JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

性についての深刻な悩みなのですが・・・教えていただけますか?

解決済みの質問:

性についての深刻な悩みなのですが・・・教えていただけますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

お役に立てるかもしれません。

 

まず少し補足情報をいただけないでしょうか。

 

■差し支えなければ、相談者様の年齢を教えて下さい。

 

■何か持病や、常用されているお薬があったら教えて下さい。

 

■お困りの症状はいつから起こったでしょう。今の彼女様と関係を持つようになった当初は問題無く射精でき、ある時点からできなくなったわけですが、そういう関係になったのはいつで、射精ができなくなった時期を教えて下さい。

 

■ある日突然射精できなくなりましたか? それとも徐々に進行した印象でしょうか。何かきっかけとなるエピソードは思い当たりますか?

 

■他の方法(例えば自慰)では射精可能ですか?

 

■性的興奮や、行為による快感は得られていますか?

 

■これまでこの問題で医療機関にかかられたことはありますか?

 

以上、ご確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

私の年齢は33歳です。彼女は30歳です。

 

5年ほど前に鬱になりました。

また、おととし父が死んだせいで、鬱が酷くなり今は双極性障害となっております。

(処方薬りーマス、デパケンR、ジプレキサ、セルシン、サイレース、ベゲタミンです)

 

彼女と付き合って10年ですが、初めての相手が彼女でした。最初もうまくいきませんでした。

満足にしてあげられないのと、そろそろ年も年なので結婚お互いにも考えていますが、

なにせ・・・僕がいかないので子供も作れないのではと思って、余計に精神的に参っています。

射精は自慰で2年位前にしたのが最後です(T-T)(/_;)(;_;)(T_T)(T0T)( ゜_;)(j◇j)(j_j)(i◇i)

 

先生・・・何か良い方法ありますか・・・たぶん、だめですよね

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

お待たせしました。

 

そういうことであれば打つ手はあるかもしれません。

服用されているお薬の副作用である可能性が高いからです。

 

例えば、相談者様が服用されているお薬の中で、射精障害にもっとも影響を及ぼしそうなお薬はベゲタミンです。クロルプロマジンという古い抗精神病薬を成分として含み、プロラクチンというホルモンを上昇させる副作用があって、これが射精障害の原因となりえます。

https://www.schizophrenia.co.jp/about/side_effect/hyperprolactinemia.aspx

血液検査で血中プロラクチンの値を調べてもらい、もし高いようなら、このお薬は中止する方向で考えてもらえないか主治医と相談されるのがよろしいかと存じます。

そもそも依存性・耐性が強い古いお薬なので、長く飲み続けるべきお薬ではありません。

 

プロラクチン値が高くなければ、次に疑うべきはセルシンとサイレースといった、ベンゾジアゼピン系の安定剤と眠剤です。やはり長期服用で射精障害を含む性機能障害を惹起することが知られています。

 

基本的に向精神薬はどれも多かれ少なかれ性機能障害を副作用として起こしますので、根本的な対策は減薬ということになります。

上記の怪しく、しかも治療において不可欠ではないお薬は減量・中止できないか試みるべきでしょう。

自己調整は望ましくありませんので、この問題については主治医にうち明けて、相談されるべきかと存じます。

 

お薬の副作用もひとつの要因でしょうが、こうした問題はやはり心理的な影響も小さくありませんので、気分転換を図られるのも一つの方法かと存じます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問