JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

父がうつ病になり、15年以上薬を服用しております。 先日、風邪をひき、市販の風邪薬を飲んだところ、 すぐ(一日ぐ

解決済みの質問:

父がうつ病になり、15年以上薬を服用しております。
先日、風邪をひき、市販の風邪薬を飲んだところ、
すぐ(一日ぐらい経 過後)に手足などが震え始め、一週間くらいしてから、
意識が朦朧とし、体に力がはいらず、食事・水も一切とることが、
出来なくなりました。

近くの総合病院へ運んだのですが、心療内科がないため、入院拒否をされました。
ただ、体が日に日に衰弱してきているため、家にもどすこともできず、
本日は、病院に止めて頂いている状況ですが、明日にでも、出るように言われました。

こういった場合は、どこの病院・診療所を頼れば良いのでしょうか?

疑問は、15年以上服用しているのに回復しないのは何が原因なのか?
服用材と風邪薬 の因果関係は調べてくれいのか?
やはり、対応可能な総合病院へ連れて行った方が良いのだろうか?

何分、離れて暮らしているため、兄弟から聞き取りした内容で、
曖昧なことが多くて申し訳ありません。

ネットでいろいろ検索しておりましたところ、当ページを見付け、
投稿させていただきました。
何か手がかりになるアドバイスが
いただけませんでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

ご記載のような状態ですと、とにもかくにも全身管理が必要なので、現在入院している病院の対応は正直いかがなものかと思われます。

ただし、抗うつ薬と風邪薬の飲み合わせ、もしくは抗うつ薬と感冒症状による全身状態の悪化ということになれば、悪性症候群やセロトニン症候群という少々特殊な病状も考慮に入れなければなりません。

いずれにせよ、ベストなのは精神科がある総合病院への入院ということにはなるでしょう。

少し周辺情報をいただけないでしょうか。

1) 15年間回復していないというのはうつ症状のことでしょうか? どの程度の症状が続いていたのでしょう?

2) 現状難しいとは思うのですが、お父様が服用されていた精神科のお薬の内容だけでもわからないでしょうか? できれば1日量もわかると参考になります。

3) 同様に、服用された風邪薬の名前はわからないでしょうか。

4) お父様は他に持病や、常用されているお薬はなかったでしょうか。

5) 現在の病院で受け入れてくれないのは何か特別の理由があるのでしょうか?

6) もともとかかっていた心療内科の主治医とは連絡がとれていますか?

以上、確認させていただけますとさいわいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1) 昔より無口であったのものの、無口。

   ストレス解消は、お酒。40代より、たばこ。

   40代後半からと記憶しており、現在65歳。

60歳で定年退職してからは、殆ど出かけることなく、一日寝ているか、テレビを見ている。勤務時代も、土日は似たような生活。唯一、ゴルフを時々おこなっていたが、最近は少なくなっているようです。 畑もあるため、運動がてら作業を進めても動く感じは無しであるし、無反応。

   

   正月あけに、風邪をこじらし、また便秘も重なったのか、風邪薬と便秘薬を服用後、

   手が震えはじめ、1週間後には、起き上がれなくなる。2週間経過の現在では、衰弱がひどく、食事も水さえも摂取しておらず、便通もないため、近くの総合病院へ連れてゆく。  

 

2) うつ病の処方:デパス フクマチール アナフラニール 

3) 最近服用した薬:ジキニン(風邪薬) コーラック (便秘薬)

4) 血圧の薬: カデゥエット4 イコサテント酸エチル600mg (朝晩)

5) 以前は、精神科がありそこに父は通院していましたが、現在はなくなり、その時に、

  別の診療科を推薦されてそこへ通院していました。

  拒否された主な理由は、科がないためであるとのこと。

  また、別の病院への推薦を依頼しましたが、その後責任を追及されても対処できない

  との理由で、次の総合病院への推薦をして頂けないとのこと。

 

  本日診察してくれた医師がおっしゃられるには、長年の服用の蓄積と、最近 摂取料を

  規定以上に服用しているのではないかという判断でした。

  うつ病の薬の服用をやめるようにいわれたとのこと。

 

6) 未診察。

  異常が見られるようになってから(1月上旬)に、薬をもらいにいくのを兼ねて、

  25日に予約していたが、状況がすでに悪化したため通院することができずにいる。

 

  話によると、診察はほとんどしておらず、薬をもらいにいっているようである。

  診察

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございました。

最初のご相談文にあったご質問にお答えいたします。

> 15年以上服用しているのに回復しないのは何が原因なのか?
診察を受けられていないからでしょう。
うつ病はお薬さえ飲んでいれば治るという病気ではありません。薬物療法を中心に治療を行う場合でも、状態に応じて内容の変更や量の調整は必要です。
処方を拝見するにずいぶんと古い、副作用が強いお薬が用いられているようです。専門家の診察を受けられていれば、安全性の高い、新しいお薬への変更が検討されていたかもしれません。
少なくとも、15年間同じ薬を同じ量、漫然と服用していても改善しないのは、それほど驚くべきことではありません。

> 服用材と風邪薬の因果関係は調べてくれないのか?
ジキニンにも色々な種類があるようですが、
http://www.zenyaku.co.jp/product/dickinin/index.html
成分を見渡す限り、お父様が常用されているお薬と飲み合わせの悪いものは無さそうです(薬局でジキニンを購入する際にお薬手帳は提示されたでしょうか?)。
むしろ、ジキニンを服用する理由となった「風邪をこじらし」たことの方が大きく影響しているかもしれません。
最初の情報リクエストでも触れましたが、もっとも危惧されるのは悪性症候群と呼ばれる向精神薬の副作用です。
http://www.mh-net.com/lecture/fukusayo/nms.html
上記サイトにもあるように、お父様が服用されていたドグマチール(フクマチールではないと思います)もアナフラニールも悪性症候群の原因となりうるお薬です。
高齢者の場合、それまで何事もなく服薬していたのに、風邪をひくなどして脱水状態を呈すると薬剤の量や種類が変更されなくても悪性症候群を呈することがあります。
お父様が呈された、「手足などが震え」、「意識が朦朧とし」、「体に力がはいら」ないという症状は、少なくとも悪性症候群に矛盾しない症状です。
もし悪性症候群を呈していて、適切な処置がなされていないのであれば、生命の危険がございます。

> やはり、対応可能な総合病院へ連れて行った方が良いのだろうか?
悪性症候群でなかったとしても、全身状態が極めて悪いわけですから、対応可能な総合病院に転院すべきでしょう。
現在の病院の、転院先の紹介すらしないという対応はあんまりですが、精神疾患に対するもっとも強い偏見をもっているのはしばしば医療者ですし、精神科のお薬というのは他科の医師にとっては時にかなり「怖い薬」のように受け取られるもののようです。
悪性症候群という最悪の事態を想定すると、全身管理が必要になりますので、総合病院で、かつ精神科を有した医療機関への入院が必要だと思われます。
紹介状は、25日に予約していた「主治医」に作成していただくべきでしょう。精神科医ではなく、お薬の処方をしていただけとはいえ、それなりの責任は果たしていただくべきです。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問