JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

仕事と生活上の相談

解決済みの質問:

30歳です。仕事と生活上の相談です。 私は仕事で必要なことのいくつかが大変に苦痛で、 仕事は短期のものだけ選び、日雇いのように通っています。 今後もこういう生き方をしたいのですが、家族から「ちゃんとした仕事についてほしい」と言われ、 なにか道はないかと思っています。現状のご相談をさせてください。 ◆請求ができない 一応、手に職があったほうがいいと思いカメラマンとしての訓練を実地で積みましたが、 業務で発生するフローの一部が耐え難く苦痛で、続けられませんでした。 たとえば、【撮影する→データを確認する→納品する】、というところまではいいにしても、 【請求書を書く】ということができません。 請求書はフォーマット化しているので、入力して印刷し、紙を折り、 ハンコを押して、封筒に入れ、ポストに入れればいいだけです。 しかし、この入力から送付までの作業が、吐くほど嫌で、何日も取り組めません。 クライアントから請求書を送るようにメールや電話が来ることもこわくて、 メールは見れない・電話も出れないという状態になり、同じクライアントと仕事ができません。 確定申告も、どこに何を書けばいいのかわからず、できません。 外国語のようです。 ◆やりたい仕事とギャップ 私が希望する仕事は、誰にも名前など覚えられず、黙って通勤し、黙って帰れる仕事です。 しかしもともと体も弱いのか、工場は寒さに負けて続かず、警備員は肺炎になって終わりました。 聴力と視力が低いらしく、よく指示を間違って受け取るそうです。 たとえば、なにが間違っているのかわからないのですが、かかってきた電話を取り次ぐ時などは、 かけてきた人の名乗っている会社名や名前は、全部聞き取れることなどないので、 たぶんこう言っていたなと補足してメモを残したり取り次ぐのですが、 取り次いだ内容が合っていたことがないそうです。 かかってくる電話は、 「うにゃうにゃットワークうにゃギョウブノうにゃナカです。うにゃうにゃハラさんいらっしゃいますか」 という風に聞こえますから、それを補足して、 「なんとかネットワークのなんとか事業部の、田中さんからだと思うんですが、電話がありました」 と言うのは普通だと思っていましたが、どうももっと周りの人はクリアに聞こえているようで、 ちょっと絶望しています。 ヒアリング力が低いのかと思って、外国人向けの日本語教材を買ってみましたが、 それもやはり聞き取れません。 テレビとラジオもほぼなにを言っているかわかりません。 去年、震災ボランティアで東北に行ったところ、東京から一緒に行った人が、 「こっちの人は何言ってるかわからない」とぼやいていましたが、 私は「東京も東北も同じじゃない?」と思いました。たぶん同行者にとっての東北訛りくらい、 私はいつも普通の話が聞こえない・わからないということがはっきりしてきています。 ◆現状 とにかくこのように仕事がうまく行かず、なにが適職かもわかりません。 現在の収入源は、日雇いが半分、書き物が半分です。 書き物は、ゴーストライターのようなことをしています。 社会的にどうかという葛藤もありますが、文系大学生の卒論の下書きをよくやっています。  論文の仕事をくれるクライアントはメールのやりとりで挨拶などがなく簡潔で、 書いた分を黙って振りこんでくれるため、請求書を書く必要がなく、続いています。 思ったことを書いている時は気が楽です。 なにか書いているときは、過集中で25時間くらい過ぎていることに気づかず、書いていられます。 文字通り寝食を忘れてしまうので、トイレや食事、睡眠はタイマーをかけて管理しています。 しかしいわゆる「書類」を書くのは、市役所の住民票請求すら苦痛です。 ◆ここからわかることはありますか? この「書類の苦痛」の度合いがなかなか理解されにくいこと、 人に距離を詰められそうになると音信不通になりがちなこと、 ヒアリングができないこと、特定の作業にだけ過集中なこと、 ひ弱なことなどを総合的に考え、私と親しいらしい友人は、 「ADDではないか」と言ってくれました。 仮にADDだとわかったところで、なにか助かるものでしょうか。 ADDではないとして、なにか私に適した仕事は見つかるでしょうか。 あまりにも世の中をうまくわたれず、自信もなく、 毎日「早く死なないかな」と思っています。 書く仕事がない時は、死にたいとばかり考えてしまうので、なるべく忙しくしています。 カウンセリングに行ってもうまく口で説明できないので、このサイトを見つけてご質問してみました。 ご回答よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

「指示を間違って受け取るのは、典型的な聴覚失認だと思われます。恐らく、耳鼻科で聴力検査を行っても、聴力自体に異常は認められないのではないでしょうか。

【聴覚失認とはどういう状態をよぶのでしょうか】
http://www.matsui-sr.com/nenkin/2-3-qa45.html

通常の文章を書く能力(このご質問文もわかりやすく、内容も過不足無くまとまっていて感心しました)と、フォーマットを生める能力の解離などから、高次脳機能障害がおありであるのは間違いないように思われます。

ADD(ADHD)は、その意味で、確かに相談者様の症状をうまく説明する診断ということになります(ADDの患者様は高頻度に失認を伴います)。

現時点では成人で初めて診断が付いたADHDに対して使用できる薬物療法はありませんが、まもなくストラテラというお薬が承認を得ると目されています。また、ADHDの治療は薬物療法だけではありません。

相談者様がADHDの診断を満たされているかどうかは診察をしたわけではありませんので判じかねますが、高次脳機能障害の診断も兼ねて、いちど、成人ADHDを診察している精神科医療機関を受診されることを強くお勧めします(JustAnswerでは特定の医療機関の推薦・紹介はしておりません。ご了承ください)。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。

聴覚失認については、説明を読み、長年の悩みが霧消する思いです。
子どもの頃から、耳が聞こえていないという指摘を学校の先生などから受け、
何度も聴力検査を受けてきましたが、たしかにいつも異状なしです。

おすすめいただいた通り、成人ADHDを診察してい る精神科医療機関を受診してみます。
薬物療法ほか治療法もあるとのことですし、少しでも苦痛が治せたらと思います。

また文章をほめていただきありがとうございます。
ほかのこと(身体的特徴や、撮影のスキルなど)を
どんなに褒められてもなにも感じませんが、
文章だけが自尊心を保てる要素だったからか、感心したと言っていただけて嬉しいです。

まだなにも解決したわけではないものの、いとぐちを示していただいたことで、
死なずに済みそうです。どうもありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
「死なずに済みそうです」と書いていただけたのは精神科医として素直に嬉しいです。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

精神科 についての関連する質問