JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DrAkiraOlsenに今すぐ質問する
DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

現在、離婚するかどうかで悩んでいます。離婚した後、海外で女一人で暮らしていけるのか、不安です。主人も仕事を亡くして7

質問者の質問

現在、離婚するかどうかで悩んでいます。離婚した後、海外で女一人で暮らしてい けるのか、不安です。主人も仕事を亡くして7,8カ月経ち、軽いうつ病にかかっています。私の場合は、頭痛、肩こり、軽い動悸があり、みぞおちあたりに思い塊のようなものがつかえている感じです。日本に戻った際、精神科を受診すべきでしょうか?日本の家族には大変支えられていて、それは日々、感謝ですが、一人になったとき、たまに人といるときにも、大きな不安が訪れます。さぷりめんとにはあまり頼りたくないのですが、たまにカルシウム、鉄分などを補給しますが、これも副作用があると聞きました。カウンセリングを受けることで改善できるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

離婚されるかどうかについては、医師が口を差し挟むべき問題ではありません。
この場合は、相談者様にその重大な決断を下すのに必要な状態かどうかを判断し、もしも相談者様本来の思考力や判断力が精神科疾患によって損なわれていることが疑われる場合、離婚の決断を先延ばしすることをお勧めすることになるでしょう。

少しでも的確な回答のために、以下の点につき情報を頂戴できればと存じます。

■差し支えなければ、相談者様のご年齢を教えて下さい。

■現在は海外に居 住されていて、治療を受けられるとしたら現地で受けられることになると理解してよろしいでしょうか?

■ご滞在されている国は、専門医へのアクセスが容易にできますか? また、精神科的診察、カウンセリングを受けられるに当たって、言語の問題は無さそうでしょうか。

■眠れていますか?

■食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。

■家事の能率は以前と変わっていませんか?

■趣味や、ご友人との会話などは楽しめますか?

■仮に相談者様がうつ病を患われていた場合、その重症度にもよりますが、治療が一定の効果を現わすまでには少なくとも3ケ月を要します。「日本に戻った際、精神科を受診すべきでしょうか?」とのことですが、3~6か月単位での貴国はありえますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。

精神科 についての関連する質問