JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私はうつ病になって3年半になります。 その間にも治りかけてはいましたが、再発をして、この2年間は休職と復職を繰

解決済みの質問:

私はうつ病になって3年半になります。

その間にも治りかけてはいましたが、再発をして、この2年間は休職と復職を繰り返して、復帰して5ヶ月近くになりますが、休みがちな日もあります。頭が重くなり、モヤモヤ感が残っていて、スッキリしません。

また、療養する事ことですし、傷病手当金も満期まで使用をして金銭的にも厳しいです。

前向きにやりたいのですが、限界なのかなって思っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

うつ病がすっきりと治りきらない要因は、不十分な薬物療法と不十分な精神療法と相場が決まっているのですが……

少し補足情報を下さい。

■差し支えなければ相談者様の年齢を性別を教えてい ただけますか?

■最高用量のそれぞれ半分ずつの抗うつ薬(ジェイゾロフトとアモキサン)を2剤併用していますが、特別な理由はあるのでしょうか。また、そういったことを聞きやすい主治医ですか?

■薬物療法以外に精神療法を受けていたら内容を教えて下さい。例えばカウンセリングならば頻度とテーマ。認知療法を紹介されたことはありますか?

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生

 

お世話になります。鈴木と申します。

 

年齢は27歳、男です。抑うつ状態を和らげるためにジェイゾロフト1日に2剤、アモキサンは1日に夕食後1剤、寝る前に2剤という感じです。

 

カウンセリングは経過の状態はどうかとか、2週間に1回行なっています。

 

一度、復職支援プログラムに参加して認知療法も受けました。

 

宜しくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

やはり、治療が不十分だと思います。

 

まず薬物療法ですが、抗うつ薬は単剤使用が基本です。
ジェイゾロフトを使うのであれば、最高用量の100mgまで増量し、4~8週間は様子を見る必要があります。それで効かなければジェイゾロフトは漸減・中止して、同時にアモキサンを開始・増量していく、というのが抗うつ薬の使い方の基本中の基本です。

 

現在の処方だと、ジェイゾロフトの効果も中途半端、アモキサンの効果も中途半端で、うつを持ち上げきれない、支えきれないという結果になっている可能性があります。

 

このような中途半端な治療のためにうつ病が良くなりきらずにいる患者様は少数派ではありません。

実は、日本うつ病学会が調査した結果、日本のうつ病患者様のうち、適切な治療を受けているのは25%に過ぎないことが判明したのです。このことを考えると、病院選びには慎重になるべきでしょう。
この時の毎日新聞の記事を以下にお示しします。毎日新聞のWeb版からは既に記事が削除されていますので、その全文をアーカイブしてあるブログの記事です。最後の6箇条は良医選びに大いに参考になると思います。


うつ病:適切な治療を受けているのは1/4 http://118.82.92.190/blog/archives/2008/09/_10_3.html

 

次に認知療法ですが、これは一度行ったからといって認知を変えられるような単純な治療法ではありません。

何しろ、長年に渡って染みついた自動思考を正していかなければならないのです。継続的に自習を行い、常に認知を補正する努力が必要です。

 

経験的には、年単位でうつ病を引っ張ってしまった患者様が社会復帰するには、薬物療法も精神療法もきっちり行う努力があります。

休職中に衰えてしまった体力や、精神的な体力(対人ストレスへの耐性)など、リハビリ的な対応で取り戻していかなければならないものもあります。

 

うつ病の患者様に頑張れと言うのは禁忌……というのは急性期だけに通じるおまじないです。

相談者様くらい回復し、しかし完全回復には至らない患者様は、このあたりが頑張りどころだと愚考致します。頑張り過ぎてもつぶれてしまうので加減は大切ですが。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫山先生

色々とアドバイスをして頂きありがとうございます。
主治医の先生に言ってみようと思います。

本当にありがとうございます。

鈴木

精神科 についての関連する質問