JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

精神障害(統合失調症)で入退院を繰り返している人(50代)の事で悩んでいる家族の方が知り合いにおります。病気のこ

解決済みの質問:

精神障害(統合失調症)で入退院を繰り返している人(50代)の事で悩んでいる家族の方が知り合いにおります。病気のこともあって、体重があ り、また妄想もひどいのですが、服薬の副作用が嫌で、自宅にいると薬を飲もうとしません。入院させると早く退院したいので、その時は薬を飲んでいるそうです。本人は、自宅にいることを望んでいるのですが、同居している母親は高齢で、連れ合いを亡くしたばかり。子どもの面倒を見ることは困難です。弟にあたる人が、仕事の合間を縫って、母親に付き添ってますが、不安定な仕事のため、思うに任せません。病院では、長期の入院はできないので、転院を勧められているとのこと。当人の希望や面倒を見ている家族の状況にあった病院を探そうにも、帯に短したすきに長しです。このような時、どこに相談すればよいのでしょうか?私は、県の精神衛生センターや家族の会などで、何か教えてくれないのかな?と聞いたこともありましたが、知人は、当てにならないと言います。 入院しても「よい患者ではない(医師や看護する人に辛辣な言葉を浴びせたり、超肥満体なので身の回りの世話もたいへん)」から、どこに行ってもいったん退院したら、二度と受け入れてもらえなくなってしまうのだそうです。家族にしても、当人は病気のせいもあって、周囲の出来事を客観的に理解することができないし、自分がこうしたいと思うと、どこまでも自分の意を通そうとし、そうなると何をするか分からないので、いうことを聞かざるを得ないということでした。現在は、本人が外泊をしたいという度に、母親と弟が、自宅と遠く離れた病院との間を行ったり来たりしています。母親は、自分の子どもなので面倒は自分が見なければと思っているようなのですが、自身も体が不自由な上、連れ合いを亡くしたばかりです。家族の人の日常の生活が少しでも楽になる手立てはないものでしょうか?転院を勧めるのであれば、転院先をいくつか紹介したり、その手続きについて請け負ってくれる相談者というのはどこに行けば出会うことができるのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
おはようございます。猫山です。
以前別のご相談にお答えしたことがありますが、その後いかがでしたでしょうか。

さて、今回ご相談の件ですが、かなりの難問です。
精神科医療の制度の狭間の問題といってもよいでしょう。

統合失調症は、いちど発症すると生涯に渡って付き合っていかなければならない病気です。
日本では、それ故に、統合失調症の患者様は長期入院で治療も介護も行ってきた歴史がありますが、これが精神障害者の社会復帰を妨げているとして国際的な批判を浴び、10数年前から厚生労働省が、治療を必要としない「社会的入院」を許さない医療制度への政策転換を開始しました。
患者会もこれに呼応し、昔ながらの長期入院を行っている病院には批判的な行動をとっています。
http://www.dr-yagi.com/qa/answer_191_kokoro.htm
http://janjan.voicejapan.org/living/0608/0608280188/1.php
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/chiiki.html

これは国策なので、医療機関の側としても従わざるをえません。病院側から転院を勧められたのであれば、本来はその病院の精神科ケースワーカー(PSW)が転院先を探してくれますが、PSWもまた、社会的入院には否定的なスタンスですから、「一生入院させておいてもらえる」病院を紹介してもらうことは期待できないでしょう。
http://www.japsw.or.jp/ugoki/hokokusyo/20050331.htm

相談者様が勧められた県の精神衛生センターや家族会もまた、長期入院を是認する方向でのアドバイスはしてくれないでしょう。

よって、狭義の精神科的入院治療は必要無い、しかし自宅でケアするのが困難、といったタイプの患者様は、宙に浮いてしまうことになります。
公的には、こうしたケースに対するケアはありません。

よって、このような場合の対処は裏技的にならざるをえません。
厚生労働省の政策の移行措置の中で、「精神科療養病棟」という病棟カテゴリが設けられました。長期入院していた患者様を急に退院させることは事実上できないので、その間のワンクッションとして、一定期間の入院を継続するための病棟です。
現実には、この療養病棟を用いて昔ながらの長期入院を行っている病院も少なからずあります。概ね、医療の質は低いですが。
こういった、ご相談の患者様の場合、長期の入院をお願いできるとしたら、こういった、評判の悪い、質の低い病院ということになるでしょう。
当然、公の期間でそうした病院を積極的に紹介してくれるわけはありませんから、自分の足でそうした探すか、ある種の業者に相談するくらいしか方法はありません。
ある種の業者とは例えば、「精神障害者の移送代行サービス」と行っている業者です。ネットで、「精神障害者 移送」というキーワードが検索するとそうした業者が数多く見つかります。
そうした業者は「蛇の道は蛇」的に、長期収容型の病院を良く知っていますから、お金はかかりますが、彼らを頼るのはひとつの方法かもしれません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 6 年 前.

ありがとうございます。国策で、長期入院は見込めないのですね。病気の本人も自分で好きにしたいらしく、また転院しようにも、本人が気に入らない病院には、嫌だという意思表示があるそうです。二重の苦しみですね。ご家族の方が気の毒です。経済的に も、富裕ではないため業者に依頼するのも難しそうです。病気とはいえ、当人に対しては、親も弟である人も愛情があるので、質の低い病院に送るのは気持ちの上でできないようです。聞けば、現在の病院にも足しげく行ったり来たりしてらっしゃるのです。他の患者さんのところへは、身内の方はあまり来ていないようにも言ってました。立派だと思うものの・・家族が倒れてしまうのではないかとはらはらしています。私も、何か力になれることはないかと思いますが、危険だからと言って、遠慮されます。

ですので、こういう形でのご相談になりました。

後、なかなか行動的な一面があり、化粧品を買いに行きたいといっては、次から次に購入したり、どこかに行くのに歩行が困難ゆえに、タクシーを呼んでかかる経費はお構いなしにどこへでも行ってしまう可能性があるのだそうです。そのたびに高額のタクシー代を本人に代わって支払わなければならなくなり、そのために消費者金融からお金を借りたりしているそうです。その為の解決策など何かございませんでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.

ご返信ありがとうございます。

悩ましい状況ですね。

 

消費者金融の利用に限って申し上げれば、「成年後見人制度」の適用が認められ、信用情報センターに クレジットを組めないように「本人申告制度」に登録することでご本人の借金は止めることが出来ます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E8%A6%8B%E5%88%B6%E5%BA%A6

http://www.cic.co.jp/qa/declaration.html

質問者: 返答済み 6 年 前.

ありがとうございます。本人が借りるのではなく、家族のものが借りているようなのです。

本人が借りてしまう場合は、お答にあったような方法があるのですね。

家族は、尻拭いのために困窮するなんて悲劇です。私もお金持ちだったらいいなとも思いますが、言うなりになってしまうのは、根本的な解決にはつながらないとも思えます。

姉弟の関係であれ、毅然とした態度に出るか、上手にかわすかできないものかと・・。

弟にあたる人は、結果を恐れるばかりです。過去に、警察を呼ばざるを得なくなったことがあり、そのことが強烈な印象につながっているようです。統合失調症の人は、年をとってきても若いときみたいな行動をとるものですか?柔軟な対処というのは、統合失調症の方を相手にするときは難しいものなんでしょうね。また、親子や兄弟であると、遺伝子的にも、環境的にも似たところが出てきて、うまくいかないということでしょうか?

 

専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.

一般的に10代後半や20代後半で発症する病気であるために、ご両親やご家族が、初期はやや過保護に接しがちなこと、ご本人も社会経験を積めずに歳を重ねてしまうことで、お知り合いのご家族のような歪な関係になってしまうことはしばしばありますね。

 

統合失調症の患者様が年齢を経ても社会的に適切な行動をとれない場合、それは症状が持続している場合もありますし、上述のように社会経験の不足に起因する場合もあります。もちろん、性格の問題もあるかもしれません。

 

暴力的になる患者様だと、毅然とした態度で臨むのは難しいことが多いでしょうね。警察の介入も限定的ですし。

 

遺伝より環境で、しかし時間をかけて出来あがった形なので、一朝一夕に解決するのは難しいでしょうね。

質問者: 返答済み 6 年 前.

 

発症には、小さい時からの家庭における父親の振る舞いや、多感な年ごろの失恋などが重なってのことのようです。

何かしら、希望につながるようなことがあれば・・私としては、つかず離れず、見守り続けることしか手立てはないのでしょうか。

家族が、病気の人に振り回された揚句、精神を病んでしまわないかと気がかりです。

今は冬でも、春の予兆を感じることができるようになることを祈りたいです。

専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.

相談者様としては、良い意味でも悪い意味でも責任はとれる立場におありではないですから、一定の距離を取っていた方が無難かと存じます。

 

事態が少しでも良い方向に向かうことを祈念しております。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問