JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

86歳の母です。小学校の教師をしていました。2回結婚2回離婚しています。最初の結婚で3人の子供を産みましたが、夫婦で

解決済みの質問:

86歳の母です。小学校の教師をしていました。2回結婚2回離婚しています。最初の結婚で3人の子供を産みましたが、夫婦で浮気をして離婚しました。兄と姉は父が、母は私、二女を引き取りましたが、小学校に行くまで親戚の家に預けられました。同僚の教員と不倫していて毎夜帰りは夜中、私は部屋の鍵も渡されず、アパートの廊下で毎夜オーバー一枚で寒さに震えて寝ていました。帰ってくるとそのまま寝てしまい食事ももらえず唯一給食だけがまともな食事でした。私は19の時に主人と知り合い家を出て結婚しました。母は愛人と結婚しましたが2年足らずで離婚。そして、早期退職。その後宗教に凝り始めあちらこちらの宗教、占い師など点々とし、数百万単位のお金をだまされたり金持ちの親戚にやはり百万単位のお金を無心に行ったり、 「自分は教祖になるからラジオで広告を呼びかける」などといったり、私の顔を見れば「事業をしろ」「何でもできる」と言ったり、思い通りにならないと、たとえばスーパーで宣伝販売をしていると「あれがほしい、お金がないからちょっと貸して」などといい、「私も余裕がないから」と断ると大声で「ほしいったら欲しいのよ!いじわる!!」と叫んだり。私の家に来ても気に入らないことがあると怒鳴り散らして車で帰ったり、で、親戚は誰も寄り付きません。人当たりは良いので次々に知り合いはできますが、長続きはしていないようです。一人暮らしをしていましたが、胃ジストになり入院中したところ、自宅をゴミ屋敷にしてしまっているのが発覚し、現在は私の家にいますが、一緒にいると寒気がして5キロ痩せました。色々調べたところどうも躁病のように思えてきます。母に治療を受けさせることができるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

まず、躁病かどうかはご記載だけからでは何とも判断のつけようがありません。

うつ状態のみを呈するうつ病はあっても、躁状態のみを呈する「躁病」という病気は存在しないことになっています。

うつ状態と躁状態を繰り返す躁うつ病で、躁状態主体の方が3%程度おられることになっていますが、大多数はうつ状態が優勢です。

お母様のように躁状態が長期間に渡って持続することは、躁状態優勢の躁うつ病であっても考えがたいと思われます。

 

ご記載にあるような性的逸脱行動や、金銭に対する無頓着は、人格障害(境界性人格障害や自己愛性人格障害)でもしばしば認められ、ご記載を拝読する限りはお母様にはそちらの方があてはまるように思われます。

 

ご納得いただけず、故にご承認もいただけない(=報酬が発生しない)リスクを覚悟の上で申し上げますが、お母様が医療の対象となる可能性は極めて低いように思われます。

奈良騒音傷害事件の「騒音おばさん」くらい周囲に迷惑が及んで初めて司法が動き出すくらいです。あの方はたぶん重度の人格障害ですが、それでも責任能力はあると認定され、治療対象にもなっていませんから、お母様に強制的に治療を受けさせることはできないでしょう。

 

認知症があったとしても軽症でしょうから、福祉の支援も期待薄です。

相談者様の精神衛生を考慮するなら、お母様にはお独り暮らしに戻っていただき、以後は距離を置かれることが賢明でしょう。

 

人格障害者との付き合い方でもっとも重要なのは、できるだけ付き合わないことです。

ご記載を拝読する限り、多大な迷惑を被ってまで同居してお世話をする義理はなさそうにお見受けします。

相談者様もご自分のご家庭をお持ちなわけですから、そちらの方を大切にされることをお勧めいたします。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問