JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

娘が統合失調症で現在入院2か月めです。ジプレキサ15ミリ一日1回夜処方されています。 アカンジアの症状がひどく、口

解決済みの質問:

娘が統合失調症で現在入院2か月めです。ジプレキサ15ミリ一日1回夜処方されています。
アカンジアの症状がひどく、口がパクパクします。手のこわばりもかなりあり、車の運転はもとより、昔のように、走ったり、自転車に乗ったりはできない状態です。IQも下がっている気がします。主治医は副作用が出やすいタイプといいますが、この先よくなるのか心配です。普通の生活ができるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ジプレキサ15ミリ1日1回夜処方というのは、教科書的には「良い処方」ということになるでしょう(他に併用薬はないんですよね?)。

ジプレキサは、おそらく統合失調症に対してもっとも多く使われている抗精神病薬のひとつで、古い抗精神病薬でほぼ必発だったアカシジアやパーキンソン症状がほとんど無いことが売り物のお薬ですから(代わりに体重や血糖上昇が問題になることがありますが)、お嬢様の場合はたしかに「副作用が出やすいタイプ」だと言えるでしょう。
アカシジア、パーキンソン症状の他に、「IQも下がっている」、「やる気もなくなっている」というのは過鎮静と呼ばれる副作用でしょう。

■であれば、副作用に対する策を講じるべきですが、主治医はこれらの副作用に関してはどのようなスタンスなのでしょうか?

■抗精神病薬には「相性」のようなものがあり、例えば、ジプレキサがあまり効かず、副作用ばかり出る患者様に他のお薬が著効するといったことが時に起こります。
このため、個々の患者様に合ったお薬をみつけるための試行錯誤に時間がかかることもあります。主治医は、ジプレキサを他のお薬に変更する意向はないのでしょうか?

■お嬢様の発症時期、発症時の症状はどのようなものだったのでしょう?

この3点を確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。昨年8月初めころ宗教団体に誘われ、いろんな声が聞こえると言い出し、霊感があると言ったりして、春から務めた会社も退職せざる負えなくなりました。

本人いわく、声は、髪から聞こえるとのこと。自分で長かった髪を切り、丸坊主に剃りました。(もちろんマダラでしたけど)やさしい娘が、攻撃的になり、ずっと頑張りつづけてきたといいます。町の古着屋から、着物を買い、マダラ頭で保護されました。携帯を捨てて、宗教はやめてくれました。昨昨年の秋に専門学校も辞めております。小さい時から頑張ることが好きなこでした。

薬は、リスバダール、イヴンガ、どちらも試してますが、本人には合わなかったようです。

眠剤と、ユーパンが出ています

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
※昨夕来のサイトのシステムトラブルのため、回答が大幅に遅れておりますことをお詫び申し上げます。さきほどようやくシステムが回復し、ログインすることができました。現在、鋭意回答作成中ですので、今しばらくお待ち下さい。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お 待たせしました。
リスパダールでも強いアカシジアやパーキンソン症状が現れたためにジプレキサへの置換が行われたのではないかと推察しますが、正しかったでしょうか。

途中のインヴェガは寄り道でしたが(薬理学的にはリスパダールとほぼ同じお薬です)、主治医としてはお嬢様においてより副作用が少ないお薬を志向しているという点でリーズナブルな処方変更が行われていると考えます。

ただ、ジプレキサでも結局は副作用が出てしまっていますから、この後に取りうる対処としては、
①ジプレキサを継続し、副作用に対して抗パーキンソン薬を用いる。
②さらにアカシジアやパーキンソン症状のリスクが低セロクエルやエビリファイといった抗精神病薬を主剤に用いる。
といった方法が考えられます。

統合失調症の場合、社会復帰のためにはデイケア等の精神科リハビリテーションが必要となる場合が少なくありませんが、それ以前に相性の良いお薬をみつけて、許容可能な範囲の副作用が出るだけで症状をコントロールする必要があります。

お嬢様の場合、主治医の薬物療法に関する知識や技術はしっかりしたもののように思われます。
いましばらくの試行錯誤が続くかもしれませんが、お嬢様が日常生活に戻る礎となる、相性の良い抗精神病薬は必ずみつかるであろうと考えます。
ご不安だとは存じますが、主治医を信じてお任せしるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問