JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山様 初めまして。 あつしと申します。 40歳の男性です。 社会不安障害と診断され、心療内科に通院して

解決済みの質問:

猫山様

初めまして。
あつしと申します。
40歳の男性です。
社会不安障害と診断され、心療内科に通院しており、薬を服用しています。
薬を服用している限りでは、気分の波や副作用はあるものの、大きな問題はなく生活できているため、一生このままで良いと思っていました。
しかし、最近、ベンゾジアゼピンの長期服用の問題をインターネットで知ったため、断薬をしたいと考え、1ヶ月前から減薬を始めました。
減薬・断薬に関しまして、下記について教えてください。

1.私のようにベンゾジアゼピンを14年間も服用した方で断薬に成功した例はあるのでしょうか

2.私の減薬の計画について、問題点の指摘やアドバイス

3.離脱症状をやわらげるための対策
   特に「目の異常な疲れ・痛み」だけは耐え難く、何とかできないものかと考えています。

4.離脱症状を我慢し続けることで、うつ病や統合失調症など他の病気を併発することもあり得るのでしょうか

5.仕事を続けながらの減薬・断薬は可能でしょうか

6.その他アドバイス等

厳しいご意見であっても大丈夫です。
大変お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。
以下に、情報を記載します。


【私の病歴・現在の症状について】

5歳~18歳まで、場面緘黙症でした。
その後、場面緘黙症は治りましたが、現在に至るまで、対人緊張等が強く、視線恐怖症などの神経症症状があります 。
人とのコミュニケーションが苦手なせいで、会社での人間関係が上手くいかず、いじめ等にあい、肉体的にも精神的にも耐えきれない状態になって、14年前に心療内科を受診し、薬の服用を開始しました。
神経症(現在のクリニックでは社会不安障害)と診断されました。
私にとって、薬の服用による身体的・精神的効果は大変大きいものでした。
緊張や体の疲れ、目の疲れ、食欲不振などが大幅に改善されました。
その後、自助グループへの参加やカウンセリング、社会経験などを通じて次第に元気になりました。
現在は職場での人間関係もそこそこ良い感じです。
仕事の能率は、「良い」とまでは言えませんが、以前に比べたら改善してきています。
食欲は普通で、良く眠れています。
自分自身も少しは成長し、物事への対処能力は向上したと思っています。
対人緊張や視線恐怖症などの神経症症状、体が疲れやすい等は今もありますが、減薬・断薬を試みるタイミングとしては、良い時期かなとも思っています。
主治医からは、断薬・減薬について、自分の判断で減らして良いと許可を得ています。


【服用している薬について】

薬名:メイラックス1mg、ドグマチール50mg
使用量:毎日、夕食後にそれぞれを1錠ずつ服用
服用期間:26歳~40歳(現在)まで14年間
※処方量は最初からこの量で一定です。薬を増やすことを我慢しているわけではなく、この量で足りている感じです。


【過去の減薬・断薬経験について】

過去に、10回ほど断薬を試みましたが、失敗しました。
過去の断薬方法は、いづれも突然服用をやめるという方法で、1週間~3週間経つと、下記のような症状が出て会社へ行けず、薬を戻しました。

・仕事でパソコンを使うのですが、目が異常に疲れる。
・気分のひどい落ち込み
・体がとても疲れる
・就寝後~朝まで約15分置きに目が覚める(※)
・強い不安
・体が重くなり、歩くとき足があがりづらいなど、体の動きが悪くなる(※)
・悪夢、寝汗
・食欲減退
・自分が会社で周りのみんなに不快感を与えているのではないかという思いにとらわれる。

上記症状は、薬を服用する前の症状ととても似ており(※を除く)、離脱症状なのか元の症状なのか区別に困る感じです。
それでも、薬をやめたいです。


【今回の減薬・断薬の計画】

それぞれの薬を2ヶ月かけて半錠ずつ減らそうと考えています。
具体的には、

最初の2ヶ月、毎週水曜日は、それぞれの薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週水、金は、それぞれに薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週水、金、日は、それぞれに薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週月、水、金、日は、それぞれに薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週月、水、木、金、日は、それぞれに薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週月、水、木、金、土、日は、それぞれに薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週月、火、水、木、金、土、日は、それぞれに薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週水曜日は薬を服用せず、他の曜日はそれぞれの薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週水、金は薬を服用せず、他の曜日はそれぞれの薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週水、金、日は薬を服用せず、他の曜日はそれぞれの薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週月、水、金、日は薬を服用せず、他の曜日はそれぞれの薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週月、水、木、金、日は薬を服用せず、他の曜日はそれぞれの薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週月、水、木、金、土、日は薬を服用せず、他の曜日はそれぞれの薬を半錠だけ服用。
次の2ヶ月、毎週月、火、水、木、金、土、日は薬を服用せず、他の曜日はそれぞれの薬を半錠だけ服用。

以上、2年4ヶ月で断薬までたどり着く計画です。
必要であれば、薬を4分の1にカットして、更に緩やかにすることもできると思います。

【現在の薬の副作用と思われるもの】

眠気、だるさ、集中力欠如、ED(勃起不全気味)のような感じ


【薬を服用する以前にあった元々の症状】

目の異常な疲れ、緊張、気分の落ち込み、食欲不振、体のひどい疲れ、不安、寝汗


【かかりつけの心療内科について】

転勤に伴って、病院を3回ほど変わっています。
現在の病院へは8年間通院しています。
個人開業のクリニックです。
今のドクターは、私にとって比較的話しやすい方です。
減薬・断薬を希望していると告げると、快く承諾してくれます。
ただ、減薬・断薬の方法は私に任せるという感じで、あまり詳細なアドバイスは頂けませんでした。


【職業】

システムエンジニア。
勤続18年です。
人とのコミュニケーションが苦手で、会社では、今でも毎日気疲れしたり、仕事上でも苦労しています。
大変ではありますが、以前と比べて、人間関係への対処が、だいぶラクになりました。
日勤のみで、日々の残業は1~2時間程度です。
土日祝が休みです。
会社には産業医がいらっしゃって、職場の人間関係が悪いときに相談したこともあります。
職場の上司へは、心療内科へ通院していることを伝えてあり、ある程度の理解は得られている感じです。


【住環境】

埼玉県にある実家にて、母とふたり暮らし、独身です。
母にも、心療内科へ通院していることは伝えてあります。


【他の病気・常用している薬】

花粉症、アレグラ


【私生活】

友人は少ないです。
週末は、健康のために、水泳とウォーキング、筋トレをしています。
これといった趣味はありませんが、たまに友人と遊ぶときは結構楽しいです。


大変長くなってしまってすみませんでした。
お返事お待ちしております。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山です。
ご指名ありがとうございます。ブログかツイッター経由でご質問いただけたのでしょうか。

100%断薬出来ると太鼓判は押せませんが、少なくともそれを目指す方向での助言はして差し上げられると思います。

答えやすいところから回答致しますと、
1. この処方内容ならば、服薬歴が14年間に渡っていても、減薬や断薬は可能であると考えます。類似の症例の臨床経験もございます。

5. 外来で、お勤めをしたまま減薬を行っていくこと可能だと考えます。逆に、例えば入院されたからといって減薬のペースが早くなったり、成功確率が上がることは無さそうです。

本格的な回答は明日以降にさせていただきたいのですが、ひとつだけ確認させて下さい。
メイラックスもドグマチールも細粒が存在しますが、通われているクリニックではこの剤形は採用されていないでしょうか?
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14256
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

本日いっぱい返信をお待ちしていたのですが、細粒があるかどうか、確認は難しいでしょうか?

難しいようなら、細粒は無いという前提で、明日回答させていただくつもりです。
あると無いとでは、減薬の戦略が変わってまいりますので。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山様

 

回答が遅くなって、大変すみませんでした。

減薬・断薬できる可能性があるとのこと、大変勇気づけられました。

 

ご質問にお答えします。
本日、クリニックと薬局に問い合わせたところ、クリニックで細粒を処方可能、薬局のほうも可能とのことでした。

 

よろしくお願い致します。

質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山様

 

回答が遅くなって、大変すみませんでした。

減薬・断薬できる可能性があるとのこと、大変勇気づけられました。

 

ご質問にお答えします。
本日、クリニックと薬局に問い合わせたところ、クリニックで細粒を処方可能、薬局のほうも可能とのことでした。

 

よろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

ご返信ありがとうございます。
それでは細粒が使える前提で回答を致します。

本日中、遅くとも明日中には回答しますので、しばしお待ちください。

※この回答に対しては返信せずにそのままお待ちいただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

回答は少し長くなると思われますので、何回かに分割させていただくことになりそうです。

2. 私の減薬の計画について、問題点の指摘やアドバイス
問題点……と申しますか、改善すべき点はいくつかあるように思います。
第一に、ドグマチールとメイラックスの2剤を同時に減量されようとしている点です。

複数のお薬を服用されている場合、薬剤アレルギーが疑われるような緊急の場合を除いて、「減量・中止は1剤ずつ」が鉄則です。
例えばあつし様は、過去に何度かお薬を中断され、症状再発 and/or 離脱症状が出現したために再開を余儀なくされています。
この症状再発 and/or 離脱症状は、メイラックスを中止したために起きたのでしょうか。それともドグマチールを中止したために起きたのでしょうか。
もしかしたら、ドグマチールだけを中止していたら症状再発 and/or 離脱症状は起こらなかったか、ずっと軽かったかもしれません。これはメイラックスだけを中止していても同じことが言えます。

このように、2剤以上のお薬を減量・中止した場合、何か不都合が生じた際に、それがどちらのお薬のせいだったのかがわからず、以後の対処に生かせなくなるため、「中止するなら1剤ずつ」が原則なのです。

次に、計画に「遊び」が無さ過ぎるように思われます。
漸減という方法は間違っていませんし、ペースも無理がないように思います。ただ、現実問題として、これほど直線的にお薬を減らしていけるものではありません。

例えば、同じ10mg減らすのであっても、50mgを40mgにするのと(20%減)、20mgを10mgにするのでは(50%減)では、実際の減少割合は変わってきます。

また、現実問題として、計画されている2年4ヶ月の間、あつし様は一切の凸凹が無い平坦な生活を送り続けられるでしょうか?
原病が社会不安障害ですから、冠婚葬祭の場で挨拶をするとか、会議の場で発言するような機会があれば症状が現れやすくなるでしょうし、何も無い時期はあまりお薬の力を必要としないかもしれません。
さらには、「最初の2ヶ月、毎週水曜日は、それぞれの薬を半錠だけ服用」して、最初の2週間目で症状再発 and/or 離脱症状が現れたらどうされますか?

環境や病状に合わせて、減薬幅を変えたり、行きつ戻りつがありつつも、中長期的には服薬量が減っている、という方法を考えられた方がよろしいかと存じます。

(つづく)
質問者: 返答済み 5 年 前.

おはようございます。

ご回答、ありがとうございます。
過去に何度か薬を中断したのは、いづれも2剤同時でした。
「中止するなら1剤ずつ」とのこと、了解致しました。

環境や病状に合わせて、減薬幅を変えたり、行きつ戻りつがありつつも、中長期的には服薬量が減っている、という方法につきましても了解しました。
臨機応変に対応したいと思います。

ありがとうございました。
引き続き、ご回答、お待ちしております。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございました。

了解です。

※この回答に対しては返信せずにそのままお待ちいただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
昨日は回答の続きを書けなくて申し訳ありませんでした。

3.離脱症状をやわらげるための対策
特に「目の異常な疲れ・痛み」だけは耐え難く、何とかできないものかと考えています。

逆説的な申し上げ方になりますが、「耐え難く」感じるような離脱症状を起こさないように減量することが重要です。

4.離脱症状を我慢し続けることで、うつ病や統合失調症など他の病気を併発することもあり得るのでしょうか
相談者様が、うつ病や統合失調症の遺伝的素因をお持ちで無い限りはあり得ません。
ただし、統合失調症はともかくとして、うつ病の発症リスクに関しては一定の注意が払われるべきでしょう。と申しますのは、社会不安障害を含む不安傷害は、その6割が経過のどこかでうつ病を合併するという研究があるからです。このことは、不安障害とうつ病とが、少なくとも部分的にはその脳内基盤を共有していることを示唆しています。
これも上記3.と同様、うつ病を発症するほどストレスになるような減量方法をとらなければよい、ということになります。

6.その他アドバイス等
まず、本来的には依存性が無く、社会不安障害への有効性もないドグマチールを減量・中止すべきでしょう。こちらはまず間違いなく中止できると思います。
慎重を期するならば、剤形を細粒に変更してもらい、1回の受診ごとに10mg/日ずつ減らしてもらうことです。こちらは、心理的な依存さえなければ、5週間で止めることが出来ると思います。

ドグマチール中止後は、1~2ヶ月、様子を見てもいいかもしれません。恐らく何も起こらないでしょう。

次にメイラックスの減量ですが、こちらは間違いなく相談者様の社会不安障害の症状に効いているようですから、押し引きしながらの減量が必要です。

基本的には、減らす幅は0.1mg/日とされるのがよいでしょう。
減量の時間的感覚は決めるべきではありません。まず1mg/日を0.9mg/日に減量して、4週間は様子を見るべきでしょう(これは過去、断薬時に、1週間~3週間経つと離脱症状や症状再発が見られたことから設定した観察期間です)。

また、単純には減らさないことが成功のコツです。
例えば0.7mg/日から0.6mg/日に減らす際には、単に0.7mg/日を次回の受診までの日数分処方してもらうのではなく、それとは別に減量幅の0.1mg/日を頓服としてやはり日数分処方してもらい、離脱症状・症状再発時にはそれを服用して、1つ前の段階の用量に戻せるようにしておくわけです。これによって、用量の行きつ戻りつはあるかもしれませんが、「耐え難い」離脱症状が生じて結局元通りの量に戻る、といったリスクを減らすことができます。
この方法をとれることが、細粒があることの最大の利点です。

最後に、お薬が効いて良くなっている社会不安障害ですから、お薬を減量・中止すれば症状が再発するリスクは否定できません。
完全にメイラックスを中止されることを考えられておられるなら、行動療法などの非薬物療法で社会不安障害の寛解状態を維持する努力を減薬と並行して行う必要があるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山様

 

こんばんは。

お忙しい中、ご丁寧な回答、ありがとうございました。
大変分かりやすく、細粒を用いた具体的な減量方法など、非常に参考になりました。
行動療法などの非薬物療法もぜひ取り入れさせて頂こうと思います。

なお、最後に下記5点について知りたいのですが、お答え頂くことが可能でしたらお願い致します。


1.最初に頂いた回答の中の「この処方内容ならば、服薬歴が14年間に渡っていても、減薬や断薬は可能であると考えます。」とは、具体的にはどのような理由からでしょうか?

2.同じく最初に頂いた回答の中の「入院されたからといって減薬のペースが早くなったり、成功確率が上がることは無さそう」につきましても、その理由はどういったものでしょうか?

 

3.減薬中および断薬後、飲酒は控えたほうが良いでしょうか?
  私は、お酒は弱いほうです。
  しかし、これまでのところ、年に数回程度はお酒の席にも参加し、例えばワインをグラス2杯程度飲みます。

 

4.減薬中および断薬後、風邪をひいた時に病院で処方して頂く風邪薬につきまして、なるべくなら服用を避けたほうが良いでしょうか?

 

5.私が今まで通院してきた数件のクリニックでは、私が断薬の希望を伝えると、了承はしてくれたものの、そのアドバイスは「いきなり全ての薬をやめる」、「服用を一日おきにする」といった、おおざっぱなものでした。
それに対し、猫山先生から頂いた「細粒という剤形がある」、「1剤ずつの減薬が原則」などを始めとした数々のアドバイスは、断薬の成功率を高めるために大変有用だと感じました。
減薬・断薬に関して、こうしたレベルのアドバイスをもらえそうな病院をご存じでしたら教えて頂くことはできませんでしょうか?
私は、埼玉県蓮田市に住んでおりますが、距離が離れていても構いません。

 

細かくて大変恐縮ですが、どうかよろしくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
確かに細部に関わるご質問ですし、当初の質問から派生した別のご質問が含まれておりますので、このスレッドは一旦ここで閉じて、追加質問は改めて新たな質問として投稿していただけますと幸いです。

いずれにせよ、回答は明日以降になりますが。
ご了承のほど何卒よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山様

 

このスレッドを一旦ここで閉じる件、了解致しました。

新たな質問として投稿するかしないかは、検討したいと思います。

 

ここまで、親身なご対応、心より感謝申し上げます。

減薬・断薬は素人判断でやっていくしかないものと思い、非常に不安を感じていたところ、こちらのサイトに出会い、猫山様からこんなにもアドバイスを頂き、これから減薬を進めるにあたり、すごく救われました。

本当にありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問