JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして 昨年春から、近所の方の叫び声に恐怖をもち、 最近、その方が、お留守の時でも、叫んでるらしい声が、

質問者の質問

初めまして

昨年春から、近所の方の叫び声に恐怖をもち、
最近、その方が、お留守の時でも、叫んでるらしい声が、勝手に耳に入ってきて
「これは・・・ なんで?」と思うようになりました。

自律神経の乱れからの、過敏症?なのか?と
思うようになり、ネットなどで調べてみると、細かい外からの人の声などを敏感に
聞き取るとありました。

どうしたらいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載の症状は、声の主がいない場合にもその方の声が聞こえるわけですから、広い意味では幻聴だと言えます。
少し補足情報をいただけないでしょうか。

■差し支えなければ、相談者様のご年齢と性別を教えて下さい。

■差し支えなければ、相談者様のご職業を教えて下さい。

■既に精神科を受診されているようですが、そこでの診断と治療内容(処方薬の名前とその1日量など)を教えてください。

■持病や常用薬があれば教えてください。

■眠れていますか?

■食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。

■仕事・家事・学業の能率は以前と変わっていませんか?

■趣味や、ご友人との会話などは楽しめますか?

■休日はどのように過ごされていますか?

■この問題について相談できる相手はいますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

追加料金がいるのか心配ですが。

先ほどの金額内でお願いします

 

■差し支えなければ、相談者様のご年齢と性別を教えて下さい。

>47歳、女性   です

■差し支えなければ、相談者様のご職業を教えて下さい。
>専業主婦です。


■既に精神科を受診されているようですが、そこでの診断と治療内容(処方薬の名前とその1日量など)を教えてください。

>昨年一度、動機と震えがでて、「重度に近い精神疲労」と診断されました。

薬は、普段から漢方薬を飲んでいるので、処方は断りました。

そして、「ストレスの場を離れる治療」をして、一ヶ月実家にいました。

が、実家もストレスになり、子供(20歳と、13歳)のことも心配で無理矢理帰ってきました。

■持病や常用薬があれば教えてください。

>15年前に測湾症の矯正手術を受けてから、疲れやすさと、冷えやすい身体です。

過敏性大腸炎もあります。

一昨年は婦人病で子宮もとりました。

今は、大腸炎の時にかかった漢方内科で、いろいろ処方して頂いてます。



■眠れていますか?
>あまり眠れてません。


■食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。

>普段は普通ですが、最近、胃腸の調子が悪く、先日かかりつけ医で
薬を出して頂き、今は、食べれるようになりました。

昨年、事故に遭い、逆流性食道炎を患っています。


■仕事・家事・学業の能率は以前と変わっていませんか?

>元々、疲れやすいため、あまりはかどりません

■趣味や、ご友人との会話などは楽しめますか?

>友人との会話は楽しめますが、なかなか会えずです。

趣味は、今は、やりたいことがありますが、なかなか気持ちが乗らず状態です。

■休日はどのように過ごされていますか?

>休日は、今は、叫んでいるのが隣の方なので、気が落ち着けなくて、

家事をするのは精一杯です。

主人も、地味な人なのでほとんど会話もしません。

■この問題について相談できる相手はいますか?
得にいません。

ただ、先月までカウンセリングを受けてましたが、今は、金銭的に行けてません。


以上、確認させていただけますと幸いです。


専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
では料金分の回答を致します。

相談者様はうつ病を発症されている可能性が高いと思われます。
漢方薬信仰をお持ちなのであれtば治療はそちらでご相談ください。

現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル) における大うつ病性障害(うつ病)の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、うつ病の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、この ようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

次の1)~9)のうち、基本症状である1)と2)の少なくとも一つを満たすことを必須として、他のよくある症 状と併せて合計5つ以上の症状に当てはまり、これらの症状がほとんど1日中、ほとんど毎日あり、2週 間にわたっていること、且つ1)~9)の症状がA~Dを満たす場合に、大うつ病性障害と診断されます。 1) 抑うつ気分:気分の落ち込みを感じる。 2) 興味、喜びの著しい減退:全ての活動に対して興味や喜びを感じない。 3) 体重減少か増加、または食欲減退か増加:この1ヶ月で5%以上の体重の減少か増加がある。 4) 不眠 または睡眠過多:不眠または過眠(10時間以上)がある。 5) 精神運動静止または焦燥:何をするにも億劫で辛く感じ、仕事をするのに時間がかかるようになっ た。または焦燥感でイライラしたりする。 6) 易疲労感または気力の減退:やる気が出ない、すぐに疲れてしまう。 7) 無価値感または罪責感:自分を無価値な存在と感じて自信がなかったり、過度に自分を責めることが 多い。 8) 思考力や集中力の減退または決断困難:考えるのに時間がかかり、決断ができなくなった。 9) 自殺念慮等:生きるのが辛く、死について考えることがよくある。 A. 混合性エピソード(躁うつ)ではない。 B. 著しい苦痛を感じる、または社会的・職業的な機能障害がある(非常につらい、または日常生活に支 障がある) C. アルコールや薬物による作用や身体疾患によるものではない。 D. 死別反応ではない(愛する人を失った後、症状が2ヶ月以内ならば離別反応と考えられます)
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

 

近いうちに、もう一度、一度行くのを止めていた精神科へ行ってきたいと思います。

カウンセリングも受けてみます。

 

鬱病は、数年前にしてます。

そのときも、夫は、うざがってました。

 

今回は、お医者さんと話し、今度精神科にも主人にも同行してもらい

きちんと、

対応してもらいます。

 

 

お世話になりました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご承諾いただけましてありがとうございます。

うつ病の既往があるのであれば、今回もまたうつ病の再発である可能性は高いと考えます。「精神病性の特徴と伴うもの」という、幻聴を伴う病像を呈することがあります。

「うつは心の風邪」というキャッチフレーズで患者様に受診を促すような啓蒙活動がかつて行われましたが(そしてその一定の効用は私も認めていますが)、うつ病に関しては慢性疾患であり、症状が寛解した後も維持療法、具体的には抗うつ薬の服用を継続すべし、というのが最近の治療論の主流になっています。

【うつ病の再燃と再発-予防法の実際-】
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_21.htm


今回はご主人の理解を得られることを祈念しております。
料金は、相談者様が「承諾」されるまでは私には支払われませんのでご留意ください。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご承諾いただけましてありがとうございます。

うつ病の既往があるのであれば、今回もまたうつ病の再発である可能性は高いと考えます。「精神病性の特徴と伴うもの」という、幻聴を伴う病像を呈することがあります。

「う つは心の風邪」というキャッチフレーズで患者様に受診を促すような啓蒙活動がかつて行われましたが(そしてその一定の効用は私も認めていますが)、うつ病 に関しては慢性疾患であり、症状が寛解した後も維持療法、具体的には抗うつ薬の服用を継続すべし、というのが最近の治療論の主流になっています。

【うつ病の再燃と再発-予防法の実際-】
http://www.fuanclinic.com/byouki/a_21.htm


今回はご主人の理解を得られることを祈念しております。

精神科 についての関連する質問