JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

独身で一人住まいの姉(65歳)のことです。以前鬱ということで通院したらしいのですが、最近になって弟の嫁に、「うちの母

解決済みの質問:

独身で一 人住まいの姉(65歳)のことです。以前鬱ということで通院したらしいのですが、最近になって弟の嫁に、「うちの母が死んだのはあんたのせいだ」という内容なメールをたびたび送り、無視されると嫁の勤め先の上司のところまで電話を掛けたとの知らせを受けました。
話を聞いただけで確証はないのですが、こういう場合、本人に問いただすことは、できるのでしょうか。正常な精神状態でそのようなことをするはずはなく、弟も結婚して30年くらいたち、今になってそういうことを言い出したのは、鬱のせいだと思います。
姉の行動に関する連絡が本当でも、またそれが実は弟の嫁の勘違いだったとしても、いずれも本人に問いただすのは、本人を追い詰めることになるような気がして、ためらっています。本人に以前鬱で通った医療機関をそれとなく聞いても、取り合わず答えません。
とりあえず、これからは頻繁に姉と連絡を取って、孤独を味わうことのないようにしようとは思っていますが、弟の嫁に対する行動も、止めなければなりません。どうしたらいいか、ご教示ください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんばんは。
精神科医の猫山と申します。かつては老人率が日本一の市の市立病院で神経内科兼任で3年間ほど勤務し、ご高齢の患者様をたくさん診てきた経験があります。

 

お姉様の言動は、高齢者のうつ病の症状として矛盾するものではありません。

初老期は、心身共にうつ病になりやすい因子が増えてくる時期ですので、元々うつ病の既往があったのであれば、この時期に再発しても不思議ではありません。

高齢者のうつ病の特徴としては、典型的な抑うつ気分よりも、漠然とした不安感や身体的不定愁訴を主症状として訴えられる場合が多いことです。

うつ病はもともと、重症化すると妄想を伴うことがある疾患ですが、高齢者の患者様ではしばしば、「物を盗られた」、「みんなが自分の悪口を言っている」というような妄想を伴うことがあります。

また、不安感・焦燥感が強くて、ささいなきっかけで興奮状態になる患者様もおられ、他の精神疾患と誤診されることも少なくありません。


妄想と、それに基づくと思われる言動については、証拠が残っていますから、ご本人にその真意を正しても問題は無いと思われます。

腫物に触るような対応をする必要はなく、「だから病院に行こう」と誘導されるべきでしょう。現在はまだ取り繕う余裕があっても、治療をしなければ悪化していく可能性はあります。

 

それでも本人が病院に行きたがらなかったらどうすればよいか、という追加質問をしばしばいただきますが、これに対する魔法の鍵のような方法はありません。ご家族が粘り強く説得するほかないでしょう。

 

上述のように、高齢者のうつ病では若い人のうつ病とは病像がしばしば異なりますから、もし受診されるのであれば専門の病院がよろしいかと存じます。

 

日本老年精神医学会認定 こころと認知症を診断できる病院&施設 http://184.73.219.23/rounen/H_sisetsu/read.asp?k=13

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問