JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして、精神科受診歴13年ほどのものです。現在41歳です。統合失調症で入院を2度経験し、平成16年より障害厚生

解決済みの質問:

はじめまして、精神科受診歴13年ほどのものです。現在41歳です。統合失調症で入院を2度経験し、平成16年より障害厚生年金3級を受給しているほか、自立支援も受けています。また精神障害者手帳3級を持っています。 平成18年12 月より一般企業の障害者枠にパートとして採用され、1日4時間、週4~5日ほど屋内での労務をしていましたが、平成22年3月から4月にかけて2度目の入院をし、年末まで休職していました。昨年1月より職場変更して復帰し屋内での軽作業で、1日3時間、週3~5日働いています。最近1日4時間働くことも出てきました。今の主治医には平成15年から見ていただいています。 体調やメンタルの関係でよく休むのですが、会社の担当者は、調子が悪い時は休んでいいよ、と言ってくださっていて、助かっています。 一昨年12月に、復職する直前、障害年金2級の申請を主治医にお願いし、診断書を書く寸前までいきましたが、復職が決まり、話は立ち消えになりました。 今回、障害年金更新の診断書を主治医にお願いするに当たり、2級への変更をお願いしたのですが、特に震災などで今、国の財政が厳しいのでたとえ短時間勤務で休みが多くても、今は2級は通りません。作業所に通っているだけでも2級は通りません、と言われてしまいました。 現在の体調は、睡眠時無呼吸症候群でCPAPを使用しているほか、軽い妄想と幻聴が出ているように思います。これ以上の労働は無理なのですが、やはり障害年金2級は通らないのでしょうか?母と二人暮らしです。 それと、手帳ですが、こちらも2級への更新をお願いしたいと思っていますが、通る見込みはあるでしょうか? 長くなりましたがよろしくお願いします。家事一切のほとんどは、母に任せています。

医師は、以前なら障害年金2級は通っただろうと言っています。国の財政などの理由で等級が変わるのは、正直納得はいきません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

主治医がどうしてそのようなことを仰ったのかは理解しかねますが、国の財政と年金の等級審査は関係がありません。

単純に、相談者様の現在の状態は障害年金2級に相当するほど重くないと判断されます。
以下が各級の定義・目安です。

【障害の程度】
1級:日常生活を不能ならしめる程度のもの。目安として長期入院中か入退院を繰り返している状態。
2級:日常生活が著しい制限を受ける程度のもの。在宅生活をおくることは可能だが日常生活に不自由をきたす状態。
3級:労働に著しい制限を受ける程度のもの。目安として保護的就労や理解のある職場でなら働ける状態。

相談者様はまさに「保護的就労や理解のある職場でなら働ける状態」なので、3級相当だと考えられます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
すみません、補足です。 障害者向けの作業所で働いて、私より多い工賃をもらっている人が障害年金2級をもらっているという話をよく聞きます。作業所で働く人は一般企業の短時間障害者枠で働くことよりも障害年金2級に有利なのでしょうか? それと、手帳の2級取得の可能性についても教えてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
すみません、補足です。 障害者向けの作業所で働いて、私より多い工賃をもらっている人が障害年金2級をもらっているという話をよく聞きます。作業所で働く人は一般企業の短時間障 害者枠で働くことよりも障害年金2級に有利なのでしょうか? それと、手帳の2級取得の可能性についても教えてください。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
作業所は社会福祉施設であり、そこでお金を稼いでもそれは治療の一環としてのリハビリテーションであって就労とはみなされません。

精神障害者保健福祉手帳の障害等級についても、3級相当であるように思われます。

【精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準について】
http://www.pref.fukushima.jp/seisinsenta/specify/tetyou_grade.html

ただ、これを申し上げてよいものかどうかわかりませんが、障害年金にせよ福祉手帳にせよ、等級は主治医の診断書の書き方ひとつという側面があるのは事実ではあります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。私が過去の経歴まで書き込んだのは、ホームページにありました、

☆ 現時点だけでなく、概ね過去2年間の状態および今後2年間に予想される状態も考慮します。

☆ 長期間の薬物治療下での判定を原則

というのが気になっているためです。
平成22年(3月~4月にかけて入院しました。)の年末までは仕事ができる状態ではなく、平成23年度もたびたび会社を休んでいます。家事も母に任せ、一人暮らしはなかなかできる状態ではないと思っています。主治医は承知しているはずです。

「過去2年間の状態、および今後2年間に予想される状態も考慮して」、という文面は以前にも読んだことがあるのですが、今のタイミングでも、2級には該当しないということでしょうか?
それとも、医師の考え次第、ということになってしまうのでしょうか?

たびたびすみません、よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
前述したのはまさにそこで、現在の状態を横断面で評価すると年金も手帳も3級相当となります。

診断書は2年のスパンで縦断的に評価して作成するわけですが、ここに医師の判断が差し挟まれる余地が大きくあります。

相談者様に関しては、受諾されるかどうかはともかく、2級で診断書を書く精神科医もいるだろうとは思います。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫山先生、どうもありがとうございました。明後日診察があるので手帳の件について、お願いしてみようと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役にたてたのであれば幸いです。
 

精神科 についての関連する質問