JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

以前はそんのことなかったのに、今は何に対してもやる気が起きず、外に出るのも億劫です。すべきことはたくさんあるので

解決済みの質問:

以前はそんのことなかったのに、今は何に対してもやる気が起きず、外に出るのも億劫です。 すべきことはたくさんあるので、気持ちだけが焦って、まわりと比べてしんどくなり、またやる気がなくなってしまいます。 抜け道がありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

最終的にはご自身で乗り越えなければならない問題であろうとは思います。
ただ、今の相談者様は自助努力だけで現実にまっすぐ向き合っていけるような状態ではないのかもしれません。

少し補足情報をいただけないでしょうか。

■持病や、常用薬があれば教えて下さい。

■ご記載を拝読するに、何かストレスフルな出来事があって急に調子を崩されというよりも、すこしずつじわじわと今のような状態になってしまったという印象でしょうか?

■眠れていますか?

■食欲はありますか? 美味しく食べられていますでしょうか。

■家事・学業の能率は以前と変わっていませんか?

■趣味や、ご友人との会話などは楽しめますか?

■休日はどのように過ごされていますか?

■この問題について相談できる相手はいますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
・何もやる気が起きなくなった頃から、アレルギーのような皮膚しっしんが続いています。アレグラというお薬をもらっています。


・1年~半年ほど前から少しずつです。急ではないです。


・眠れますが、寝たい時には寝れなくなりました。
 まる1日寝てしまい、まる1日起きてしまうようなことがよくあります。
 恥ずかしながら、コントロールができないのです。


・食欲はあります。
 規則正しくはなくとも毎日ほぼ3食食べてい ます。
 以前は料理が好きでしたが、今はコンビニごはんばかりです。


・勉強は集中力がなくなり、全く続きません。以前はどちらかというと勉強熱心でした。
 家事は、やらなければという気だけで焦っても、無気力でなかなか手につきません。
 他人にこの状態がばれたくないので、家に招かなくなりました。


・趣味だった洋画を見たいとも思わなくなり、旅行にもあまり乗り気でなくなりました。何をするのも面倒に感じてしまいます。
外出するのが嫌で、友人との約束も億劫です。たまに同窓会など、気を許せる相手うちと会うときは割とリラックスでき、活力になります。
内定者同士の集まりなど、新しい場に行くと、自分が劣っているようでしんどいです。



・休日は家にいることが多いです。17時起床といったこともよくあります。


・相談相手はいません。なので昼間はテレビをつけたり、たわいもない話で電話をしたり、気は紛れるのですが、夜、涙が止まらない時はどうしていいかわかりません。今まで母親に何でも相談していたのですが、完全に心を許せる人はいません。

彼氏といるときは楽しいのですが、彼は元気な私が好きなので、本質的な話はできません。相談にのってくれるタイプではないので。
兄弟、親戚とは価値観が合わず、距離を置いています。
友人には、恥ずかしくて相談できません。両親がいないから、かわいそうと思われたくないし、精神的に幼いとか弱いと思われることが怖いです。
両親が亡くなったことさえ秘密にしている友達が多いです。



精神科や心療内科にお世話になったことがなく勝手が分からず
質問があいまいですみません。


私はこの状況から抜け出したい気持ち、焦りはあります。
どうしたらいいのかが分からないのです。
せっかく就職できたのに、このままで仕事ができるか不安で、なんとかしたいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
・何もやる気が起きなくなった頃から、アレルギーのような皮膚しっしんが続いています。アレグ ラというお薬をもらっています。


・1年~半年ほど前から少しずつです。急ではないです。


・眠れますが、寝たい時には寝れなくなりました。
 まる1日寝てしまい、まる1日起きてしまうようなことがよくあります。
 恥ずかしながら、コントロールができないのです。


・食欲はあります。
 規則正しくはなくとも毎日ほぼ3食食べています。
 以前は料理が好きでしたが、今はコンビニごはんばかりです。


・勉強は集中力がなくなり、全く続きません。以前はどちらかというと勉強熱心でした。
 家事は、やらなければという気だけで焦っても、無気力でなかなか手につきません。
 他人にこの状態がばれたくないので、家に招かなくなりました。


・趣味だった洋画を見たいとも思わなくなり、旅行にもあまり乗り気でなくなりました。何をするのも面倒に感じてしまいます。
外出するのが嫌で、友人との約束も億劫です。たまに同窓会など、気を許せる相手うちと会うときは割とリラックスでき、活力になります。
内定者同士の集まりなど、新しい場に行くと、自分が劣っているようでしんどいです。



・休日は家にいることが多いです。17時起床といったこともよくあります。


・相談相手はいません。なので昼間はテレビをつけたり、たわいもない話で電話をしたり、気は紛れるのですが、夜、涙が止まらない時はどうしていいかわかりません。今まで母親に何でも相談していたのですが、完全に心を許せる人はいません。

彼氏といるときは楽しいのですが、彼は元気な私が好きなので、本質的な話はできません。相談にのってくれるタイプではないので。
兄弟、親戚とは価値観が合わず、距離を置いています。
友人には、恥ずかしくて相談できません。両親がいないから、かわいそうと思われたくないし、精神的に幼いとか弱いと思われることが怖いです。
両親が亡くなったことさえ秘密にしている友達が多いです。



精神科や心療内科にお世話になったことがなく勝手が分からず
質問があいまいですみません。


私はこの状況から抜け出したい気持ち、焦りはあります。
どうしたらいいのかが分からないのです。
せっかく就職できたのに、このままで仕事ができるか不安で、なんとかしたいです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。
大変参考になりました。

ご自分でもうすうすお気づきかもしれませんが、相談者様は典型的なうつ病の症状を呈しておられます。
このままの状態で新しい環境に入っていき、新しい仕事を覚え、本来のパフォーマンスを発揮していくのはとても難しいことでしょう。

身体疾患(例えば甲状腺機能低下症)を基盤にうつ状態を呈することもありますが、現時点では、優先順位としては、できるかぎり速やかに、精神科/心療内科を受診されるべきかと存じます。
うつ病の治療には、一定の効果が現れるまでに6~8週間を要しますので、すぐに治療を始めなければ4月に間に合わなくなる可能性があります。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
現在、精神科領域でもっとも一般的に用いられているDSM-IV-TR(精神疾患の診断・統計マニュアル)における大うつ病性障害(うつ病)の診断基準を以下にお示ししておきます。

本来、うつ病の診断はこのようなチェックリストに当てはめて考えるべきものではありませんが、このようなネット相談では使い勝手がいいので。あくまでご参考まで、ですが。

次の1)~9)のうち、基本症状である1)と2)の少なくとも一つを満たすことを必須として、他のよくある症状と併せて合計5つ以上の症状に当てはまり、これらの症状がほとんど1日中、ほとんど毎日あり、2週間にわたっていること、且つ1)~9)の症状がA~Dを満たす場合に、大うつ病性障害と診断されます。
1) 抑うつ気分:気分の落ち込みを感じる。
2) 興味、喜びの著しい減退:全ての活動に対して興味や喜びを感じない。
3) 体重減少か増加、または食欲減退か増加:この1ヶ月で5%以上の体重の減少か増加がある。
4) 不眠 または睡眠過多:不眠または過眠(10時間以上)がある。
5) 精神運動静止または焦燥:何をするにも億劫で辛く感じ、仕事をするのに時間がかかるようになった。または焦燥感でイライラしたりする。
6) 易疲労感または気力の減退:やる気が出ない、すぐに疲れてしまう。
7) 無価値感または罪責感:自分を無価値な存在と感じて自信がなかったり、過度に自分を責めることが多い。
8) 思考力や集中力の減退または決断困難:考えるのに時間がかかり、決断ができなくなった。
9) 自殺念慮等:生きるのが辛く、死について考えることがよくある。
A. 混合性エピソード(躁うつ)ではない。
B. 著しい苦痛を感じる、または社会的・職業的な機能障害がある(非常につらい、または日常生活に支障がある)
C. アルコールや薬物による作用や身体疾患によるものではない。
D. 死別反応ではない(愛する人を失った後、症状が2ヶ月以内ならば離別反応と考えられます)
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問