JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私の75歳になる父親なんですが、背骨を骨折して入院してから、 メンタル面で不安な状態になり、どうも私に恐怖しか抱いてないみたいで。

解決済みの質問:

私の75歳になる父親なんですが、背骨を骨折して入院してから、
メンタル面で不安な状態になり、どうも私に恐怖しか抱いてないみたいで。
話しかけても、父親が「怒られてる子供」のような状態。

その上、「解ってくれない」と本人は口癖のように言います。
何かと「自分は頑張ってる」と言います。

何かと特にお金関して、神経質になっていて、何度も確認をしに行きます。

専門家に診察してもらった方がよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

心配な状態ですね。
高齢の方の場合、身体疾患を契機にメンタルな問題が現れやすい傾向はあります。
ご記載の、不安が強い、お金へのこだわりが強くなったという精神症状はやはり心療内科/精神科で相談された方がよろしいかと存じます。

少し周辺情報をいただけないでしょうか。

①お父様の背骨の骨折と入院はいつ頃のことでしょうか? 入院期間はどれくらいだったでしょう? 手術はされましたか? 骨折部位はどこだったのでしょう? 圧迫骨折ですか?

②精神症状は入院中から認められていましたか?

③認知症を思わせる言動は認められないでしょうか?

④相談者様以外の方には恐怖心は抱かれないようですか?

⑤お父様とは同居されているのでしょうか? お父様の家族構成を教えてください。

⑥病院は推薦できると思います(紹介ではありません)。ただ、岐阜県の地理に不案内なものですから、市や区の名前で通院可能範囲をご指定いただけないでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

①9月&10月に入院してました。圧迫骨折です。胸椎でコルセットをしてます。

ただ、何番目かまではレントゲン見てないので、解りません。

②医師の前では、出てなかったようで、担当は整形外科なので

そういった判断は担当医からくだせないようです。

③過去の同じ話を何度もします。自分の話を聞いて貰えない気持ちが解って貰えないと

場から逃げようとします。子供のような行動を取ろうとします。普通なときと

「これは、まずいかな」と言う時の落差を接している時に感じます。

④怒らないようにしてるので、緩和されているようですが、怒る相手(現在は姉)に

対して怖がると言うより、怯える感じです。

⑤同居してます。私と姉と父親です。別居で兄夫婦が居ます。

⑥大垣市または不破郡です。他の市と郡を加えて、西濃地方と言います。

 

メンタル面に問題が出てる原因は、不況のため、会社を縮小しなければならないため、

収入に不安になり、金銭に神経質になってると思います。

やはり、精神科に診察を受けた方が良いようですね。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

心理的に了解可能な部分と、認知症のような進行性の疾患を考えなければならない部分とがあるように思われます。
受診医療機関の選択は少し難しいものにななるかもしれません。

ただいま当直中ですので、詳細な回答は明日にさせてください。
よろしくご了承いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お待たせしました。

ご記載を拝読するに、お父様は「退行」している印象ですね。いわゆる子供返りですが、古典的な心理的防衛機制で、子供に多く見られますが、成人、高齢者でもしばしば認められます。
誘因は、相談者様が案じられている通り、不況による会社規模の縮小に、怪我をしたことによる身体的不安が重なったことでしょう。
さらにその基盤としては、脳器質的な機能低下(認知症ではなくても、脳の萎縮や微細脳梗塞のために脳機能は衰えていきます)があるでしょう。若い頃ならば耐えられていたようなストレスでも、脳の予備能力の低下のために耐えられなくなり、どこかにストレスの逃げ道を探すわけです。

齢をとるとは喪失の過程であり、喪失を受け入れていく過程でもあります。
若い頃ならするはずもなかった圧迫骨折、拡張自我たる会社の縮小は、お父様のアイデンティティを揺るがす、ひとときには受け入れがたい喪失エピソードだったでしょう。

こうした状態を経て、うつ病を発症したり、認知症が顕在化することは珍しくありません。
心療内科/精神科で、当初はカウンセリングを中心とした治療を受けられることが望ましいですし、知能検査を含めた心理検査も受けられるべきでしょう。

ただ、そのあたりをカバーできる医療機関はご指定の地域には無いようです。
一般的な心療内科/精神科の医療機関をお示ししますので、まず受診され、一定期間(3ヶ月が目安でしょう)を過ぎても改善が得られない場合は大きな病院の紹介を依頼するのがよいかと存じます。

守田クリニック
JR大垣駅 北口 東へ 徒歩2分
TEL : 0584-74-9002
住所 : 〒(NNN) NNN-NNNN岐阜県大垣市林町4丁目57-1

北村医院
TEL : 0584-81-5072
住所 : 〒(NNN) NNN-NNNN岐阜県大垣市林町1丁目50

のぎの森クリニック
TEL : 0584-82-6405
住所 : 〒(NNN) NNN-NNNN岐阜県大垣市禾森町5丁目50

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問