JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

境界性人格障害の女性に、周囲の人が傷つかずに、現実(結婚を考えている婚約者がいて、彼女とよりが戻ることはない)を受け

解決済みの質問:

境界性人格障害の女性に、周囲の人が傷つかずに、現実(結婚を考えている婚約者がいて、彼女とよりが戻ることはない)を受け入れてもらえるかアドバイスをお願いします。どのようなことをしたら、私たちの安全な生活を保証できるかアドバイスをお願いします。

私の婚約者の元カノは境界性人格障害です。約6年付き合った内の3年以上の時間をかけて、ようやく納得して別れられたと思っていましたが、最近彼の身辺に彼女が出没するようになりました(頻繁なメール・突然の来訪・手料理を置いていく・彼の知人を訪れるなど)。彼はこれらには、一切無視をしています。彼女には私の存在は知られていないと思います。彼女のこれまで の行動パターンからすると、私の存在や婚約の事実を知ると、私や彼女の子ども(彼との子どもではない)に(生命の)危険が及ぶ可能性が大きいと考えています。大げさでなく、何度も関係のない人を巻き込み、警察沙汰を起こしてきた事実があります。
彼女は現在も通院はしていますが、彼女と付き合っていた時、彼は主治医に「彼女の対応ができるのはあなたしかいない」と言われ、彼自身にその言葉が大きくのしかかっているようです。そのためか、彼は、今の彼女にしてしまったのは自分であるという罪悪感・責任を感じています。また、私に安全な暮らしをさせられない上に、彼女のストーカー的行動から彼女と過ごした壮絶な記憶が蘇り、心労が重なっています。仕事柄、居所も変えられず八方ふさがりです。彼から彼女に連絡をとり、事実を伝えるのがよいとは思えず・・・彼自身別れるのに3年以上を要し・納得して別れることができたという思いが砕かれ、万策尽きたという感じです。ようやく2人でささやかな幸せを築いていこうとした矢先、彼が「婚約を解消しよう・一生独身で過ごす」「彼女の子どもに対する責任は結婚をしないことだ」と言い出しました。私に安全・安心な生活を送らせる自信が持てないことに、彼が結婚することで、子どもの母親(彼女)が犯罪者になる可能性があると考えているようです。

どのようにしたら、周囲の人が傷つかず、彼女に現実を受け入れてもらえるか、どのような解決策があるか・安心した生活を送ることができるかをお教えください。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

結論から申し上げれば、「周囲の人が傷つかず、彼女に現実を受け入れてもらえる」方法は残念ながらありません。
それが出来ないから境界性人格障害なのです。

境界性人格障害者は100%責任能力があります。
ご記載のような状況であれば、「ストーカー行為等の規制等に関する法律」の適用を前提に警察に相談されるべきでしょう。

相談者様たちの安全を守るためにそれは必要ですし、何より最終的にはそれがその女性のためにもなることだとご理解ください。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
貴意に沿う回答が出来なかったようで残念です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

正直に申し上げると、私が思っていた回答と同じで解決にはなりませんでした。それができない障害であることも理解していましたので、あらためて専門家に指摘されるのは苦しい現実でした。

質問の切り口を変えます。「境界性人格障害をもつ方」の恋人や家族も共依存になる傾向があり、なかなかその関係を断ち切ることが難しいと聞いています。そのような関係に陥っている場合、(第三者が)その家族や恋人を救う具体的な手立てはありますか。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

八方丸く収まる形の解決が困難であることをご理解いただきましてありがとうございます。

切り口を変えたご質問には回答はございますが、その前に確認させて下さい。

実際の「当事者」は相談者様の婚約者様なわけですが、婚約者様は共依存を脱すること、その問題の女性とすっぱり関係を断つことに同意されているのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

関係を断てたと信じ、私と出会い婚約にまで至りました。前を向いて歩いていく意志があり、一切彼女とかかわらないようにしていますが、近頃の彼女の行動が、彼を後ろ向きにさせていることも事実です。私も判断に悩み、質問をしました。同意している場合とそうでない場合の両方の対処法、回答をいただけると助かります。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

しかしながら、ご要望の形では回答することは不可能です。

共依存も含め、全ての依存は当事者様にその依存を断つための強い意志が必要です。
喩えは良くありませんが、覚醒剤依存の患者様が依存を脱するには、その依存を断ち切ることを当事者様が強く決意する必要があります。
覚醒剤をまったく止めるわけではないけれど、「健康に害を及ぼさない適量の覚醒剤摂取で済ませるようにする」という治療など常識的に考えてありえないでしょう?

境界性人格障害者との共依存も同様です。
当事者が共依存を脱すること、その問題の女性とすっぱり関係を断つことに同意されていない限りは問題は解決しません。
「(第三者が)その家族や恋人を救う具体的な手立て」は無いのです。

ここで質問を投じる前に、婚約者様とこの点につきよくよく相談されることをお勧めします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

婚約者様のご意向は確認できたでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
彼とじっくり話をしました。元カノとは完全に関係を断つことに同意しました。現在、彼は元カノには表面上は関わっていませんが、私から見ると、彼は元カノと共依存関係にあると思います。これから、元カノと完全に関係を断つために、彼はどうしていったらよいか具体的なアドバイスをお願いします。第三者にできることはないとのことですが、彼をどのようにサポートしていったらよいかのアドバイスをお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。
ようやくスタートラインに立てたわけですが、本来は同時にそれはゴールでもあるはずです。

なぜならば、もっとも一般的な共依存とは、「アルコール依存症の夫の妻」や、「ドメスティックバイオレンスを振るう夫の妻」で典型的であり、境界性人格障害の女性の(結婚していない)元パートナーでは、対処は、本来は難しくないもののはずだからです。

婚約者様が「元カノとは完全に関係を断つことに同意」した時点でこの問題は8割方解決したと考えてよいのが通常なのですが、相談者さま「から見ると、彼は元カノと共依存関係にある」と思えるのは、婚約者様のどういった言動に起因するものなのででしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

いずれも、じっくり話をする前の言動ですが・・・彼女を守ることができたのは自分だけである。今の彼女を作ってしまったのは自分である。出会う前はめちゃくちゃだけれどひとりで子どもを育てていた。彼女を離れられなくしたのは自分の責任である・・・などです。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
確かに、まさに、共依存を思わせる婚約者様の言動です。

アルコール依存症者の妻や、DV夫の須磨が、しばしば同じことを口にします。

境界性人格障害はアルコール依存症とは違って治療のための専門施設があるわけではありませんし、人格の歪みですので、「治る」ということはありません。歪んだ性格のまま、いかに社会に適応していくかが治療目標になります。

その人格障害者に共依存している男性の治療となると、まず第一にすべきは、物理的にその人格障害者との距離をとることです。婚約者様の仕事の支障にならず、かつその人格障害者と接触がしづらい場所があるのであれば、転居も考えられるべきでしょう。

さらに、携帯電話の履歴や、メールの履歴も、一定期間、相談者様がチェックすることに同意していただくべきです。目安は半年~1年間でしょう。

とにかく、あらゆる意味で婚約者様をその人格障害者から遠ざけるべきです。
アルコールや薬物依存ならば専門施設がありますが、人格障害者の女性に共依存してしまった男性を隔離入院させてくれる医療機関はありません。

極端なことを申し上げれば、その人格障害者が入院しようが死のうが、婚約者様には何もさせないくらいの強度で、その部分に関しては拘束をかけるべきです。

それができないのであれば婚約解消も辞さない覚悟で、その方針について婚約者様ともう一度お話をされるべきでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。簡単な道のりではなさそうですが、2人で乗り切っていきたいです。

 

彼の思い込み?を正すために、心療内科を受診し、カウンセリングを受けるというのも有効な手段でしょうか。彼は受診については了解すると思います。携帯電話の番号を変えるというのも有効でしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
さきほど書き忘れたのですが、支障が無ければ、携帯電話の番号を変える、メールアドレスを変えることは、この場合は非常に有効な手段です。

心療内科のカウンセリングは少し微妙な問題です。
通常はこういった場合のカウンセリングは、共依存している者同士が一緒に受けるものだからです。例えばアルコール依存症の夫&その妻、DV夫&その妻といった組み合わせで受けることで改善が見込めるものであるからです。

ただ、婚約者様が前向きになれず、過去(人格障害者)のことが頭から離れないようであれば、そこにテーマを絞ったカウンセリングは有用であると思われます。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問