JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

長いお話ですが聞いていただけますか?統合失調症と思しき故人である姉の話です。もう15年も前の話ですが、当時、姉(42

解決済みの質問:

長いお話ですが聞いていただけますか?統合失調症と思しき故人である姉の話です。もう15年も前の話ですが、当時、姉(42歳)がある霊能師のところへ行った帰り道、そこの神仏と名乗る者の声が聞こえた!!から始まり、24時間の脅しや威嚇する声に苦しみ、自分の魂を抜かれる、貴女にも危害を加えると脅すから自分には近づくな、知り合いとテレパシーで相談してるとか、訳のわからない切羽詰まった様子で夜中に電話がありました。病院にいくことを提案したら、私をシャットアウトして12年の歳月が流れてしまいました。その間接触を試みても避けられ、出産育児と夢中だったこともあり姉の存在も遠くなっていました。13年目にしてやっと電話には出るようになったのですが、気持ちが拒否してるから、会えるようになるまで待ってて欲しいと、落ち着いた様子で話してくれました。その後は遠距離ということもあって、数か月に1度電話することが安否確認となり近況くらいは分かるように。
ところが、突然真夜中に、私が呪っているかのような恨みの電話がかかり、苦しいからやめろというのです。私はあまりの変わりようと、姉からの絞り出す声の恨みの内容に衝撃を受け、耐えられない姉への恐怖でいっぱいとなってしまいました。自宅に一人でいられず、電話が怖いので線を引きぬき、バカバカしいことに、姉には本当に魔物でも取り憑いてしまたのではないかと錯覚していたのだと思います。それから数日後、実家の父から泣いて電話があり、姉の悪性リンパ腫の末期で、余命が短いと医師からの連絡があったというのです。時々連絡をするのですが、留守か居留守かもわからず、たまに出ると元気だというので、病気だなんて全く知らなかったので信じられないといってました。医師曰く、半年前に当院を受診、検査の結果判明したのですが、大学病院へ紹介したが、化学療法の同意が得られず、その後は一度も行っていないとのことでした。初めに診断した医師のもとへ行った姉は、変色した両下肢からリンパ液?が流れ、5リットルの復水を抜いたそうです。内臓にも浸潤し、明日亡くなってもおかしくない状態だったそうで、緩和のみでしたので、無理やり姉に実家の連絡先を聞き出したそうです。誰にも打ち明けず、病気を秘密にし、漢方薬 を飲んでいたそうです。
姉はその数日後に亡くなったのですが、父から連絡後、病院にいくと姉は車椅子で私から逃げるのです。忌み嫌うような顔をして・・私も先の衝撃から立ち直れず姉が怖く、悲しみと疑問と驚きと恐怖心とで姉に近づくことができませんでした。
それが最後の姿でした。なぜなら、私も早期のがんで、入院・手術のため、翌日には入院が決まっていたからです。何故こんなことになったのか、15年もの間、姉に何が起こっていたのか訳がわからないまま逝ってしまいましたし、一人の友人パートナーもなく、パートも退職し、社会から孤立していたことも分かりました。亡くなって4年半・・直後からやはり姉は精神病だったのではないのかと、ネットで検索し、たどりついたのは統合失調症でした。15年前の出来事の1年前位から、多弁で、こんなに喋るなんて随分ハイなんだな、と感じたことが二度ほどありました。社交性はなく、純粋で、頑固で、社会性に乏しい面も多々ありました。姉はもともと風変わりで、インドに半年~1年くらい何処かのアシュラムで瞑想するような人でした。幻視は少なかったようですが、幻聴に悩まされ、隣家の人に陰性的な被害妄想を持ち、若いころより思考も現実離れしたようなは?て、いうようなことを言ったり、生前は再燃したのか脳転移を起こしたのか、末期の症状で脳障害をおこしたのか分からないのですが、統合失調症だったのだはないでしょうか?
私はPSWを目指し、学ぶほどに確信するのですが、本当はどうだったのでしょう。
今も、あのとき妄想の世界の私は姉にどんな仕打ちをして、姉をつらい目にあわせたのか?
結局、恨みごとのことばだけ残り、死に目にも会えず、誤解だ、待ち続けた、大好きだったと伝えることもできなかったこと、もっと踏み込めば良かったと悔やまれます。当時は精神保健に全く無理解で、遠い世界のことだと思っていました。まさか精神を病んでるとは思いつきませんでした。更年期かもしれない、ないだろうけど、診療内科?の線も?くらいでした。どこに相談してよいかも分からず、霊がどうとかの本を読んでみたり、それらしい人に聞いてみたり・・よい知恵が見つからずどうしてよいかわかりませんでした。今もぐるぐる考え始めると、息苦しく動悸がして、声あげて泣かずにいられなくなってしまいます。教えてください。姉に何が起こってたのでしょうね?
そして、私の悶々とした気持ちはどうしたら据えどころがみつかるのでしょうか?
私も精神科に行くべきでしょうか?日常生活に支障はないです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

お姉様が統合失調症を患われていた可能性は高いでしょう。

一般の方々が精神疾患について十分な知識を持っていることは稀で、むしろ不適切な偏見を持っているのが普通ですから、相談者様のお姉様に対する言動が平均的なご家族の対応を外れたものだとも思いません。

相談 者様がご自分のお気持ちにどのように整理をつけられていくかは、これは相談者様の問題です。思い当たる症状があるのであれば心療内科はお役に立つかもしれませんし、話を聞いてもらいたいということならばカウンセリングルームを訪ねられるべきでしょう。
PSWとして活動され、少しでも患者様のご家族に精神疾患について知っていただくことも「贖罪」になるかもしれません。
すべては相談者様次第です。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問