JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

Electroconvulsive therapy

質問者の質問

今年の一月の末、イギリスで私の運転する車で事故をおこし、車は廃車処分でしたが私は右腕かすり傷程度。 でも、その後、声が全くでなくなり、耳鼻咽喉科の受診等もしたのですが何の異常も見つからず、心因性の失声といわれ、カウンセリング等をしていました。でも、本日精神科のDrを受診した際に、3月になってもまだ声がもとにもどらなかったら、Electroconvulsive therapy(すいません。日本語で何て言えばいいのか分かりません。)をしましょうといわれました。Drに言われたときには、あまり考えなかったのですが、家に戻ってからその治療の書類等を読んでいたら、とても不安になってきました。この電気療法?で声が確実に戻ってくるのでしょうか?頭に電気をとうすことで、記憶がなくなったり、何か弊害がひきおこされる可能性はないのでしょうか?もし、日本で失声の治療をする場合、どのような治療法を施すのでしょうか?Bilateral or unilateral をきめる基準は何なんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山です。

結論を申し上げますと、相談者様の場合、電気痙攣療法(ECT:Electroconvulsive therapy、数年前まではEST:Electroshock therapyと呼ばれていました)が適応となるかどうかは、大いに疑問であると考えます。

ECTについては、その歴史や手法が以下のサイトで詳細に整理されています。
http://square.umin.ac.jp/tadafumi/ECT.html
http://psychodoc.eek.jp/abare/ect.html

現在の精神科医療において、ECTの好適応となりうるのは、難治性のうつ病です。
それ以外の疾患に関しては奏効率が薬物療法や精神療法を上回るという証拠はありません。従って、
> 声が確実に戻ってくるのでしょうか?
このご質問に関しては、やってみなければわからない、という程度の確実度であろうと考えます。

> 頭に電気をとうすことで、記憶がなくなったり、何か弊害がひきおこされる可能性はないのでしょうか?
記憶障害はほぼ必発です。実際に、患者様の(病院にとって)不都合な記憶を消すためにこの治療法が行われることが日常茶飯事であった病院もあったほどです。
英国在住ですから、相談者様が受けられるECTは筋弛緩薬を用い、麻酔科医の呼吸管理下で施行される修正型ECTだと思われますので(ですよね?)、骨折を含めた身体的合併症はあまり心配される必要はないでしょうが(麻酔リスクはあります)。

> 日本で失声の治療をする場合、どのような治療法を施すのでしょうか?
脳の言語中枢や喉に原因が無いことが確認された心因性の失声に対しては(この場合の診断は身体化障害:Somatization disorderということになります)、日・米・欧を通じてマニュアル化された標準治療は無いと理解していますが、それでも一般的に薬物療法と精神療法の併用が行われます。
薬物療法はSSRIを筆頭とした抗うつ薬も使用しますが(うつ病の症状が無くても)、個人的には抗不安薬がもっとも有効であるように思われます。XANAXの類のお薬ですね。前頭葉の緊張を和らげ、抑制を緩和するので。
精神療法に関しては、話せないわけですから、一般的なカウンセリングはそのままでは使えませんが、筆談を用いて行われる場合があります。これまた個人的に有効なのは、言語療法です。喉や舌や脳に障害があって発声に難がある方と同じリハビリテーションを受けていただきます。川下から攻めるような方法ですが、身体的なリハビリテーションは身体化障害に関しては有効だと思います。
ただ、総論としては、身体化障害は時間が解決してくれる問題であるという側面が強いように思います。1月末に事故のショックで失声になり、2月中旬にECTの話が出てくるのは、医療制度や相談者様を取り巻く状況も考慮しなければならないのでしょうが、一般論としては拙速に映ります。逆に言うとECTの唯一のアドバンテージは即効性なのですが(有効だった場合の話ですが)。
日本であれば、かなりaggressiveに治療する精神科医であってもドルミカム・インタビュー(XANAXと同系列の眠剤をごく少量ずつゆっくり注射し、患者様を眠るか眠らないかの状態にすることで、身体化障害の症状が消えます。それを患者様が自覚することで、症状が寛解に向かうことがあります。自白剤と同じ原理なのですが)どまりで、ECTまで行うことはないような気がします。

> Bilateral or unilateral をきめる基準は何なんでしょうか?
答を申し上げれば、基準はありませんが、一般的には両側性ECTよりも、片側性ECTの方が合併症としての記憶力障害は少なくなると考えられています。ただ、これはまだ研究段階で、片側性では有効性が劣る、有効性も安全性も変わらない、といった様々な言説があります。
http://sangaku.yamanashi.ac.jp/SearchResearcher/contents/53B21564B7A69151.html

まず、ECTの手法と、期待される有効性と、懸念される安全性について十分な説明を受けられ、納得されてから施術を受けられるのが賢明かと愚考します(と申しますか、普通はそうします)。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ECTの解説ありがとうございす。先週末に自宅に戻ってきましたが、ピアノの弾きすぎと筆談 のやりすぎで、左手が腱鞘炎っぽいです。

私が口を挟めないせいか、全て夫とDrとの間のやり取りで物事が運んでしまう傾向にあるのがとても気になってます。今現在、服用している薬の説明すらしてもらえてません。。その薬が効いているとは思えませんが。。。以前、先生にも報告したと思いますが、一時レイノー症状が消えた期間(たぶん昨年の11月あたり)があったのですが、事故以降、ほとんど毎日手が(つま先も)真っ白です。

もらってきたECTのPaperを全て読んでから、もう一度Come back させてください。手がいたくてタイプするのが容易ではないです。



専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
了解しました。

以前に交通事故が自殺企図だと誤解されているというお話だったと思いますが、うつ病⇒自殺企図⇒自殺を失敗しての失声、というストーリーを組み上げられてしまうとECTが正当化されてしまう可能性があります。
重症うつ病はECTの好適応だからです。

身体化障害ならばECTの適応ではないので、no evidenceの治療ということで突っぱねることは可能だと思いますが。
質問者: 返答済み 5 年 前.
その事が、入院3週目にすごく追求されたことでした。正直、自分で判断できないんです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

正直ベースで「自分で判断できない」のであればECTの絶対的適応ではないと思いますけどね。

ECTの適応となるのは、強い自殺念慮が持続する重症のうつ病なので。

 

もともとうつ病はあったわけですので、いわゆる相対的適応(患者様ご本人が希望されれば医師としては行える)ではあるのかもしれませんが……

質問者: 返答済み 5 年 前.
My DRからは、ECT は、失声の治療としてSuggestionされているのですが。。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ECTが失声に有効かつ安全で、benefitがriskを上回るというevidenceを示すよう要求されるべきでしょうね。

ECTは山火事をダイナマイトで吹っ飛ばして消すような治療法ですので、大概の精神症状には効くので、相談者様の失声にも効くことは効くかもしれません。
ただ原因を究明せずして一時的に症状を取り除いても、再発防止は免れないでしょう(ECTは即効性はありますが、持続は数日~数週間です)。
質問者: 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

今朝は、TherapistのAppoがあり、向こう約2ヶ月半のスケジュールを決めてきました。CBTはしばらくお休み。でも、3つのことをパラレルでやるそうで、一日おきに裏の病院に通わなくてなりません。(事故以来、ピアノのお仕事も全てキャンセルし、3月1日からのフルタイムのお仕事もお断りしてしまったので、時間はたっぷりあるので。。)

でもGood newsは、ECTは考えなくてもよくなりました。そのTherapistに、金曜日に言われたECTのことを伝えると急遽Dr's Consultationをアレンジしてくださり、金曜日のDrとは違うDrと15分くらい時間があり、結局、ECTは忘れてよいことと、お薬をVelafaxine300mgに変えることになりました。(いままでは、Clom。。。250mgだったらしい。。)この週末、もしECTをした際になくなる記憶を懸念して、わたしのMoney gameの運用を自動てきに進むようにプログラムしなおしたのに。。無駄なことをしてしまった気分です。

今さらながらに、感じるのですが、喋る言葉のスピードの偉大さを感じます。同じスピードでタイプすることや筆記することは絶対にできないです。夫いわく、私の喋っていた量が膨大すぎたから、そう感じるだけ。。。との見解も。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
本当にグッド・ニュースです。
と申しますか、やはり第三者が聞けば、「どうしてここでECT?」と感じる状態なのだと思いますよ。

話し言葉の偉大さについては、私もこのサイトで回答するようになってから実感しています(笑)。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問