JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mentaldoctorgreenに今すぐ質問する
mentaldoctorgreen
mentaldoctorgreen, 精神科医
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 4
経験:  国立大学医学部卒業後、総合病院にて内科・外科を研修。その後、総合病院精神科、精神科専門病院、精神科クリニック勤務を経て現在に至る。
66342577
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
mentaldoctorgreenがオンラインで質問受付中

はじめまして 25歳の社会人2年目に入る者です よろしくお願いいたします なれない仕事のストレスから集中力ができない感じ 3日前に数日前にメンタルクリニックを受診しまし

解決済みの質問:

はじめまして
25歳の社会人2年目に入る者です
よろしくお願いいたします

なれない仕事のストレスから集中力ができない感じ
3日前に数日前にメンタルクリニックを受診しました。
「うつと言うほど重くないですが・・・」といわれつつ
抗うつ剤(パキシル)を処方されました

上司との相談 などを通じて
体調も改善していたと感じているさなか
投薬(1週間目10mg/day 2週間目20mg/day)によって
副作用(吐き気・倦怠感)が辛く感じられ
また抗うつ剤というものに
精神的な抵抗感・不安感があります

軽度のうつ的症状に対して
パキシルの投薬は一般的なのでしょうか?
実際の私の症状にもよると思いますので
難しい質問かもしれませんが
何卒よろしくお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  mentaldoctorgreen 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

精神科医のgreenです。
薬の処方には色々不安に感じることも多いと思います。

まず、主治医の方に上司との相談など外部環境要因で少しでも改善がみられた状況をお話ししていますでしょうか?

クリニックとして、主治医として症状を訴えてこられた患者様を前にすると何とかしてあげたり治してあげたいと強く思うため、まず効果が一番早く期待できる薬物療法を開始する傾向にあります。また、あまり好ましいとは言い切れませんが、次回の受診や経過フォローにつなげるという意味合いで処方するケースもあります。
うつ病の治療では薬物治療がもっとも効果が早く期待できます。しかし、環境調整や精神療法なども同じく重要な対処方法です。もし、環境による原因が主で軽い抑うつ状態になっているようなケースだと薬を使わずに環境調整や休養だけでよくなるケースもあります。主治医の先生ともう少し良くコミュニケーションをとって事情をお話できるといいと思います。

パキシルはうつ病で最も使われるお薬です。開始の量や増やし方の期間も大きく問題はありません。ですが、本来は開始後の副作用や状態をみながら増やすのが理想的なので、次の受診なしで10mg→20mgに増やすのは少々無理があるかもしれません。状態が悪くて、すこしでも早く薬の効果を期待したい場合は別ですが。

またパキシルは飲み始め1週間が一番吐き気を感じます。そのまま飲み続けていると8割がた、吐き気は治まってくることが多いです。初めの一週間は吐き気止めのお薬も一緒に出すことが多いのですがそれらはなかったのでしょうか??

結論としてましては副作用が強いようでしたらあまり無理せず、早めに再受診して相談してください。
自己判断での服薬中断はあまりお薦めできないのですが、病院にいけなくて副作用が辛いのでしたらやむをえないかもしれません。

mentaldoctorgreenをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問