JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

平成20年から精神科に通院しています。パニック障害と非定型うつ病です

解決済みの質問:

平成20年から精神科に通院しています。 パニック障害に似た症状と非定型うつ症状での通院です。最初はパキシルを飲んでいましたが 体重が10キロ増加したため 現在はデプロメール6錠 トレドミン2錠を朝・晩に分けて飲んでいます。寝る前にはデパスを1錠です。だいぶ息苦しい…と思うことからは解放されてきているのですが まだ 夕方からの気分の落ち込み 涙が勝手に出てくる… 一人で外出する気分になれないなど 改善されていません。薬が合わないのでしょうか? 病院または先生を変えた方が良いのでしょうか? 最近 更年期で片頭痛もひどくなってきていて 痛みの時にイミグランを飲んでいます。


 


一番最初は コンクリートの建物の中やバス・電車の中など 締め切った環境になると息苦しさを覚えて 早く外に出て新鮮な空気を吸いたい。。。というものでした。 


そのうちに 夕方になると胸が苦しいというか 切ない気持ちに襲われて涙が勝手にこぼれてきました。


そのうちに 死んでもいいや…などと思うようになり これではいけない!と自分で病院を探して 精神科に通院が始まりました。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

「コンクリートの建物の中やバス・電車の中など 締め切った環境になると息苦しさを覚えて 早く外に出て新鮮な空気を吸いたい」という症状は広場恐怖と呼ばれるものだと思われます。パニック障害やうつ病にしばしば伴いますが、独自の診断基準を持っています。
【厚生労働省:パニック障害の診断基準】

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_panic_c.html

 

従って、相談者様の診断は恐らくは「広場恐怖を伴う非定型うつ病」ということになるのだと推察します。

 

薬物療法はデプロメールトレドミンの併用療法ですが、デプロメールの用量が高いのでこちらが主剤と考えてもよいでしょう。

広場恐怖は改善しているとのことですから、こちらには薬物療法が奏効したのだと考えます。

 

一方で「夕方からの気分の落ち込み 涙が勝手に出てくる... 一人で外出する気分になれない」といったうつの症状は残っているとンことですから、現時点で考えるべきはうつの症状の治療をどのように勧めていくか、でしょう。

 

抗うつ薬は、理由はわかっていませんが非常に患者様との「相性」が大きなお薬です。

合う・合わないは使ってみるまでわかりませんし、逆に一定期間使用して効果が現れなければ他のお薬に変更すべきです。この「一定期間」の目安は6~8週間です。

従って、相談者様がデプロメールを1日6錠服用し始めてから2ヶ月以上経過していて症状の改善が認められないのであればデプロメールは相談者様には合っていないといえます。

 

非定型うつ病の特徴の一つが従来の抗うつ薬への反応が悪いことですから、薬物療法に関しては工夫が必要な場合が多いですし、生育歴も考え合わせると、薬物療法だけでなく、カウンセリングや認知療法を組み合わせて治療を進めていく必要性があろうと考えます。

 

現在通われている精神科があまりそういった側面に熱心で無いのであれば、他院への転院も局面打開のための一案であろうと愚考致します。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

精神科に通院始めたのは平成20年の4月から。

パキシルを2錠から始め4錠まで飲みましたが 体重が増加しましたので デプロメールに切り替えたのが10月からです。

だから デプロメールは1年以上飲んでいます。

途中で先生が変わってしまって 21年の2月からトレドミンが加わりました。

うつの状態は良くなったり 悪くなったり・・・

去年の夏頃には意欲的になれたのですが 10月ころからまた落ち込み始めました。

それがつらいです。

 

抗うつ剤には色々と種類があるようですが 現在の薬を切り替える時に何か副作用とかはあるのでしょうか?

パキシルを飲み始めた時は 頭がぼーっとして2週間くらいつらかったです。

切り替える時は大丈夫でした。

非定型のうつ病にはどんな種類の薬が効果が出やすいと言われていますか?

 

 

 

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご 返信ありがとうございます。

まず副作用ですが、それぞれのお薬特有のものがありますし、その出方にも個人差があるので、一概には申し上げられません。

1年以上デプロメールを服用して効果が出ていないのであれば、今後も同じ処方では改善は期待薄であろうと考えます。

非定型うつ病は、1950年代に既に報告されていたうつ病の亜型です。
当時の抗うつ薬が効かず、モノアミンオキシダーゼ阻害薬(MAOI)が良く効く病型だとされています。
しかしこのMAOIは副作用が強く、現時点では日本で臨床使用が可能なものはありません。

よって、臨床的では、気分安定薬や低用量の抗精神病薬を併用するなどの工夫がなされますが、非定型うつ病に効果が出やすいとまで評価が定まっている薬物療法は現存しません。
ただひとつ申し上げられるのは、相談者様が現在の処方を服用し続けても改善は見込み難いであろうということです。
試行錯誤は必要になってくるでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

現在4週間に1度の通院なのですが 次回は17日です。

先生に薬の変更を聞いてみます。

最初は先生も色々と聞いてくれていたのですが 現在は「いつもと同じ薬でいい?」と聞かれて

わからないので「はい」で終わっています。

診察時間は5分くらいです。

次回は勇気を出してみます。

 

現在 パートで働いており 職場では元気なので うつ病を患っているとは 上司も気が付かないほどです。

友達から誘われれば 自分の好きなことであれば外出できるのですが 帰宅してから疲れが出てきて 涙がこぼれてきて・・・

仕事はこのまま続けるべきでしょうか?

仕事に行かないと ずーっと家の中に引きこもることになりそうなのですが。

仕事の行きは いつも同じ時間に出かけて 帰りは働いている店での買い物だけで 寄り道はできない状態です。

 

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
うつが悪い間は大きな決断を下すな、というのが精神医学界のセオリーで、これは信じる価値がある経 験則だと思います。

経験的にも、相談者様がいまの状態でお仕事を辞めることを決断され、実際に辞めてしまったら、良くなった時に後悔することになる可能性は高いと考えます。

また、経済的な安定が精神的な安定に貢献するという側面もありますから、雇用情勢がよろしくない昨今、職を辞することは賢明なご判断とはいえないかもしれません。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問