレーヌ錠 1mgを1錠  です。

階段から落ちてから体のふあふあ感がヒドイです。(船に乗っているみたい) MRIで調べましたが異常なしでした・・。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

A1からだけでは相談者様がうつ病ではなく躁うつ病、とは言い難いと考えます。
躁うつ病と診断されるためには躁病エピソードがある(あった)ことが必要ですが、相談者様の「明るくておもしろい先生キャラを演じている」のは、正常範囲を超えた「ハイテンション」とは見做しがたく、むしろ、うつ病の中にあって、病状が不安定であるために、うつが深い状態と浅い状態を行き来しているものと思われます。

躁うつ病がプラスとマイナスの間で振れる病気であるのに対して、相談者様は0とマイナスの間で揺れ動いていると言えます。これは病状が不安定なうつ病においてはしばしば認められるうつ症状の変動です。

従って、現時点では、相談者様の診断は、寛解に至っていないうつ病という診断が相応しいであろうと考えます。

うつ病の治療として考えても、相談者様が服用しているお薬の処方内容は感心できるものではありません。
このような調査があります。

【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2008年 日本うつ病学会調べ)】

この記事からもわかるように、サインバルタとジェイゾロフトというお薬を、中途半端な量で2剤併用している相談者様の処方は最適なうつ病薬物療法とは呼べません。
1剤を十分量・十分期間使用して、効果が不十分ならば他のお薬をやはり十分量・十分期間使用するという、単剤治療が抗うつ薬使用の基本です。
ちなみに、サインバルタもジェイゾロフトも長時間作用型で、1日1回服用で1日中効いているお薬ですから、夜にまとめ飲みしたからといって朝や日中の副作用が無くなることはありません。

9年かかっていても良くなっていないわけですから、他の病院を受診されて、セカンドオピニオンを受けられるか、転院されることを考えられてもいいのではないでしょうか。
JustAnswerでは特定の病院を推薦・紹介できませんが、地域の保健所や精神保健福祉センターで精神科医療機関の情報は得られますので、転院も視野に入れて他院でセナkんどオピニオンを受けられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問