JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして、54歳会社員です。 よろしくお願いします。 現在外資系システム開発の仕事をしています。 今まで開

解決済みの質問:

はじめまして、54歳会社員です。
よろしく お願いします。
現在外資系システム開発の仕事をしています。
今まで開発業務をしていましたが、1年ほど前から課長の直下で開発の管理、システム部内の調整などをおこないようになりました。過去その経験がほとんどいままに担当することになり担当する開発などの進捗が思うように進まずストレスを抱えているうちに出社の恐怖、上司との会話がよくわからなくなる等でこのままでは自分がおかしくなりそうで現在会社を辞めようかと考えています。
年齢的に再就職が難しいであろうと考えると躊躇する自分と辞めたい自分がいます。
現在は会社に行くのが大変苦痛で、会社のことを考えると動悸が激しくなります。
また会社の考え方が大きく変わり社員の達成すべき作業の年間の4つの仕事のスケジュールが決まっていていくつものなれない仕事があると考えるだけでもまた苦痛です。能力のない自分を考えると生きているのが辛いと考えてしまう時もあります。投げ出してしまう自分が嫌でもありますが、無理に仕事を続けることも辛いです。
休職するか退職を考えています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

精神医学 の世界では古くから「調子が悪いときは重要な決断を下すな」という格言がありますが、私はこれは現在でも信じる価値がある経験則であると思います。
相談者様におかれましても、現時点で転職や退職、ましてや生き死に関して決断を下されるべきではないでしょう。

少し補足情報を下さい。

■お勤め先に産業医はいますか? また、就業規則上、傷病休暇の制度はあるでしょうか。

■持病や常用薬があれば教えて下さい。

■眠れていますか?

■食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。

■ご記載がお仕事のことばかりですが、ご家庭ではリラックスできているでしょうか。

■趣味や、ご友人・ご家族との会話などは楽しめますか?

■休日はどのように過ごされていますか?

■この問題について相談できる相手はいますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生、連絡ありがとうございます。

急いで決断を下したくはありませんが正直、この辛さから逃げたいという気持ちが次第に強くなってます。

補足いたします。
■お勤め先に産業医はいますか? また、就業規則上、傷病休暇の制度はあるでしょうか。
 はい産業医はいると記憶しています。疾病休暇はあります。
■持病や常用薬があれば教えて下さい。
 特にありません
■眠れていますか?
 睡眠時間は通勤が往復3時間半以上かかるため睡眠不足気味です。

 睡眠は夜中に急に目が覚めることが時々あります。
■食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。
 食欲はありますが美味しくは食べられていません。


■ご記載がお仕事のことばかりですが、ご家庭ではリラックスできているでしょうか。
 妻が他界し7年、子供が二人で3人暮らしです。家事は自分がしていることを考える  と余りリラックスはできていないかもしれません。入浴中位でしょうか
■趣味や、ご友人・ご家族との会話などは楽しめますか?

 ほとんど友人と会ったり話すことはありません。

 ただ付き合っている女性との会話も最近は仕事の事に気持ちが向いてしまい話は上の空になりがちです

■休日はどのように過ごされていますか?
1週間の食事の買い物や月に2回程度は付き合っている女性とのデート等です。
■この問題について相談できる相手はいますか?

付き合っている女性に先日辛い・会社を辞めたい事を相談しました。

 

別の傘下になって会社の方針が明確になり部長の出した目標を基準に社員一人一人に年間の目標を立てその結果業績賞与に反映されると言う明確な基準を打ち出したため社員の受けるプレッシャーは大きくなったと感じています。

 

よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
確かに踏みとどまって仕事を続けるのは、色々な意味で難しそうな状況のように思われますね。

2点確認させて下さい。

心療内科受診には抵抗はおありでしょうか?

転職は、職能や業種からすると、現実的に可能で、かつ、現在よりも心理的負担が少ない転職先を見つけられそうでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

心療内科の受診に抵抗はありません。

ただ地元の心療内科でも良いでしょうか

 

転職については同じ職種ではなくても良いと考えています。

年収がある程度落ちても通勤距離の短くストレスの少ない環境で働きたいと考えています。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ということであれば、転職をお勧めします。

ただし、すぐに辞めてしまうのは得策ではありません。使える制度はすべて使い、できるだけ好条件で次の職場に移ることが出来るよう工夫をされるべきでしょう。

まず、人事部(に相当する部署)に、疾病休暇の取得条件や手続きについて尋ねてください。恐らくその手続きの中に産業医との面接が含まれていますから、転職の意思があること以外は、今回ここでご相談された内容をそのまま伝え、心療内科を受診しようと思っている旨を告げてください。

次に心療内科を受診してください。この場合は地元の心療内科でも問題はありませんが、夜間診療や休日診療を行っているクリニックや病院の方が話は通じやすいでしょう。普段から、平日日中に仕事をしている患者様を診察しており、休職の手続きについて医師がよく知っているからです。
ここで、休職したい旨を告げ(産業医にそれを勧められたと言ってもかまいません)、人事部で確認した要件を満たす診断書を作成してもらってください。
ここは、現状を正直に話すだけで、要休職・要自宅療養の診断書は作成されると思いますが。もちろん、治療が必要と判断されるでしょうから、それも指示通りに受けられてください。

そして、制度上休めるだけ休んでください。
後ろめたさを感じる必要はまったくありません。就業規則とは労働者と雇用者の契約であり、雇用者側が業務でプレッシャーを掛けるということは、その結果として従業員の一定割合がメンタルの問題を起こすリスクがあるということを織り込み済みでなければならないからです。
1週間程度は何もせずにごろごろするのがいいでしょう。会社のことが頭から離れないような状態では休む意味がありませんので、権利だと割り切ってごろごろしてください。

その後、転職先探しを開始し、できれば転職先がみつかってオファーレターを受け取ってから、勤務先に退職を申し出ることができるのがベストです。
みつからないうちに疾病休暇の期間が切れても、傷病手当が受給できるはずですから、とにかく転職先が決まるまでは現在の職場にぶら下がっておいた方が現実的にはよいでしょう。
いちど退職し、失業保険を受け取りながら職探しをするのは、その不安定感が病状に悪さをするリスクがありますのでお勧めできません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

先生、わかりやすい回答ありがとうございました。

最後に確認させてください、人事に疾病休暇の手続きには産業医との面接が含まれていると思われるので産業医と面接が必要になると仰っていますが自分の所属のシステム部はほかの部署とは歩いては行けない距離なので時間を仕事中に時間をとって行くか休んで行くかになるでしょうでしょうね。

何日も出勤したくないので気になります。

色々と教えていただいた上に専門と違ってつまらない質問ですみません。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
それならば、心療内科を先に受診して、その病院の書式でよいので診断書を作成してもらえばよろしいかと存じます。
例えば相談者様が交通事故に遭って重症を負って出社できない場合は、わざわざ人事部に出向いたり産業医の面接を受けなくても疾病休暇は取得できますよね? それと同じです。


別にインチキでもなん でもなく、相談者様は出社すると当初のような状態になってしまうくらいにまで追い詰められているわけですから、心療内科医にその旨をそのまま説明すれば出社不可の診断書が作成されると思います。
あとは電話と郵送で手続きを進められる可能性が高いです。
どうしても手続き上産業医との面接が必要ならば、希望すれば会社以外の場所で受けられることが大半です。産業医といっても非常勤で、普段は普通の病院に勤務しているわけなので。

会社に顔を出すのが辛いのであれば、電話やメール、郵便を最大限に活用されるべきでしょう。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問