JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

鬱病でデプロメールとソラナックス、睡眠剤マイスリイーロプヒノールユーロジンを飲んでいますが、効き目は有るものの後遺症

質問者の質問

鬱病でデプロメールとソラナックス、睡眠剤マイスリイーロプヒノールユーロジンを飲んでいますが、効き目は有るものの後遺症が心配です。光を当てる治療や他の治療法が知りたいです。思い起こすと思春期からその傾向が有ったように思います。現在四十五歳です。新塾区落合にすんでいます。通える良いお医者様と治療法を教えて頂けますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

デプロメール、ソラナックス、マイスリー、ロプヒノール、ユーロジンを服用されているとのことですが、安定剤と眠剤を飲みすぎであるように思われます。
デプロメール以外は依存性がありますし、うつ病が良くなれば不眠や不安も無くなるはずですので、これらのお薬は止めるべきです。
主治医にも、相談者様にも、努力が必要となる過程ではありますが。

抗うつ薬(デプロメール)については、症状が寛解した後も維持療法、具体的には抗うつ薬の服用を継続すべし、というのが最近の治療論の主流になっていま す。

【うつ病の再燃と再発-予防法の実際-】
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_21.htm


現在の標準的な治療としては、抗うつ薬による薬物療法と精神療法としては認知療法が、有効性が確立している治療法です。
抗うつ薬はお薬なので長期的な副作用(後遺症)もありえますが、それはうつ病の治療のためのリスクとして受け入れていただくべきものです(例えば高血圧のお薬も飲み続けなければなりませんし、副作用もありますが、服用し続けるメリットがリスクを上回ると見做されるので服用が正当とされます)。

実験段階の他の治療法となると、それ以上にどんな副作用、後遺症が起こるかわかりません。
従ってそのような治療法は、相談者様のように現行の治療が効く方は対象となりません。現行の治療をどれだけ適切な方法で受けてもうつ病が改善せず、うつ病による著しい不利益を蒙っている難治性の患者様だけがそうした治療の適応となります。

「光を当てる治療や他の治療法」が具体的にどのようなものなのかイメージがつきませんが、もしかすると、一昨日のNHK特集をご覧になられてのご質問でしょうか?
http://www.nhk.or.jp/special/onair/120212.html

精神科 についての関連する質問