JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

サイレース1.5錠とレスリンを処方されていますが、眠れなくなってきています。坑鬱薬がルジオミールからドグマチールに変

解決済みの質問:

サイレース1.5錠とレスリンを処方されていますが、眠れなくなってきています。坑鬱薬がルジオミールからドグマチールに変わったから、でしょうか。次回の診察の時に医師には伝えたいと思いますが、、、これは具合が悪化していると思った方がよいのでしょうか。不安です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載がございませんので、相談者様の診断がうつ病であるという前提で回答いたします。

眠れなくなったことに関しては、他の症状に変化がないのであれば、副作用として眠気があるルジオミールから、眠気が少ないドグマチールに薬剤が変更されたからで、うつ病の悪化によるものではないでしょう。

各薬剤の用量のご記載もございませんので確定的なことは申し上げられませんが、恐らく、相談者様は、現在の主治医の治療によって症状が改善したり悪化したりしているのではなく、単に自然の病勢で良くなったり悪くなったりしている可能性が高いように思われます。

1. レスリンも抗うつ薬ですが、このお薬には睡眠を深くする作用があるため、相談者様の場合のように、眠剤代わりに使われることはありますが、その説明は受けられていますでしょうか。

2. ドグマチールはまた、それほど強い抗うつ効果を期待できるものではありませんが、なぜこのお薬が使用されたのでしょう?
ルジオミールは十分量・十分期間使用されたうえで無効と判断されたのでしょうか?

3. 以下の毎日新聞の記事(を転載したブログの記事)に、「適切な薬物療法の6条件」が記載されていますが、相談者様の主治医はこれに沿った治療をする医師でしょうか(そうではないのではないかと予想していますが)。
【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4(2008年 日本うつ病学会調べ)】

4. そもそも相談者様の診断はうつ病でよろしかったでしょうか。

5. これまでどのような抗うつ薬をそれぞれ1日量何mgまで試されてきたでしょう?

6. 現在服用されているそれぞれのお薬の1日用量はそれぞれ何mgでしょう。

上記1~6について補足情報をいただければ、もう少し詳しい回答ができると思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご丁寧なご回答まことにありがとうございました。

1. レスリンが睡眠の質を良くするということは説明を受けています。もともとサイレースのみだったために、追加で「前のクリニックで」処方してもらいました。ちなみに前のクリニックは問診が毎回一分未満、症状の悩みを聞いて下さらなかったため、この3月から今のクリニックに変えたばかりです。

2.今のクリニックでは、紹介状もないまま通い始めたので、坑うつ薬として一番様子のみやすいものを選択 して頂いているのだと思います。ルジオミールはごく微量だったために、変えても問題ないとのお話でした。

3.今の先生は日常のこと細かなところまで話を聞いて下さいますし、様子をみながら薬も変更するし、カウンセリングもそのうち(症状が落ち着いてきたら)取り入れて行こうと仰って下さいました。また、自分がかい離性てんかん障害と仰って下さいました。その上で服薬とカウンセリングを続ければ必ず良くなると仰っていただけて、とても信頼できる先生だと感じています。

4.5年前に初めて精神科を訪れたときは「適応障害」、今の先生からは前述の通り、防衛規制過剰反応とパニック障害のようなものが混ざったもののような症状だと診断されています。

5.6.これまではルジオミール10とデパケン100を朝夕、サイレース1.5とレスリン10を就寝前に処方されていました。ルジオミールはあまり合っていなかったのか、排尿が少し困難だったり朝眠気が強かったです。

差し支えなければ、またアドバイス賜りますと幸いです。宜しくお願い致します。


専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

診断が転換性障害(以前はヒステリーと呼ばれていたもので、随意運動または感覚機能についての症状または欠陥で身体的異常では説明ができないもの)ということになると、薬物療法は補助的なものになりますから、前医よりも、現在の主治医の方が、たしかに適切な治療環境を用意されていると思います。

 

前医のルジオミール10mg/日は服用しても意味が無い「微量」です。ただ、その微量のルジオミールで「朝眠気が強かった」わけですから、相談者様は眠気の副作用に敏感な体質なのであろうと推察されます。

やはり今回の不眠はルジオミールが止まったことによるものと考えてよいのではないでしょうか。

 

今後、中長期的には、薬物療法と心理療法のバランス、それぞれの内容を主治医と相談しながら、その時々の状態に合わせて決められていくのがよろしいかと存じます。

 

短期的には、現在の不眠が症状の悪化ではないかとご心配される必要はないと思いますが、逆に、不眠が続くことで症状が悪化することはありえますから、不眠は不眠として主治医に伝え、対処をしていただくのがいいのでしょう。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。優しく丁寧に、第三者の立場からご意見頂けて嬉しかったです。今の主治医のもも、少しずつ頑張ります。ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

精神科 についての関連する質問