JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14258
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

現在、高校1年の女子を持つ親です。昨年11月中旬ごろより、不登校になりました。 本人の話を聞き「対人恐怖症」ではな

解決済みの質問:

現在、高校1年の女子を持つ親です。昨年11月中旬ごろより、不登校になりました。
本人の話を聞き「対人恐怖症」ではないかと考えました。娘が幼稚園児の頃より私が厳しく育てて
いたり、先回りをして私が手を出したりしていました。3歳年下の弟に手を焼いていたり慣れない子育ての為、子供の目線で見れていないことがありました。今ふりかえると、激怒すると脅す様に手を上げてしまうこともありました。そのことが、今の状態に影響していると思います。克服するには、どうしたら良いのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。
大学病院在籍時は児童・思春期症例を診察するグループで臨床と研事していました。

少し補足情報を下さい。

1) お嬢様の不登校が対人恐怖によるものだとお考えになるのは具体的にはどういう子とがあったからでしょう?

2) お嬢様は学校に行けない理由をご自分ではどのように説明されていますか?

3) 不登校以外に対人恐怖らしき症状や言動は認められるでしょうか。

4) 学校での様子はいかがなものだったのでしょう。学業成績は?いじめなどは確認されていませんか? 担任教師はどのような見解でしょう?

5) 中学校の頃は特に問題なく学校生活を送られていたのでしょうか。

6) 現在、学校に行かずにどのように過ごされているのでしょう。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1)昨日、じっくり娘と話しました。家族のような親密な人には、何の抵抗もないですが、親戚、学校の顔見知りの人に対しては、非常な不安が広がり、抵抗感があると判明しました。

2)回答1にて、お答えしたように、顔見知りの生徒に対して、自分がどのように見られているか心配が広がり、非常に、疲労困ぱいするようです。

3)知り合いの人に対して、逢いたくない、話したくないようです。というのは、2)と同じように自分がその人にどのように見られているか、心配で心配で、疲れるようです。当然、話もできません。

4)何人かの話せる生徒はいますが、非常に親密な友人はいないようです。少し、孤立感があるようです。学業は、芳しくありません。いじめはないようです。

5)中学から、少し休みがちになりました。小学校に兆候があったようです。

6)寝たり、携帯をしたり、I-PODを聞いたりしています。時折、勉強もしているようです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

ご家族のような親密な方、そして全く見ず知らずの他人との接触には比較的抵抗を覚えず、「中間距離」の、クラスメイトや知り合い程度の他人との接触に不安や緊張を覚えるのは典型的な対人恐怖の距離感です。

ひとつ確認ですが、「自分がどのように見られているか心配が広がり」ということですがこれは例えば、自分の容姿や体臭が気になるということではなく、単純な対人緊張なのでしょうか?

授業中に教師に指名されて発言する、クラスメイトと一緒にお弁当(給食でしょうか)を食べる、等の場面に緊張を覚えることはないのでしょうか。

質問を重ねて恐縮ですが、確認させていただけますと幸いです。
 
質問者: 返答済み 5 年 前.

○単純な対人緊張です。

○教師に指名されると、やや高めの緊張はあるようです。一緒に食べると、少し緊張感を覚えていたようです。

よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
追加情報ありがとうございました。

かつてわが国で対人恐怖と呼ばれていた疾患概念は、現在最も広く用いられている精神科疾患の診断基準であるDSM-IV-TR(アメリカの診断基準です)では、社交不安障害(SAD)と妄想性障害に分けられます。

ここまでの情報からは、お嬢様に社交不安障害(SAD)の診断が付く可能性が高いと思われます。
以下にSADのポータルサイトを2つお示しします。
両サイトとも、SADを診療可能な医療機関の検索が可能です。

【SAD(社会不安障害・社交不安障害)総合情報サイトSAD NET】
http://www.sad-net.jp/

【社交不安障害(SAD)情報サイト】
http://utsu.jp/sad/

SADの場合、公の場に出ると不安が高まる⇒そういう状況を回避するようになる⇒ますます人前に出ることが苦手になって、いざ冠婚葬祭などのやむを得ない事情で不特定多数の人と接触した場合に不安症状が強く出る⇒さらなる回避行動(たとえば退職、退学、引きもこり)に至る、という悪循環に陥りがちです。
お嬢様の場合は既にそうした循環に陥りつつありますから、一刻も早く精神科/心療内科受診をされるべきと愚考します。

ちなみに、あまりこれまでの相談者様の育て方に問題があったのではないかと気に病まれる必要はないと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

念の為の追補ですが、自力だけで克服するのは、事ここに至っては難しいと思います。
もちろん、治療のためにはご本人の努力を必要としますが、登校の妨げとなっている不安・緊張を薬物療法で和らげる必要があります。
その後に、行動療法の一環として登校を心見られるべきでしょう。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14258
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容にご不明な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問