JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

長年鬱病と診断されていましたが、今回かかった先生には統合失調症と診断され、とまどっています。 うつと統合失調症は併

解決済みの質問:

長年鬱病と診断されていましたが、今回かかった先生には統合失調症と診断され、とまどっています。
うつと統合失調症は併発するものでしょうか?それとも、移行するものなのでしょうか?
また、両症状では治療方法が変わりますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

原則的に、この2つの病気は併発はしません。
全く違う病気ですから、治療法も異なります。

当初うつ病と診断されていた患者様が、途中で幻覚や妄想が明らかになって診断が切り替わることはあるのですが……

具体的には相談者様にどのような症状があり、うつ病と診断され、また、統合失調症と診断されたのか、できるだけ詳しく教えていただけませんでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

現在、時々、人の声が聞こえる気がするが、話の内容まではわからず、その声には自分は反応しません。特に統合の特徴とされる幻覚、幻視もありません。

夢を見てのことにも思うし、睡眠薬による寝惚けのようにも思う。

先に入院していた病院でその薬と思われる「ヒベルナ」(後発薬、ピレチア?)を処方されたため、そう診断されたのではないかと思っています。

過去、6年間にわたり、気分障害、鬱状態と診断され、入退院も8回に及びます。

原因は労働過多による疲労からといわれ、労災も認定されています。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。その「幻聴」が寝前にヒベルナを服用した場合のみ起こるのであれば、入眠時幻覚や、仰るように寝惚けの一種だと考えられますが、「幻聴」が起こる時間は寝前に限定されているでしょうか? 現主治医はそれを理由に統合失調症と診断を下したのですか? 質問を重ねるようで恐縮ですが、前医の処方と現在の処方の内容を教えていただけないでしょうか。差し支えなければ相談者様の性別とお歳も教えていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

前医は2011年夏に「ワイパックス」「ロヒプノール」「パキシル」「ロゼレム」「メトリジン」「マイスリー」「ベンザリン」

「ピレチア」などです。

現在は「パキシル」「ムコスタ」「ピレチア」「マグミット」「ジプレキサ」「レスリン」「サイレース」「アローゼン」などを処方されています。

たまに起こる程度なのですが、就寝前後に限られているような感じです。

申し遅れましたが、本人は現在38歳女性ですが、ご相談したのは母親です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

患者様のご年齢を最初に聞くべきでしたね。

38歳で統合失調症を発症される可能性は非常に低いものです。もちろん0ではありませんが。大多数は10代後半~20代に発症する疾患です。

 

また、幻聴があるから統合失調症というわけでもありません。幻聴を呈する病気は他にもたくさんあり、たとえばうつ病でも幻聴を呈する患者様はおられます。

前述したように、例え昼間であっても薬の影響で軽微な幻聴が起こることもあります。

 

これらの要素を考慮すると、現主治医の診断については眉に唾を付けざるをえません。

すでにジプレキサという抗精神病薬が用いられていますが、抗うつ薬に比べると副作用も強く、根拠が薄弱な診断で処方するにしてはリスクが高すぎるように思われます。

 

転院されたご事情は存じかねますが、いただいた情報から判断するかぎりではお嬢様が統合失調症である可能性は低いと考えます。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

患者様のご年齢を最初に聞くべきでしたね。

38歳で統合失調症を発症される可能性は非常に低いものです。もちろん0ではありませんが。大多数は10代後半~20代に発症する疾患です。

 

また、幻聴があるから統合失調症というわけでもありません。幻聴を呈する病気は他にもたくさんあり、たとえばうつ病でも幻聴を呈する患者様はおられます。

前述したように、例え昼間であっても薬の影響で軽微な幻聴が起こることもあります。

 

これらの要素を考慮すると、現主治医の診断については眉に唾を付けざるをえません。

すでにジプレキサという抗精神病薬が用いられていますが、抗うつ薬に比べると副作用も強く、根拠が薄弱な診断で処方するにしてはリスクが高すぎるように思われます。

 

転院されたご事情は存じかねますが、いただいた情報から判断するかぎりではお嬢様が統合失調症である可能性は低いと考えます。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問