JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして 長野県の、精神手帳1級のものです(統合失調症)。教えていただきたいのですが 入院患者は、自分が飲んで

解決済みの質問:

は じめまして 長野県の、精神手帳1級のものです(統合失調症)。教えていただきたいのですが
入院患者は、自分が飲んでる薬の名前と量を知る権利があると思うのですが。。。。
もし、そういう法律があれば、詳しく教えてください。
と、申しますのも、私の知り合いが、そういうことを教えてくれない病院に入院して、
薬局に、自分の飲んでる薬のことを聞きにいったら、担当医にえらく、怒られて、
さまざまな、嫌がらせをされ、心身ともに網弱状態になったようです。
病院によって違うのでしょうか?
入院患者には、自分が飲まされてる薬については、聞いてはいけないのでしょうか?
廃人を作るために、薬を教えないのでしょうか?
教えてください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

入院・外来を問わず、患者様は、処方内容のみならず、ご自分が受けている治療内容・情報について説明を受ける義務がありますし、医師の側は説明をする義務があります。

これは日本医師会の「診療情報の提供に関する指針」、厚生労働省の「診療情報の提供等に関する指針」に明記されています。

一部をだけを抜き出すならば、
「3-2 診療の際の診療情報提供

a 診療中の患者に対する診療情報の説明・提供は、おおむね、次に掲げる事項を含むものとする。
(1)現在の症状および診断病名
(2)予後
(3)処置および治療の方針
(4)処方する薬剤については、薬剤名、服用方法、効能、特に注意を要する副作用
(5)代替的治療法がある場合には、その内容および利害得失
(6)手術や侵襲的な検査を行う場合には、その概要、危険性、実施しない場合の危険性、合併症の有無」
が、医師が患者に対して懇切に説明・提供するよう努めなければならない情報です。

ご記載されたその担当医の対応・態度は、医師会や厚生労働省が定めた指針を大きく逸脱していることになります。

入院患者様は、県の精神医療審査会(精神科病院に入院している精神障害者の処遇等について専門的かつ独立的な機関として審査を行う委員会)に処遇改善を求めることが出来ます。
長野県の場合はこちらがその連絡先になります。
http://www.pref.nagano.jp/eisei/hokenyob/seisinir.htm
まずこちらに相談されてみることをお勧めします。

資料:
日本医師会「診療情報の提供に関する指針」
http://www.med.or.jp/nichikara/joho2.html

厚生労働省「診療情報の提供等に関する指針」
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/150916-b.pdf

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問