JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14313
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今28歳になる息子の相談です。13歳の頃から統合失調症との診断で、特学、及び支援学校を卒業後現在施設入所中です。妄想

解決済みの質問:

今28歳になる息子の相談です。13歳の頃から統合失調症との診断で、特学、及び支援学校を卒業後現在施設入所中です。妄想、独り言、どなり声等、日に2回程度興奮状態になります。
先日、テレビにて漢方で抑肝散(ヨクカンサン)という薬があり、その漢方を処方することにより、症状が改善されるとの報道がありました。つきましてはその漢方薬の処方について、どのようにしたらよいかご教授いただければ幸いです。また近くでこの薬の処方をしていただける病院がありましたらお知らせください。当方千葉県野田市在住です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

抑肝散は、広く 用いられている漢方薬ですから、大体どこの医療機関でも処方を受けられますよ。現在通われている病院で採用されていないか、確認されてみてはいかがでしょう。商品名はツムラの54番です。
抑肝散加陳皮半夏の商品名で、処方箋無しでドラッグストアでも購入可能です。
また、精神科医療機関での処方をご希望なら、最寄りの調剤薬局でお尋ねになれば採用している病院を教えてもらえます。
特別なお薬ではありませんから、内科でも処方を受けられることが多いですよ。

ただ、漢方薬の可能性をお試しになる前に、まずは現行の処方を見直されるべきかと存じます。
主剤のセロクエルは1日125mgでは有効用量には程遠い量です。ご子息のように興奮を呈するタイプの患者様を治療するには、セロクエルならば最低でも1日600mgが必要です。
統合失調症の根本的な治療について、主治医とよく相談されることをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
統合失調症は慢性進行性の疾患です。
病的な興奮そのものが脳に対してダメージを与え、進行を早めることが知られています。

精神科のお薬=対症療法、クセになる、副作用が強い、というイメージがありながらもこれだけ広く用いられているのは、これによって症状が抑えられるだけでなく、進行も抑止することができるからです。

ご子息の将来の生活レベルをできるだけ高く保つためにも、必要十分なこ抗精神病薬による治療を受けさせてもらうことを強くお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

現在の処方薬について経過を追加させていただきます。

このセロクエルの処方は最初300mgから始まりましたが癲癇の発作により、その処方が200mgになり、それでも癲癇の発作がでたため6年前位より現在の125mgとなりました。

そのため、医師もこれ以上セロクエルをふやすことを考えていないようです。

そのような経過がありますので、現在の処方に併せて、この漢方薬の処方を検討いたしております。上記の点も含め、ご回答いただければ幸いです。またその他処方薬等で考えられるものがありましたらよろしくお願いいたします。

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

確認させてください。

1. ご子息はセロクエル以外の抗精神病薬は服用されていたことがないのでしょうか?

2. 主治医は、ご子息の現状を把握した上で何も方策をとっていないのでしょうか? 抑肝散の使用については主治医とは相談されましたか? 
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。

1、過去の抗精神病薬?の処方についてご報告いたします。
ピーゼットシー散100倍散、メレリル10 10mg、ベンザリン、リスパザール錠2mg×4、サイレース錠2mg、ジブレキサ錠2.5mg、等を飲んでいました。これらの薬は副作用の関係で処方を変更して来ました。その中でもジブレキサ錠が一番長くセロクエルに変更するまで一年位処方されていました。

2、主治医との面談に本人が行かないため、ほとんど母親が行き、様子を報告し処方を受けています。セロクエルの処方により、癲癇の発作が数回おきたため、主治医もセロクエル処方の量を減らし現在の処方となりました。主治医は「現在なんとか生活できているならば良しとして」と処方の変更については慎重になっています。過去2年程度癲癇の発作はおきていません。
また5月頃より病院を変更しなければならない事情もあり、、4月の診察の際に抑肝散の使用について相談したいと考えています。
以上よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
現主治医は、ご子息の治療ゴールをき極めて低く設定されているのですね。

抑肝散の使用については、「もしも効いたら儲けもの」程度の期待をもって試されてみてもよろしいかとは存じます。
ただ、漢方薬というのは、通常の医療用医薬品とは異なり、厳密で科学的な治験を経て承認されるわけではありません。
抑肝散も、多数の統合失調症の患者様に投与された結果、興奮症状に有効であることが証明さ れたわけではありません。そのことはお含みおきの上で使用されるべきでしょう。

薬歴を拝見する限りは、ご子息は副作用、特にパーキンソン症状が出やすい患者様なのであろうと推察いたします。
しかし抗精神病薬はまだ他にもたくさんの種類がございますし、抗てんかん薬を使用しながらセロクエルを十分量使用することも可能です。

ご子息ご本人が診察を受けていないことも、良いことではありません(その主治医ならば、ご本人が受診しても、だからといって特別な処置はしてくれないかもしれませんが)。

抑肝散は抑肝散で試されるとして、私としては、効果が科学的に確認されている標準治療をきちんと行われることをお勧めいたします。
日本の精神科医は8割がヤブです。ご子息の場合も、まともな治療をしてくれる病院に転院することをお勧めするところですが、5月に転院が決まっているのであれば、そこでよい主治医に出会えることを期待されるべきでしょう。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
統合失調症に対する抑肝散の効果の科学的実証は現在行われている途上のようです。
http://www.med.shimane-u.ac.jp/psychiatry/info/100910kouseikaken01.pdf

ただし、漢方本来の考え方からすると、この治験は方法論的に間違っています。
漢方薬の場合は、西洋薬と は異なり、症状に合わせてお薬が決められるわけではありません。
舌の性状やお腹の固さといった「証」を診て、その患者様ごとに処方されるお薬が変わるのが本来の漢方医療です。
従いまして、統合失調症のすべての患者様に対して抑肝散が処方されることは正しいことではありません。

症状は同じなのに処方される漢方薬は違ったり、同じお薬が異なる症状に対して用いられることが漢方ではしばしばございます。
http://kanpo.kenko-jp.com/100/ent158.html
http://www.kamponavi.com/library/l03.html

もしご子息の統合失調症を漢方薬で治療されることをご希望であるならば、正 しい漢方的診察を受け、抑肝散に拘らずに適切な漢方薬を処方されるため、専門医を受診することが重要です。JustAnswerでは個別の医療機関を紹介して差し上げ ることはできませんが、以下に日本東洋医学会の専門医の検索ページのリンクをお示しいたしいますので、近医を選んで受診されることをお勧めします。

【漢方専門医の検索】
https://www.jsom.or.jp/jsom_splist/listTop.do
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
■抗精神病薬の副作用としてけいれん発作を生じた場合には、上記のように一時的に抗てんかん薬を併用したり、薬を減量したり、他のけいれんを起こしにくい抗精神病薬に変更するなどの対策を検討します。

http://www2.cc22.ne.jp/~hiroki/a89.htm
より引用。

セロクエルが有効なのであれば、抗てんかん薬を併用して増量する方法も、治療選択肢としてはありうるかと存知ます。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問