JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

鬱の治療に脳内に電流を流す方法が、あると聞きました。どこの病院でできるでしょうか。

解決済みの質問:

鬱の治療に脳内に電流を流す方法が、あると聞きました。どこの病院でできるでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

通電療法、もしくは電気痙攣療法のことを仰っているのだとり理解します。

これ自体は非常に古い治療法ですが、現在でも重症のうつ病の治療などに推奨されています。
基本的には入院で行う治療法法ですので、クリニックでは装置を備えていないことが大半でしょ う。

静脈麻酔で眠った患者様のこめかみにコンセントからとった100Vの交流電流を流して全身に痙攣を起こさせる原法は、多くの精神科病院で行っていますが、歴史的にネガティブなイメージが付きまとっていることもあって、電気痙攣療法を行わない主義で、装置も備えていない病院もあります(西日本ではこうした病院が多くあります)。

手術室で麻酔科医の全身管理のもとに麻酔をかけ、筋弛緩薬を用いて、パルス波に変換した電流を流して痙攣を起こさずに同様の効果を得る「修正型電気痙攣療法」が将来的には主流になると言われていますが、現時点ではこれを行っているのは大学病院かそれに準じた総合病院だけです。

いずれの病院でもホームページなどで電気痙攣療法を行っていることを謳うことは稀ですので、通院可能な場所にある精神科病院、もしくは精神科をもつ総合病院に、電気痙攣療法を行っているかどうかを直接問い合わせる必要があるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
2月12日にNHK特集でうつ病の磁気刺激治療が紹介され、こちらのサイトでも複数のご質問をいただきました。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/120212.html

相談者様が、「脳内に電流を流す方法」ではなく「脳内に磁気を流す方法」をお尋ねになっていたのであれば、施行している病院は以下の通りです。

磁気刺激療法を行っている医療機関

神奈川県立精神医療センター 芹香(きんこう)病院
http://www.kinkou.org/rTMS.html

千葉大学医学部附属病院 精神神経科
http://www.ho.chiba-u.ac.jp/21_seishin.html

杏林大学医学部付属病院 精神神経科
http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/clinic/others01/staff_detail42-338.shtml

金沢医科大学病院
http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hospital/21st/nerve/post-5.html



※NHK特集の放映後、問い合わせが殺到し、芹香病院は治験終了、千葉医大はホームページからの磁気刺激治療の記載を削除しています。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
追補
電気ショック療法 electroshock therapy
http://psychodoc.eek.jp/abare/ect.html

精神科 についての関連する質問