JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。早速ですが、約半年前に知人が「統合失調症(ガスや有機物をまかれている、誰かにねらわれている

解決済みの質問:

よろしくお願いいたします。早速ですが、約半年前に知人が「統合失調症(ガスや有機物をまかれている、誰かにねらわれているという症状)」と診断され、約2週間精神科に入院。2ヶ月後には仕事復帰しましたが、1週間前から前回と同じ様子が出てきました。不眠が続いています。前回は倒れて救急にて搬送されました。本人は病気であることを受 け入れてはいません。通院も薬の服用も止めています。このままではまた倒れて入院してしまうと考えています。本人は「安全な場所がない」と言いますが、「精神科の病院は安全」ということは理解しています。しかし、「もどりたくない」「自分は精神病ではないからいかなくてもいい」と言います。強迫観念以外は正常な判断をし、矛盾があることも言いません。社会的責任のある仕事をしています。できるなら薬の服用と通院を自覚してほしいと思っております。理解をしてもらうにはどのように接していけばよいのでしょうか。ご教授ください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご知人のような患者様は臨床では稀ならずお見かけします。
統合失調症という病気の性質からして、周囲の方々の接し方によって妄想(強迫観念ではありません)や幻覚が改善することはありません。一度病気が回復したのちの再発率は、ご家族 や周囲の方々の適切な対処で低下させられることが知られていますが、急性期の症状や病識(自分が病気であるという認識)は、薬物療法と、体系だった心理教育によってしか体得していただくことができないのです。

現在、妄想以外は問題がないとのことですが、統合失調症は、些細なきっかけで、もしくは何のきっかけも無しに増悪をきたし、自傷他害の恐れもある疾患です。これは患者様本来の人となりとは関係のない、病気の症状です。
現在そのご知人がご自分や他人を傷つけるようなことがないのだとしても、いつ何が起こるかわかりません。

最善の方策は医療保護入院(いわゆる強制入院です)の形式をとってそのご知人に教育入院をしていただき、薬物療法と共に心理教育を受けていただくことです。
そのためには、法的に保護責任者になりうるそのご知人のご家族(その方が独身ならご両親、既婚なら配偶者)の同意が必要です。

相談者様がとれる最善の方策は、ご知人のご家族にコンタクトし、そうした治療の必要性を理解してもらうよう働き掛けることでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問