JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。 回答を宜しくお願い致します。 主人が7年前ほど前から鬱病になり治療をしていたのですが今は躁鬱病

解決済みの質問:

初めまして。
回答を宜しくお願い致します。

主人が7年前ほど前から鬱病になり治療をしていたのですが今は躁鬱病という事が分かり (色んな問題行動から分かりました)今年の4月から躁鬱病の治療をしています。
が、私が主人から躁の状態の時に受けた沢山の出来事で不安症にかかってしまい今主人が処方されています。
症状は今は落ち着いている感じがしますが4月から7月の間にまた問題行動を起こしました。
ですのでお薬が本当に合っているのか不安でご質問させて頂こうと思いました。

今服用しているお薬は下記の通りです。(1日分)
 リーマス300mg   朝、夕 2回(1回200を300に増やしました)
 デパケン200     朝、夕 2回
 デプロメール25mg  朝、夕 2回
 エビリファイ3mg    朝、夕 2回
 レキソタン5mg    朝、昼、夕 3回
 リフレックス15mg  寝る前  1回

これらの処方で大丈夫でしょうか?
主人は最近糖尿病と診断もされています。両親とも糖尿病家系です。(エビリファイは?)
お薬情報をネットなどで見ると躁鬱の鬱に抗うつ薬が効かないなどの情報を見ると不安です。

ご回答を宜しくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

処方は大筋で問題無いように思われますが、いくつか気になる点 がございます。
例えば相談者様がお調べになられた通り、抗うつ薬の使用法は適切ではないかもしれません。

少し周辺情報を下さい。

①現在のご主人は躁でもうつでもない、「寛解状態」でしょうか?

②リーマス、デパケンと気分安定薬が2剤使用されていますが、どちらか1つでは症状はコントロールできなかったのでしょうか。

③リーマス、デパケンの血中濃度はそれぞれどれだけでしょう。

④現在、自他覚的に副作用はあるでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

猫山先生

 

ご回答ありがとうございます。

 

上記のご質問についてご返答させていただきます

 

 ① 本人いわく今はどちらでも無いと言いますが私が見ていますと少し落ち込み感がある 

    様に見えます。

    でも仕事もしておりますし(以前の様に集中力がもたないとは申しておりますが)

    食欲はあります。(昨年の11月頃から過食症になり体重が20kg増えてしまいまし

    たが今は過食症は抑えられています。)

 

 ② 以前の病院では昨年の7月位からデパケンだけでしたが今の病院(心療内科今年の

    3月から)では本人や私の聞き取りやチェックシートなどで先生が判断されて両方の

    処方になっています。

    躁状態は昨年が一番ひどかったです。(ずっと鬱病だけだと思い抗うつ薬だけの治療

    をしていましたが昨年、以前からちょっとした逸脱行為などがあった事が分かり多分4

    年程前から軽い躁転が今思えばあったと思います。

 

 ③ 今の先生から(3月より)リーマスを服用することになったんですが1度も血中濃度を

    検査されないので11月に他の病院で内科検査の為、血液検査をする時に私が炭酸

    リチウムの濃度も調べてもらって下さいとお願いし測って頂きました。

     炭酸リチウム:AA   0.35mEq/ℓでした。

    その結果を持っていきましたら数値が低いのでリーマスを1日200mg増量されまし

    た。(飲み始めてから検査されない事が私はこの先生で大丈夫か?という不安も

    でてきていました)

 

 ④ 副作用は下痢は続いていますがこれは精神的な事からきているのかどうか

    分からないのですが・・・(下痢の事を伝えましたらビオスリー配合散というお薬を

    処方して頂いています。)

   私も昨年10月に発覚した主人の行動のショックで(その時はまだ躁鬱とは分かりま

   せんでしたので)精神的にきてしまい心療内科に通院しました。そして今年の7月にも

   また以前の様な事をして私も精神的にきているので喧嘩をしたり責めたりという事も

   してしまいました。

 

   リーマスを今年の3月から飲み始めて落ち着いた様に見えたので私も安心していたん

   ですがその後の行動を思い返すと怒りっぽかったり、また私を裏切ったり、少し私が言

   うと大きな声で反対に言ってきたり、少しテンションが高いかな?という事があったなと

   思います。(元々そういう人では全くなかったので)

   ですのでリーマスの数値が低かったので効いていなかったんだと私は解釈してとても

   不安になります。

   抗うつ薬も躁になり易いと効いた事があるので不安です。

 

   また何か起こったらどうしようという私の精神的な限界にもきていますのでとにかく今

   処方のお薬で大丈夫なのか、今の先生の治療法で大丈夫なのかな?と思いご質問さ

   せて頂いております。

 

   長い文章になってしまいましたが宜しくご回答をお願い申し上げます。

   

   

   

   

   

 

 

   

   

    

    

       

    

     

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。

躁うつ病の患者様の7割がうつ状態で発症し、最初はうつ病と診断されて治療され、躁状態が現れると診断が躁うつ病に切り替わります。そのあと躁状態が現れなくなっても、診断は躁うつ病のまま変わりません。

いったん躁うつ病だと判明した患者様の治療は以後ずっと躁うつ病用の治療が続けられますし、続けられるべきです。相談者様がご理解されている通り、大半の抗うつ薬は躁うつ病のうつ状態には無効ですし、躁うつ病にはむしろ有害であることが知られています。

具体的には、躁うつ病の患者様が抗うつ薬を服用することで、急激に躁状態に転じる「躁転」が起こったり、躁とうつの間隔が狭くなる「急速交代化」、そして躁とうつが入り混じった「混合状態」を呈するようになります。

よって、現在のご主人が躁状態でもうつ状態でもないのであれば、抗うつ薬であるデプロメールとリフレックスは止めるべきです。どちらも中途半端な量であり、仮にうつに対して用いているのだとしても意味は希薄で、一方で上述のリスクはあります。

デパケンとリーマスの血中濃度を測っていないのは、あまり感心しません。はっきり申し上げれば、血中濃度を測らないのであれば使用する意味がないお薬です。たぶんデパケンの血中濃度も十分ではないのではないかと予想します。

エビリファイは欧米では躁うつ病に対する承認を得ているお薬ですが、過食の原因になった可能性は大です。

不安にさせてしまうのであれば申し訳ないのですが、処方だけから判断するならば、全幅の信頼がおける主治医ではないような気が致します。
ご主人が今後、万が一にも躁状態やうつ状態を呈した際に、適切な対処をしてもらえるかどうかは心許ない印象があります。

転院を考慮されてもいいかもしれません。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問