JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻が長年、うつ病で悩んでいます。NHKスペシャルでうつ病治療最前線という番組をやっていて、磁気パルス療法や光トポグラ

質問者の質問

妻が長年、うつ病で悩んでいます。NHKスペシャルでうつ病治療最前線という番組をやっていて、磁気パルス療法や光トポグラフィ検査を受けてみたいと言っています。いつも悲しい、虚しい、淋しいという感情が絶えずあると言っています。どうすればいいですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  daikonmochi 返答済み 5 年 前.
はじめまして。奥様の体調についてお悩みのこと、お察し申し上げます。
お答えに当たり、いくつか確認させていただきたいことがございます。

・奥様の「うつ病」とは、いずれかの精神科医師によって診断が確定されたものでしょうか?
・現在、奥様はいずれかの病院に通院していらっしゃいますか?もしそうであれば、現在の治療内容についてご教示いただければ幸いです。薬は何か飲んでいますか?入院治療や電気けいれん療法を受けたことはおありでしょうか?
・奥様の「悲しい、虚しい、淋しいという感情が絶えずある」といった症状は、どのくらい前から始まったものでしょうか?一時明るくなったりまた悪くなったりといった波はありますか?
・病気になる前の奥様の性格はいかがだったでしょうか?振り返ってみると不自然なほど明るくはつらつとしていたような時期があったということはありませんか?
・「毎日、自殺願望があります」というのは危険な状況と言えます。奥様は実際に自分の身を傷つけようとしたことがこれまでありましたか?あるとしたらどのような手段だったでしょうか?
・奥様は、日常生活をなんとかこなせていますか?また、食事や睡眠はきちんととれているのでしょうか?それとも、辛くて寝たきりに近い状態になってしまっているんでしょうか?

以上、細かいことも含みますが、ご教示いただければ幸いです。
というのは、磁気パルス療法にせよ光トポグラフィ検査にせよ、実施できる医療機関は限られており、またすべてのうつ病に対して意義のある手段ではないからです。
専門家:  daikonmochi 返答済み 5 年 前.
別の専門家より、小生の情報リクエストが冗長に過ぎるとの指摘を受けました。大変失礼いたしました。現在の質問内容に基づき、回答させていただきます。

まず、「うつ病」がなかなか治らない理由は3種類に分かれます。

1.うつ病ではない
 一見うつ病のように見えても実際には別の病気である可能性があります。例えば躁うつ病のうつ状態に対して一般的な抗うつ薬を用いるとかえって治りを悪くするおそれがあります。統合失調症の初期もうつ病と区別が難しいことがあります。
光トポグラフィーは、うつ病と躁うつ病や統合失調症を鑑別するために力を発揮する検査です。
ただし実際には、一般的な抗うつ薬による治療がうまくいかない場合には、敢えてこのような精密検査を行うまでもなく、躁うつ病や統合失調症、その他の病気の可能性を視野に入れて、治療方針を再考することが多いです。
そのほか、ご高齢の場合は脳血管障害などの影響でうつが強くなっている場合や、性格や考え方のクセがあって特定の状況で憂鬱になりやすくなっている場合などがあります。

2.うつ病の治療が合理的でない
うつ病の治療としては薬物療法と精神療法があり、標準的な治療法は国際的に確立されています。一つの抗うつ薬で良くなる見込みは50%以下 であり、その場合には処方の変更や他の薬による増強療法が行われます。しかし、例えば抗うつ薬の量が足りなかったり、飲み忘れが多かったりといった理由で、十分な治療効果が得られないことがしばしばあります。
また、精神療法についても様々なアプローチがあり、患者さんの特性に合った治療法を選択する必要があります。
主治医の先生も治療に難渋しておられる状況であれば、一度セカンドオピニオンを求めてみるのも良いかもしれません。

3.難治性のうつ病である
標準的な治療を受けても改善しない難治性のうつ病も残念ながら存在します。2年間治療を続けても治らない患者さんは全体の2割に及びます。
この場合はどうしても治療は手探りにならざるを得ません。電気けいれん療法や磁気パルス療法(経頭蓋磁気刺激療法)の適応についても検討が行われます。
磁気パルス療法は、うつ病の新しい治療法として注目を集めていますが、現時点では治療技法が十分に確立されているとはいえず、研究途上の段階にあります。実施できる施設は限られており、治療成績も一定しておりません。

以上をまとめます。
まず、奥様のご病気が本当にうつ病であるのかどうかをご確認ください。
そのうえで、うつ病の治療内容について再検討を依頼してみてください。
以上を踏まえて、難治性のうつ病である可能性が高いということであれば、磁気パルス療法その他の研究途上の治療についてご検討いただくのがよいかと思います。

最後に、奥様の「自殺願望」が強まっている場合には、精神科への入院が必要になります。またそれとは別に、診断や治療方針の再検討のため一定期間入院して評価を受けるというのも一つの選択肢です。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。
前回答者が「恒久的に退席中」とのことで、回答を継続することはできないようですので、代わって回答させていただきます。
前回答者の最終の回答ご閲覧から少し時間が経っておりますが、まだお役に立つのであれば幸いです。

以下に磁気パルス療法(TMS)や光トポグラフィ検査(NIRS)を行っている医療機関をお示しいたします。

NIRSに関しては検査ですので、前回答者が述べていたような厳しい患者選択は行われません。実施医療機関を受診され、希望すればNIRSによる診断は受けることができます。

TMSは実施医療機関ごとに施行基準が異なりますので、これは受診していただいて、先方の判断を仰ぐという形になります。

NIRSにせよTMSにせよ、NHK特集後の反響がすさまじく、もともと数が少ない医療機関に問い合わせ、受診が殺到し、いくつかの医療機関では受診に制限をかけているようです。
この点については予めご留意ください。

******************************************************
NIRSによる診断が受けられる医療機関

【東京】国立精神・神経医療研究センター
〒187-8551東京都小平市小川東町4-1-1
http://www.ncnp.go.jp/hospital/guide_s_outpatient/detail09.html

【東京】東京大学医学部附属病院
〒113-8655東京都文京区本郷7丁目3−1
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/kokoro/index.html

【東京】東京都立松沢病院
〒156-0057東京都世田谷区上北沢2丁目1−1

【千葉】学校法人日本医科大学千葉北総病院
〒270-1694千葉県印西市鎌苅1715

【群馬】群馬大学医学部附属病院
〒371-0034群馬県前橋市昭和町3丁目39−15
http://hospital.med.gunma-u.ac.jp/?p=561

【福島】福島県立医科大学附属病院
〒960-1295福島県 福島市光が丘1

【新潟】医療法人楽山会三島病院
〒940-2302長岡市藤川1713-8

【栃木】自治医科大学附属病院
〒329-0498下野市薬師寺3311-1

【大阪】近畿大学医学部附属病院
〒589-8511大阪府大阪狭山市大野東377-2

【京都】国立病院機構舞鶴医療センター
〒625-8502舞鶴市字行永2410

【島根】島根大学医学部附属病院
〒693-0021島根県出雲市塩冶町89−1

【鳥取】鳥取大学医学部附属病院
〒683-0826鳥取県米子市西町36-1

【山口】山口大学医学部附属病院
〒755-8505宇部市南小串1-1-1

******************************************************
磁気刺激療法(TMS)を行っている医療機関

神奈川県立精神医療センター 芹香(きんこう)病院
http://www.kinkou.org/rTMS.html

千葉大学医学部附属病院 精神神経科
http://www.ho.chiba-u.ac.jp/21_seishin.html

杏林大学医学部付属病院 精神神経科
http://www.kyorin-u.ac.jp/hospital/clinic/others01/staff_detail42-338.shtml

金沢医科大学病院
http://www.kanazawa-med.ac.jp/~hospital/21st/nerve/post-5.html

※NHK特集の放映後、問い合わせが殺到し、芹香病院は治験終了、千葉医大はホームページからの磁気刺激治療の記載を削除しています。

以上、ご参考になれば幸いです。

精神科 についての関連する質問