JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

22歳の男の孫です。20年に統合失調症を発症し、薬を使いながら、家でぶらぶらしています。接触を嫌っております

解決済みの質問:

22歳の男の孫です。 20年に統合失調症を発症し、薬を使いながら、家でぶらぶらしています。接触を嫌っております。付き合い方を教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

お孫様が既に幻覚や妄想といった症状から回復されているのであれば、現在の病状は陰性症状が前面に出た「無為自閉状態」と呼ばれるものであると思われます。

 

統合失調のうち、幻覚や妄想、興奮のような、いかにも奇異な症状は陽性症状と呼ばれますが、これらは薬物療法に反応しやすく、遅かれ早かれ回復します。

 

しかし統合失調症では、自閉、無為、情動の平板化、情動鈍麻、思考の貧困、意欲・発動性欠如といった、陰性症状と呼ばれる症状を伴うことが多く、これらは薬物療法では思わしい改善は得られません。

 

このため、お孫様のような患者様の場合は、病院に通ってお薬をもらい、それを服用するだけではなく、デイケアのような精神科リハビリテーションに参加し、社会性を取り戻すような訓練を行う必要がございます。

 

ご家族の関わり方としては、うつ病の患者様に対するそれと似たところがあり、患者様を励ましたり、叱咤して無理やり働かせようとするといった行為は症状の悪化に繋がることがあるので避けるべきです。

上述した陰性症状への治療への導入を促し、効果が出てくるまで見守ることが、ご家族の取るべき基本的な姿勢ということになります。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
有難うございました
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

 

また何かございましたら、お気軽にご指名でご相談ください。

精神科 についての関連する質問