JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

猫山先生、ご無沙汰しております。指名させていただきたかったのですが、やり方がわかりませんでした。12月初め頃に自閉症の息子の薬物療法に関して、相談させて頂いた者です。 先ほどは、

解決済みの質問:

猫山先生、ご無沙汰しております。指名させていただきたかったのですが、やり方がわかりませんでした。12月初め頃に自閉症の息子の薬物療法に関して、相談させて頂いた者です。
先ほどは、私がJustAnswerのシステムを良く理解しておらず、ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。このスレにて再度相談させて頂きます。

先生より頂きましたアドバイスを基に、同じ大学病院内の別の医師に相談して以下のように薬を減らしました。
 リスパダール 液体 朝2mg、昼1mg、夜2mg
 サイレース 2mg 寝前1錠
この処方で3週間経過しました。、症状が改善したとまではいきませんが、大量の薬を飲んでいた頃と変わらないか、若干落ち着いたような気はします。作業所職場の上司の方も、波はあるものの同意見とのこ とです。親としては、症状が変わらないのであれば、飲ませる薬が少ない方がずっとありがたいです。
一点だけ、デパケンを急にやめると副作用がある、とのことで、飲めるなら飲ませて下さい程度の指示でしたが、息子も嫌がるので飲ませていません。が、それでも前述したような状況です。

もともと猫山先生のアドバイスから得た改善案でしたが、以上のような状況であり大変感謝致しております。もしよろしければ現状に関して先生のご意見をお聞かせ願えますでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お手数をおかけして申し訳ありません。
先日、突然この「1スレッド1承諾」のルールが適用されるようになって過去3ヶ月分に渡って報酬の一部が取り消されたこともあり、追加のご質問についてはこのように対応させていただいております。
ユーザー様には、JustAnswer側から特に告知はされていないですよね。月極会員の規約には記載があるということなのですが。

ご指名につきましては、JustAnswerのシステムを利用されるよりも、今回のようにタイトルで指名を頂く方が何かと都合がよく、ありがたいです。

さて本題ですが、特に問題も起こらずに減薬できて何よりでした。
本当は症状の改善も得られていればよかったのですが。

ご質問のデパケンですが、処方した医師が「デパケンを急にやめると副作用がある」と仰ったのは、離脱症状のことを指しているのだと思われます。
デパケンがご子息に対してどのような目的で処方されていたのかは不明ですが(恐らくは気分安定作用を期待していたものと推測します)、もともとこのお薬は抗てんかん薬なので、急な断薬によって、てんかんの大発作(意識消失を伴う全身のけいれん発作)が起こる可能性があります。
もっとも、デパケンは抗てんかん薬の中では離脱性の発作は起こりづらいお薬であるとされており、しかも服用されていたのはR錠(徐放剤)ですから、リスクは小さいと思われますが、本当は1~2週に200mgくらいのペースで減量された方が安全であったかもしれません。

それ以外は、ほぼ私がお勧めした通りの処方になっていますので、特に気になる点はございません。随分と迅速に処方が修正されたものですね。こうなると今までの多剤併用は何だったのかと思いますが。
一点、前回の処方で頓服薬としてリスパダール水液をお勧めしましたが、そういった「万が一」の場合のお薬はあった方がいいような気はいたします。特にこれから年末年始で、周囲が普段とは違った雰囲気になりがちですし、一般論として自閉症の患者様はこうした変化に反応して不安定になられることが多い傾向がありますので。

中長期的には、もしも精神的に不安定になることが多いようであれば他剤を追加するのではなくリスパダールを増量していくのがよいと思いますし、逆に安定しているようだったら漸減されていくのが望ましいと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問