JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

統合失調症は子供に遺伝しますか?または隔世遺伝しますか?

解決済みの質問:

統合失調症は子供に遺伝しますか?または隔世遺伝しますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

まず遺伝性についてですが、統合失調症は遺伝性が認められている病気です。
ドイツのルクセンブルガーという研究者が行った有名な研究によれば、統合失調症患者の子供が統合失調症にかかる危険率は16.4%、孫では3%とされています。
一般人口における統合失調症の有病率が1%ですから、これはかなり高い数値と言えるでしょう。
生まれたお子様が必ず統合失 調症を発症するわけではもちろんありませんが、統合失調症の素因は受け継がれると考えられるべきでしょう。

次に奥様の病状ですが、妊娠中は安定していて、出産後のホルモンバランスの急激な変化に伴って不安定になる可能性はあります。
生涯の服薬を必要とする慢性疾患であり、ストレスに対する脆弱性は健常者よりは低いので、出産以外でも、何事かのストレスに応じて病状が変化する可能性は常にあります。

また、妊娠中も服薬していることで、胎児に一定のリスク(決して高いものではありませんが)があることも理解されておかれるべきかと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

【追補】

 

参考サイトをお示しします。

 

どうして起こるの?/発症の誘因となる危険因子

http://www.mental-navi.net/togoshicchosho/rikai/kiken-inshi.html

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

彼女は「私のは急性のだから、入院もしたことないし、注射もしたことないし、主治医からは結婚も出産もできると言われている」と言っていました。急性の統合失調性とはなにか違いがあるのでしょうか?この場合遺伝はないのでしょうか?

彼女の発症経過は4年前の30歳の時に職場で孤独感を味あわされてそのことが原因で発症し幻聴が聞こえてくるようになり約1年自宅療養しその後趣味や運動をすることにより改善にむかい社会人復帰したそうです。社会人復帰しても2か所で3か月ほどしかつつかず私と出逢った場所では6か月続き本人の状態もよくなったと本人の口からきいています。その職場で異動があったとき対応難しく3週間休みそのまま退職となりました。私も落ち込んでおり彼女をうまく支えることができず、私も退職になりました。

今、彼女は再就職し1か月たちます。いまは落ち着いている様子です。

彼女から聞いた話での経過は以上です。

私は彼女から聞いたとき大丈夫だと考え気にせず付き合っていました。そして彼女が妊娠してとてもうれしかったです。そして両親と結婚申しこみに行ったときに彼女の両親から私の両親へ病気のことを伝えられ両親は動揺しどんな病気か遺伝はあるのかを調べそして私たちの結婚に反対しています。私は熱い想いから大丈夫だと思い病気についてほとんど調べることなくいました。しかしこの件でこの病気について調べ冷静になって向き合うと不安が強くなりいまでは彼女の子供は欲しいが出産はやめた方がいいと考えています。

私の責任により彼女を傷つけることになり私はいまとても苦しいです。

彼女が言う「急性の統合失調性」は普通のと違うのでしょうか?違いがあれば光が見えるのではないかと思い質問しました。彼女自身、病気については主治医から聞いただけで深い理解がない印象を感じています。

病気について冷静に理解しその内容を受け入れていきたいです。回答よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

おはようございます。

 

急性統合失調症と慢性統合失調症という、2つの異なる疾患があるわけではありません。

 

統合失調症とは慢性進行性の精神疾患であって、典型的には幻覚や妄想を主徴とする急性期で始まって、治療を受けることによってそれらが鎮静化した後、休息期、回復期へと移行します。

http://www.e-rapport.jp/medicine/special/special04/01.html

 

急性期にある統合失調症が急性統合失調症であり、回復期にある統合失調症が慢性統合失調症と呼ばれることがありますが、これらは同じ病気の回復過程における状態像を呼び分けているに過ぎません。

 

また、 かなり個人差はありませんが、回復しても、大多数の統合失調症患者様で病前よりも社会適応のレベルが低くなります。

ストレスに対して脆弱になることがその主要因で、彼女様が職場適応がなかなかできずに短期で転職されているのもそれが一因になっている可能性は高いでしょう。

こうした局面で無理をしたり、服薬を怠ったりすると幻覚や妄想がぶり返し、発症当初と同様の状態になることもあります。

つまり急性期と慢性期を往復することがあることがあるのが、統合失調症の経過の特徴のひとつです。

 

彼女様は恐らく軽症、もしくは急性期症状が進行する前に適切な医療機関を受診されたので、外来的に、経口服薬治療だけで回復されたのだと思います。

しかし統合失調症は統合失調症であって、重症度や入院の有無によって前述した遺伝リスクが変わってくるわけではありません。

 

「結婚も出産もできる」と彼女の主治医が仰ったのは、それ自体間違っているわけではありません。

近年の障害者のノーマライゼーションの波に乗って、精神障害者(回復期にある統合失調症患者様もこれに含まれます)も健常人と同様の人生を送るべき、それが出来るような援助が行われるべき、という機運が高まっています。

恐らく彼女様は、人格水準の低下も無いか目立たず、主治医は十分に同年代の健常な女性と同じ生活が送れるレベルであると判断されたのでしょう。

 

私もノーマライゼーションの考え方には賛同する立場にあります。

しかしご記載されている限りの彼女様の主治医の説明からは、遺伝リスクと、服薬が胎児に及ぼすリスクがすっぽりと抜け落ちています。これは不十分な説明であったと言わざるをえません。

そういった情報が十分に与えられていれば、相談者様との関係を深める前に、彼女様はそうした問題について相談者様と真剣に議論される余地があったのではないでしょうか。

 

統合失調症患者様に子供を産む権利が無いとは申しません。

ただし、お子様が平常よりも遥かに高い確率で統合失調症を発症するリスクがあることをご両親は予め知らされているべきですし、そういったリスクを生まれてくるお子様に負わせることの是非については本来は事前に十分な検討と熟慮がなされるべきでしょう。

 

彼女様は既に妊娠されているわけですが、今後のことについては、このような前提を踏まえて、相談者様と彼女様の間でまずよくお話合いをされるべきかと存じます。

 

ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

 

先生のおっしゃるとおり彼女、彼女の両親ともにこの病気への理解が浅いと思います。

 

彼女に話をしましたが「主治医に聞かない」と納得いかないと言われています。

その意見はもっともですので彼女と聞きに行こうかとおもいますが、彼女が現実を受け入れ症状が悪化することがとても心配です。先生の回答も彼女に見てもらおうとも考えています。やはりこのうようなダメージは大きく悪化につながるでしょうか?これも個人と周りの支えによるんではないかと考えてはいるのですが彼女をこれ以上傷つけることが嫌だし、私自身本当にいま辛いです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

彼女様、そのご両親もさることながら、彼女様の主治医がどの程度統合失調症の遺伝リスクについて理解しているのかも考慮しなければならないでしょう。正直を申し上げて、これまでの相談者様のご記載を拝読する限りは、その点について一抹の懸念がございます。

遺伝相談外来をもっている医療機関もありますから、通院可能範囲にそういう病院があれば、セカンドオピニオンの形でそちらで説明・相談を受けられるのも一つの選択肢かと存じます。

【例】

http://www.ncchd.go.jp/hospital/section/special/dna.html

http://www.tokushima-hosp.jp/advisement/3.html

 

前述したように、統合失調症の患者様はストレス脆弱性がございますし、「子どもに病気が遺伝するかもしれない」、「子どもを産むことは望ましくないかもしれない」と告知されることは一人の女性としても、彼女様にとって大きなショックを伴う告知であり、症状の悪化のリスクを伴う可能性はたしかに否定できません。

 

ただ、遅かれ早かれ告知されなければならない情報ですから、周囲の方々がどれだけ支えてあげられるかがポイントになるでしょう。

これに関しては、個々の患者様によってパーソナリティや状況が異なりますので、こうすればよい、という、魔法の鍵のような方法はありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

 

あと気になっているのですがもし彼女の統合失調性が完治したら子供への遺伝リスクは全くなくなるのですか?

 

あと上記に記した彼女の経過から治りやすいといえるでしょうか?

記載を忘れていましたが彼女は障害者手帳は持っていないそうです。

性格は内気でおとなしくネガティブですが人柄が穏やかでとても優しい人です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
残念ながら、統合失調症に完治はありません。
治療によって症状が全く無い状態になることはありえますが(寛解といいます)、お薬をやめれば再発します。
繰り返しになりますが、統合失調症は慢性進行性の疾患で、寛解しても遺伝子の変化が起こるわけではありませんので、出産に伴う遺伝リスクは変わりません。

憚りながら、相談者様の疾患理解もまた、十分なものではないかもしれません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

 

彼女が主治医に聞かないと納得できないとのことで一緒に今日、行くことにしました。

彼女は先生とのメールを持って行くことを承諾してくれました。

初めは私と彼女、彼女の母親で主治医の話を聞き、その後私一人で主治医の話を聞くことも承諾してくれました。

私は今、精神的に罪悪感でまいっています。一緒にいくことで彼女を傷つけてしまうと思い罪悪感でずっとまいっています。何かアドバイスをいただけませんか?

変な質問ですいません。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

追加質問ありがとうございます。
しかしながら、追加質問については新たにスレッドを立てていただく必要があります。

当初のご質問に関しては過不足無く回答したつもりですので、いったんスレッドを閉じて、相談者様が感じられている罪悪感については新たなご質問としてご投稿いただけますようお願いいたします。
このようなやりとりが続くのは、このサイトの本来のあり方ではありません(このままだと、相談者様は派生する相談を次から次へと、質問され続けますよね?)。

以下、JustAnswerサポートデスクの見解です。
これが遵守されない場合、相談者様は会員資格を解除される可能性があり、また私への報酬も取り消されます。ご理解をいただけますと幸いです。

*********************************************
弊社ウェブサイトは質問ごとに料金を設定し、「承諾」することでユーザーは支払いに同意し、報酬が専門家に支払われるシステムです。

返信機能は別の質問を投稿するためではなく、質問に対する回答内容に不明な点がある場合にご利用いただく機能です。

別の質問がある場合は、ユーザーは、返信機能を利用するのではなく、新たにスレッドを立てて、別の質問を投稿する必要があります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

そうですね。これで承諾します。

色々と教えていただきありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご理解いただきましてありがとうございます。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問