JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

先日はありがとうございました。おかげさまでリーマス、ラミフタール、レキソタン(5朝夕)、ダルメート、セロクエルの処方

解決済みの質問:

先日はありが とうございました。おかげさまでリーマス、ラミフタール、レキソタン(5朝夕)、ダルメート、セロクエルの処方になりました。リーマスの血中濃度が0.48ということで、若干低いということで、1錠増えて、朝・夕それぞれ2錠になりました。今はこの薬で特に問題はないようです。
一か月前に比べれば、かなり状態はいいのですが、何をしても疲れやすく、半日外出したら半日休む、一日家事をがんばったら一日休むという状態です。いつになったら、人並みになれるんだろう、一生このままかと思うと不安もあります。また、何をしても楽しみを感じられず、最近は食に対する興味も失せてきました。おなかが減るので食べはしますが、食べる意欲が低いので、食事を作るのがおっくうです。
昨年夏、アルコールの摂取がひどくなったことがあり、それ以来精神科の他にアルコール外来の方も月一回通っています。こちらの方は、だんだん量も減ってきているし、飲まない日も作れるようになってきているので、アル中の直前の状態で回避できたという感じで、先生も経過観察だけになっています。ただ、減ってきているとはいえ、何も楽しみがなく、忘れさせてくれるものがアルコールだけなので、たまに飲んでしまい、完全禁酒はまだできていない状態です。私としては、少しずつ減らしていこうとは思っているのですが・・・。
生きていて、なぜ、こんなに楽しくないんでしょうか?
これも病気のせいなのでしょうか。私の生き方や環境がいけないんでしょうか?病気のせいでないとすれば、いくらお薬を変えても、これ以上はどうにもならないですよね。

本当は仕事をしたいのですが、疲れやすかったりすることもあり、自分で時間を自由にできなくなることがこわく、アルバイトなどもはじめていません。それ以前に、主婦業に対する意欲もなくなっているので、まずはそこから改善すべきなのですが。

よくなってきて、底を脱したので、自分自身あせりすぎているのはわかっているのですが、毎日無力感にひたっているのが耐えられなくなる時があります。最低限の家事と、趣味と、休憩に時間を使い、自分で稼ぐこともせずのんびりとしているのが、どうしても罪悪に思えてしまいます。むりせず休憩を十分にとっていれば、いつかまたやる気の湧く日もくるのでしょうか。専業主婦に満足できればたいした問題ではないのですが、それが悪いことのように感じ、もんもんとしています。これも病気のせいなのでしょうか。
いつもながら、まとまりがつかず、申し訳ありません。ただ、生きていても何も楽しくない、こんな毎日がずっと続くのかと思うと、つらいのです。回答は急ぎませんし、できる範囲で構いません。ただ、誰に話してもわかってもらえないのがつらいのです。どうぞよろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山です。

その後の経過を伝えていただきありがとうございます。

基本的には現在の状態は、相談者様ご自身が理解されている通りのものだと考えます。

双極性障害に診断が切り替わって以来、初めて(こう言っては何ですが)まともな処方になったわけですが、リーマスの血中濃度が安定して効果が現れるまでには数週間を要しますから、今はまだ「待ち」の時期です。休養を優先されるべきでしょう。
次第に改善すると思いますが、直線状に右肩上がりに良くなっていくわけではなく、その中にも山や谷がありますから一喜一憂されないようにすることが肝要です。

先々のことに関しては、無責任に楽観的なことは申し上げられません。
完全寛解するかもしれませんし、ストレスに際して再発があるかもしれません。
家事や仕事は自然に、普通に出来るようになるとは思いますが、いつどのようにそのときが訪れるのかは何とも申し上げられません。
不適切な治療を受けられていた期間はおそらくハンディキャップとして働くでしょう。

生き方や環境については医者ごときが介入できる側面ではありませんが、もともと「楽しめて」いたことはまた楽しめるようになると思います。
その状態をキープできるようになるまでに色々と試行錯誤があるのですが。

双極性障害を受け入れ、この病気との相談者様なりの付き合い方をみつけるまでには一定の時間がかかると思われていた方がいいでしょう。

安心していただける説明かどうかは自信がありませんが、要するに、「たぶん良くなるけれども、良い状態を維持するコツをみつけるまでがもう一山」といったところでしょうか。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問