JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります。 早速ですが、半年ほど前にパニック発作が発生し病院へ通っております。 通院後、薬を投与され発作

解決済みの質問:

お世話になります。
早速ですが、半年ほど前にパニック発作が発生し病院へ通っております。
通院後、薬を投与され発作はいまだ起きておりません。
ここ一か月位朝寝汗をかくことがあります(2度寝の時など)主治医の先生に相談したところ関係ないと言われましたが寝汗は関係ないですか?
あと、テレビで鬱の人に耳から光をあてると良いと言っておりましたが、パニック障害にも効果ありますか?逆効果になる事はないですか?
ご返信お願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

回答する前に少し補足情報を下さい。

■半年前のパニック発作は1回きりですか? それとも、半年前まで何度か発作が起きていて、治療後は症 状が出なくなったということでしょうか。

■半年前のパニック発作の症状や、それが起きた状況を具体的に説明していただけますか?

■薬物療法の内容を教えていただけますか?

■差し支えなければ、相談者様の年齢と性別を教えていただけないでしょうか。

■寝汗以外に、暑がりになった、動悸がする、体重が減ったというようなことはないでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。

ちなみに、うつ病においてもパニック障害においても、耳に光を入れるという治療法は少なくとも標準的な治療方法としては確立・認知されていないと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

43歳です、男性です。最初の発作は大学時代に映画館で不安に襲われました。通院しメイラックスを半年位飲んでいました。

次は三十代に車でトンネルを走っていて不安になり通院しセルシンをもらいました。セルシンは一度のんで常備だけしてほとんどのんでいませんでした。

去年7月頃夜急に眠れなくなり、汗がでて強い不安感を感じ翌日今のクリニックに行きました。

薬は1日3回セディール10mgコレミナール4mg 寝る前にマイスリー10mg1錠 ジェイゾロフト25mg2錠 メイラックス1錠です。暑がり、動悸、体重減は今のところないです。

今の主治医があまり話を聞いて貰えず毎回 調子はどう?だけなので色々聞いて貰えないのでよろしくお願いいたします。

 

また、先程の耳に光の機械を購入してしまいましたが使用して大丈夫ですか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

耳に光の機械、というのはこれのことですかね?

【Valkee】
http://stresscare.net/news/4584/

最近このサイトでも「ホンマでっか!?TV」で紹介されていた治療法に関してのご相談を受けることが増えてきました。
冬季うつ病に対する光療法の有効性は確立されていて、これはそれをより効率的に耳孔から行う、というコンセプトで作られたデバイスのようです。
そもそもパニック障害に光療法が効くという理論が提唱されていないので、効果のほどは判じかねますが、悪い方向に働くことはないと思います。
脳のサーカディアン・リズムを補正するという意味では、日中の太陽が出ている時間に使用し、逆に夜は使用しない方がよろしいかと存じます。

質問を重ねて恐縮ですが、メインのご質問内容だったかと思いますので、もう一度確認させて下さい。
最初のご質問文では「ここ一か月位朝寝汗をかくことがあります(2度寝の時など)」ということだったかと思います。
これは、「去年7月頃夜急に眠れなくなり、汗がでて強い不安感を感じ」とは別の症状でしょうか?
つまり、半年前の夜に不眠、発汗、不安感を覚えてクリニックを受診され、それ以来明らかなパニック発作は現れていないけれども、ここ1ヶ月寝汗をかくようになってきた、という理解でよろしいですか?
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

はい、そうです。発作は起きていません。寝汗は下半身がおもです、寝起きが悪い感じです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご承諾ありがとうございました。

2つの考え方があると考えます。

1つはパニック発作の部分症状として発汗が亢進しているという考え方です。発汗自体はパニック発作の診断基準の1つです。

【パニック発作の診断基準】

強い恐怖または不快を感じるはっきりと他と区別される期間で、その時、以下の症状のうち4つ(またはそれ以上)が突然に発現し、10分以内にその頂点に達する。

  • 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
  • 発汗
  • 身震いまたは震え
  • 息切れ感または息苦しさ
  • 窒息感
  • 胸痛または胸部不快感
  • 嘔気または腹部の不快感
  • めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
  • 現実感消失(現実でない感じ)、または離人症状(自分が自分でない感じ)
  • コントロールを失うのではないか、または気が狂うのではないかという恐怖
  • 死ぬのではないかという恐怖
  • 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
  • 冷感または熱感
パニック発作が改善するとともに、上記の診断基準を完全には満たさなくなったり、再発時に完全には基準を満たさない「不全型」のパニック発作が現れることがしばしばあります。
ただその場合、夜間に限定して汗をかくということはあまり無いように思います。

もうひとつは、お薬の影響です。
例えば、ジェイゾロフトの副作用で寝汗が出ることがあります。
寝汗のことが無くとも、少しお薬の種類が多すぎるような気がします。かつてはメイラックスやセルシンの一時的な服用で年単位の寛解が維持できていたのに、今回の発作に対してこんなにたくさんのお薬を飲まなければならない理由がどうにもわかりません。
ジェイソロフト以外は全て安定剤が眠剤ですが、これらは睡眠の質を悪くするので、このことが寝汗に関連している可能性もあろうかと思われます。

眠剤や安定剤は依存性の問題もありますので、早目に整理してもらった方がよろしいかと愚考いたします。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問