JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Nyarlathotepに今すぐ質問する
Nyarlathotep
Nyarlathotep, 医師
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 420
65535416
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
Nyarlathotepがオンラインで質問受付中

妻の事で苦しんでいます。 結婚して間もなく12年になります。妻は2006年の初めごろから塞ぎ込むような症状が目立ち

解決済みの質問:

妻の事で苦しんでいます。
結婚して間もなく12年になります。妻は2006年の初めごろから塞ぎ込むような症状が目立ち始め、摂食障害が始まりました。自傷行為もみられました。春に鬱病と診断され、メンタルクリニックで治療を開始しました。夏に職を辞して自宅療養に。

ところが2007年に私の仕事の事で家庭の事情が大きく変わり、家業である会社を手伝うようになりました。かなりストレスがあったのに、他人を雇い入れる事がどうしても不可能で泣く泣く無理をさせていました。そして 2010年の春に爆発してしまい、私はなんとか妻を仕事から離して自宅療養に切り替えました。

これを機に私への態度が豹変しました。以後情け容赦ない責め立てが続き、任せていた家計もできなくなり、そのことを心配して話を向けると逆ギレされ、10月に実家へ帰りました。生活費の受け取りも拒否され、困り果てた末に妻の両親に相談、妻の生活費を毎月親に託すことになりました。その後、妻は自分でアルバイトの仕事をみつけて11月から働くようになりました。

そしてその年の12月に、妻の方から連絡があり、思い直して帰ってきてくれました。以後、家事や夫婦間でのことも含めていっさいの強制はせず、否定もせず、静かな暮らしを心がけていました。ただ、同居しながらも自分の事に干渉されることを嫌い、秘密が多くなりました。生活も別々で自分の事は自分でやるという生活が春まで続きました。

東日本大震災があり、妻の友人が被災したとの事で「支援物資を送りたいからお金を貸してもらえないか?」と言われたので 「いいよ、いくらあったらいい?。」と妻の意向に添うようにしました。でも、その後に私が言った言葉に妻の態度が豹変、つまり「そうそう、○○ちゃんのお父さんに10月11月の生活費を預かってもらっているんだけど、大切にとっておくからって言ってくれてたんで○○ちゃん、それも持っておくといいよ。」となんの思考もなく、ただ善かれと思って言った言葉でした。 しかしこの言葉に以上に反応し、「いまさら返せなんて言えない。あれは迷惑かけたからと両親に渡した」と。 私は「娘が実家に帰って迷惑だなんていう親がある?。だいいちあれは○○ちゃんの生活のために託したお金で、両親にあげたんじゃないよ。○○ちゃん自身働いてお金稼いでいるんだし、両親にたいしてそういう気持ちがあるなら自分の手で少しずつでも返していくのが道理だろ?。僕がどんな気持ちで毎月お金送っていたと思う?。」と、やりきれなくてついそういう言葉を発してしまいました。
そしたら「世間体が悪いからやってたんじゃないの?」と冷たく言われ言葉が出なくなりました。

その直後にこっそり電話して両親が慌ててお金を持ってきて、そのお金を私に叩き返しました。
私は受け取らず「僕に返してくれと言ったんじゃない。○○が持っておくお金だから」と妻に託しました。
そして、「帰ってきてから私生活費もらってない!。」と怒りました。
そうなのです。私は家出から帰ってきた妻に生活費というモノを渡しませんでした。妻自身、「自活」するために仕事を持ち稼いでいましたし、いくら稼いでいるかとか、これからの生活はどうしていこう(生活費と貯蓄の事)とか、何も話ができていなかったし妻にとりつく島もなかったのでした。
私が生活費をこちらから気を利かせて渡さなかったのは申し訳なった旨を詫びたうえで、上記の事を話すもいっさい耳を貸さず、「飢え死にさせる気か」とか「いくら稼いでいるか吐かせるための兵糧攻めか!」とかさんざんに罵倒されました。
そして私への態度が再び辛辣になりました。

そして5月の連休に再び妻は実家へ帰ってしまいました。 どんなに詫びても懇願しても一切耳を貸しませんでした。どうやら妻の両親のほうがカンカンに怒ってしまって娘を私から「引き揚げた」ようでした。
妻の罵倒ぶりは、妻が本来口にしないような汚い表現や妻の性格からは考えられないような陰湿さが目立ちました。私の知らないところで私、又は私の家の悪口を散々吹聴されたのではないかと想像してしまいます。イケナイことですが。。。

そして、私は完全に悪者にされ、離婚を切り出されました。
私は誤解を解きたい一心で、妻の親と話をしましたが、どうにも話が噛み合わず、一方的に悪いと決めつけられているようです。その後、レストランに呼び出され、一方的に離婚を強要され、断って帰ると、数日後に電話で離婚を強要され、とにかく「自分の30代を台無しにした。人生を返して」「とか「とにかく籍を離して」との一点張り。そのときの受け答えは、とにかく結論は先送りにして絶対に相手の刺激にならないように細心の注意を払ったつもりだったのですが・・・。

翌日、妻の母親から私の職場におぞましいまでの内容で脅迫電話がかかってきました。
曰く「あんたなあ! ○○が命断ったらあんたのせいやからな!。あんたあ!ゆるさへんからな!」と。。。

この一月後、法律事務所を通して離婚の申し立てをされ、その離婚の理由が事実を逸脱した内容になっている事に大きなショックを受けました。過去の出来事への認識がどう考えても“歪んでいる”のです。
過去の幸せだった事柄までをも辛かった事になっている。大切に育んできたお二人の思い出が、さんざんな言われようをされて、私は気が狂いそうになりました。

「とにかく、こんなの事実とは違います」と先方の弁護士に話して、結論は待ってもらうようにお願いをしました。

こういう思考になってしまう妻は、そして一向に善くならない妻は本当に鬱病なのでしょうか?。
鬱病にしては“被害妄想”が酷いし、自分への疑問や、している事の非常識さ、後ろめたさの認識が微塵もないのは本来の妻では考えられません。

最近では、「夫と離れて自分は病気が治った」と思っているそうです。

もし本当に治っているなら、お別れしてあげたほうがようのでしょうね。
ほんとうに大切にしてきたんですよ。妻の事は。。。
今でも。。。

でも、そうじゃないのなら、っていうか納得がいかないのです。
だいたいからして親がオカシイです。ふつうじゃないです。豹変の仕方や私への仕打ち、罵倒ぶりが。

もしかして、親もなんらかの問題があるのではないか?と心配しています。
ちなみに、妻は昔にも鬱のような症状を繰り返していたようです。いつか、両親に脳外科に連れて行かれたなどと話していました。 この妻の祖母も躁鬱病とパーキンソンを患い、今は認知症が出ています。

先日NHKで鬱病の新しい治療法の特集を拝見しました。
観ているうちに、妻は鬱病ではなく統合失調症なのではないかと心配になってきました。

とにかく、苦しい。
苦しい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  Nyarlathotep 返答済み 5 年 前.

うつ病でも妄想は現れますし(精神病性の特徴を伴うもの、と呼ばれます)、躁うつ病の家族歴があるのであれば、現在の攻撃性は躁状態によるものなのかもしれません。

統合失調症の可能性については、なんとも言えません。

 

苦しい、とのことですが、これまでの経緯で貴方の行動に問題がなかったわけでもないようですから、ある程度はあちらの言い分にも理はあります。

 

今のあなたの立場で奥さんを病院に連れて行けるとも思えません。

そうとう参っておられるようですから、貴方自身が精神科を受診して、必要なら治療を受けて、困難に立ち向かえるよう気息を整えられるのが良いのではないでしょうか。

Nyarlathotepをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問