JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

県内の進学校に下宿しながら通っている長女。2年生の後半から特に学校をさぼるようになり、下宿に帰らず、彼氏宅に入り浸っ

解決済みの質問:

県内の進学校に下宿しながら通っている長女。2年生の後半から特に学校をさぼるように なり、下宿に帰らず、彼氏宅に入り浸っています。趣味のバンドのライブには出ており、髪の毛もピンクに染めているようです。あまりの生活態度に業を煮やして、4月から学校の近くにアパートを借り、卒業までの一年間、私が一緒に住み、フォローしようと思っ ているのですが、彼氏が「お母さんが来ると束縛されておかしくなるかもしれない」と言っているそうです。中学時代から始まったリストカットも心配なのですが、周りの人達(学校の先生、下宿先の人、彼氏の保護者、友人の保護者)に迷惑をかけていることもあって、せめて卒業まではと思っているのですが。本人は学校をやめたいとは言っていません。でも、行きたくないようです。1年生の頃は大学に行く夢もいっぱいあったのですが、今は、勉強する気はなく、卒業したら外国に行ってもう帰らない、と言ってます。コロコロ話す内容が変わるので、一体どのように対応して良いのか分からなくなってしました。どうしたらいいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。
大学病院在籍時は児童・思春期症例を診察するグループで臨床と研究に従事していました。

 

少し情報を整理したいので、補足で質問をさせて下さい。

 

■ご記載を一読してお嬢様には境界性人格障害の診断が付く可能性があるのではないかという印象を受けましたが、思春期外来を受診された際にその可能性は示唆されなかったのでしょうか。受診された病院は、以下のリストに含まれていましたか?

http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii.html

 

■漠然とした質問ですが、お嬢様はもともとどういった性格の女の子なのでしょう? 例えば、中学生の頃にも「コロコロ話す内容が変わる」傾向はありましたか?

 

■その彼氏様はどのような方なのでしょうか? 年齢は? そのご両親は常識的な方々のようですか?

 

■現在のお嬢様の発言は、ご記載を拝読する限り現実離れしている部分もあるように思われますが、これも元々でしょうか? 率直に申し上げて何かが「おかしい」と感じられるところはないでしょうか。

 

以上、ご確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

娘が中3の4月か5月に大村共立病院を一度だけ受診しました。その時は境界性人格障害だとは言われず、娘と担当医(思春期外来で有名な先生だと聞いたので指名しました)、私と娘と担当医の話の中で、「本人が言うように中2病(当時2チャンネルで流行っていた言葉)」という結論に終わり、「気になるなら通いやすい近くの病院を紹介しますよ」とのことでした。

 

境界性人格障害は私自身も娘の行動が気になってネットで調べたり、本を買って読んだりもし、その可能性もあるかもしれないと思っています。

 

長女は4人兄妹の2番目なのですが、小さい頃から感情の起伏は激しいものの、頭が良く、飲み込みが早い子で、積極的、小学校では先生からも可愛がられ、逆にそれが「ひいきされてる」と他の子からねたまれたり、いじめられたりしたこともあったようです。6年生の時の担任からは「今度中学校にすごい子がはいるよ。」と中学校の先生にもいい意味でいわれていたそうですが、この頃から少しおかしい言動が見られるようになりました。例えば、習い事のお月謝を先生に渡す ようにと持たせていたのですが、2・3ヶ月後、「未納です」と先方から連絡があったり、(多分娘が使い込んだのだと思います)、欲しい、といってた物を、最近口にしないなと思ったら、娘の部屋からでてきたり、(ちょっと高額なので子供のお小遣いでは買えない物)、私の財布の中からよくお札がなくなったりしました。本人に聞いても「知らない」といって一緒に探したり、心配したりしていましたが、彼女が家を出てからはそのようなことがないので、やっぱり犯人は彼女だったと思います。リストカットは中1の頃からはじめ、友人達にも2・3名リスカをする子がいました。部屋のたたみや椅子もカッターで切った後がいっぱいあります。

本人は(自分の気持ちを)いうのが面倒だから切ると言ってました。

彼氏は1才年上、今年高校を卒業して4月から実家の近くの専門学校に通いながらバイトをするそうです。一度娘と一緒にあってご飯を食べましたが優しそうな男の子です。娘が自分のお母さんによくにているそうで、ほっておけないらしいです。(お母さまから聞きました。)

 

娘からは母子家庭と聞いていましたが、今日お母さまと話したところ「主人が」と言っていましたので、ご主人様はいるようです。多分3才の弟のお父さんで、彼氏のお父さんではないようです。お母さまは、中学生の頃母親を亡くし、厳格な父親に育てられ、反抗し、家出したりリスカをした経験があるそうで、うちの娘のことも心配してくれています。ただ、娘にあまりいうと、息子さんの方から怒られるそうで、娘が学校に行かないことは心配してくれてます。

 

娘は中1の時にアメリカにホームステイした経験があり、大学に入ってから長期留学する、と言うのが夢でした。高校入試の時には医学部を目指して受験したのですが、その後演劇をしたいので早稲田にするとか、カウンセ リングの先生もいいなとか、中学校の先生になりたい、音響関係の大学には行って、卒業後音響関係の専門学校に行くなど、ころころ変わっています。一番最近は、大学に行く意味が分からなくなってきた。ピースボートに乗って世界一周する、と言ってます。今では学校もさぼり、成績も最悪な状態になってしまいました。したいことはいっぱいあったはずなのですが、今ではとにかく人から拘束されたくない、と言っているように感じます。あまりにも彼氏のうちに泊まってばかりいたので一度迎えにいったことがあるのですが「お母さんは尊敬するけど嫌い」と泣きながら言い、「下宿に帰っても、どうせ夜中に出ていく」といい、結局駅で行方不明になり連れて帰ることはできませんでした。

私が今感じるのは、とにかく自分の気持ちを抑えることができない、という感じです。こうしたい、と思ったら、何が何でもやってしまう。それが、良くないことと分かってても。

「学校やめたい?」と聞いたら「やめたいときにやめさせてくれなかったから、今はやめる気はない」というのですが。

なにかがおかしい、というより、全部おかしくなったような気もします。

一年前通っていた心療内科には行きたくないようですので、他をと考えているのですが、心療内科よりは精神科のような気もしております。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

まず細かい点ですが、精神科と心療内科は同じ科です。心療内科は本来は心身症を診る別の科なのですが、そのほうが患者様が受診しやすいということで精神科医が好んで標榜するようになったため、現在は心療内科医を標榜する医者の9割以上が精神科医です。

ただ、恐らく相談者様は、お嬢様の精神の病理が思っていたよりも深そうだ、という意味で「心療内科ではなく精神科」という表現を用いられたのであろうと愚考いたします。
ご記載を拝読した上で受けた印象としては、私も、その可能性は考慮されなければならないと考えます。

「中2病」は問題外だとしても、境界性人格障害の可能性は考えなければならないでしょう。人格障害とは著しい性格の偏りのこと であり、多くの患者様はそのために社会適応が損なわれますが、お嬢様の場合は知的水準の高さのために中学校までは何とか適応できていたということかもしれません。
一般に、高い知能や優れた容姿は、人格障害を補完する働きをします。

次に考えなければならない診断は、例えば統合失調症です。
ご記載からは、高校入学後に人格障害のボロが出た、というよりは、人格が変わってしまったようにも読めます。将来について語る展望についても、非常にまとまりがなく、思考障害(統合失調症の症状のひとつです)や観念奔逸(躁うつ病の躁状態で見られる症状です)を連想させます。
お嬢様の年代の患者様は、思春期特有の心性と人格の未成熟のために成人とは異なる症状の現れ方をすることがあるため、診断から難渋することがしばしばあるのですが、統合失調症を含む精神科疾患が潜航性に発症している可能性は念頭に置いておかなければならないと思います。

さらに考えなければならない要素は、彼氏様とそのお母様です。
悪い人たちではもちろんないようですが、典型的にお嬢様に「巻き込まれて」おり、かつ「過剰な了解」をしてしまっているように思われます。
当然ながらお嬢様は未成年ですから、精神科の治療を受けさせるに当たっては親御様がイニシアチブをとる必要がありますが、ただでさえ難しいこのプロセスを、彼氏様がさらに難しいものにしてしまっているように思われてなりません。
お嬢様の問題の原因が人格障害であるにせよ何らかの精神科疾患であるにせよ、ご本人が治療意欲を持つためには、症状による辛さや困難を自覚する必要があります。お嬢様に対して過保護に接し、先回りして問題を解決してくれる彼氏様の存在は、お嬢様が問題意識を抱かずに現在の生活を送れるようにしてしまうという点で、反治療的に働くかもしれません。
また、こういった、お嬢様の処遇に関していかなる法的な責任も権限も持たない方々がイニシアチブをとっている状況は、万が一、お嬢様に強制的な治療を受けさせる必要が生じた場合の大きな障害となりえます。

問題解決の原則論としては、学校はいったん休学してお嬢様をご実家に呼び戻し、前述のリストに掲載されている認定医を受診され、まずは診断を確定すべきでしょう。現状のまま、お母様がお嬢様の元に行かれても根本的な解決にはならないのではないかと考えます。
環境から仕切り直して適切な医学的診断を受け、それに基づいて必要ならば治療を行い、然るのちに復学された方が、最終的には傷が浅くて済む場合が少なくありません。

お嬢様を実際に診察したわけではなく、私の臨床経験とご記載から読み取れる限りの情報と印象に基づいた見解ではありますが、大きく的を外してはいないのではないかと思います。

ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 先生からの回答、大変参考になりました。ありがとうございます。

 

 休学に関しては、一度実際に紹介いただいた先生に見て貰い、その方が娘のためになるのであれば休学させてもいいと思いました。

 

 今の彼氏とそのお母さまの件に関しては、私も理解がありすぎるような気がしておりました。お母さまと彼氏とそれぞれ会ってお話をし、協力を得たいと思います。

 

 実家に呼び戻すことに関してですが、自宅は離島にあり、通院するには大変不便なところにあります。また、娘自身は「この島はイヤだ」と言って出ていったこと、中学時代にも何度か無断で島を出て(家出し)、交通の便も悪く、探すのが大変だったという経緯があります。多分、実家に連れ帰っても、2、3日で勝手にどこかへ行ってしまいそうな気がしますし、連絡も取れなくなってしまいそうです。また、小さな島ですので、あることないこと、いろいろな噂がすぐに広まり、本人や私達はおろか、他の親戚にも迷惑をかけてしまいそうです。

 

 この前下宿に連れ帰ろうとしたときには「いっそのこと(私を)病院に閉じこめたら!」と言われ、驚いてしまいました。

  

 こんな状況で連れ帰ることは良い選択ではないと思い、私が行くことにしたのです。そうすれば通院もできるのではと思いました。

 

 一年前は娘自身がどこかおかしい、と感じて、自ら病院に行きたいと思ったと思うのですが、今は病院を勧めても「今は大丈夫」と言います。そのことが、ますます病状(?)が悪化しているのではないかと感じてしまうのです。

 

 こんな状況ですので、できれば、今、彼女が住んでいるところで、と思っているのですが、彼氏とのことを考えると少し考えてしまいます。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

通院に関する地理的な事情に関しては了解いたしました。ご懸念はどれもその通りでしょう。

一方でその彼氏様と物理的にも心理的にも距離を置く必要はあると思います。
もし諸事情が許すのであれば、まず相談者様が下宿先に行き、確定診断が付くまではそこから通院され、休学が必要となった場合には下宿を引き払って、別の場所に部屋を借りる、という方法はありうると思います。

入院となればまた話は別ですが、現時点で病院に通う気が無いお嬢様を規則的に通院させたり、家出を防ぐための魔法の鍵のような回答は残念ながらございません。
診断いかんではありますが、主治医とご家族が根気よく説得を続けるしかないであろうと思われます。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問