JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14262
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻(32歳)がうつ病と診断され、5か月前から内服治療を受けています。2年前の出産後から不安定となることがたびたびあり

解決済みの質問:

妻(32歳)がうつ病と診断され、5か月前から内服治療を受けています。2年前の出産後から不安定となることがたびたびあり、診断される前には食欲減退と意欲低下が著明になりました。もともと几帳面で完全主義なところがり融通も利く方ではありませんでした。専業主婦で私の両親との関係や育児、転勤による孤立な どが引き金となったようです。
現在は彼女の実家で子育ても手伝ってもらい、家事もせず療養しています。
しかし病状はむしろ悪化し、攻撃的な側面が目立つようになり、家族や私に対しても批判的で易怒性がみられます。また興奮しているときには貧乏ゆすりのような動きもみられ、次から次へと汚い表現を使って怒鳴ります。こういったことがほぼ毎日繰り返されており、実家の家族も疲弊し、通院している精神科医に相談しても「人格障害の可能性」を示唆されますが、処方薬自体は変わりません。このまま近医での内服治療のみで経過を見ていけばよいのか非常に悩んでいます。
紹介状を作成してもらい別の精神科医を受診すべきか、または心理療法の導入がbetterであるかについて教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

結論から申し上げると、転院をお勧めします。
奥様にもともと人格障害がなかったのであれば、ですが。
人格障害というのは治療が必要なくらいに偏った性格傾向のことであって、狭義の疾患ではありませんから、32歳になってから急に人格障害を「発症」することはありません。
その診断を仄めかす時点で、奥様の主治医の診断能力に疑問符をつけるべきでしょう。

考えられるのは、
激越型うつ病
http://utu.kisokiso.info/120/post-9.html

躁うつ混合状態
http://www.dr-yagi.com/qa/answer_72_kokoro.htm

などです。
奥様の状態に、当てはまるでしょうか?

当てはまるようであれば、これらの状態に関する知識があり、適切な治療を施すことができる精神科医/心療内科医がいる医療機関に転院する必要があるでしょう。
心理療法よりは、まずは薬物調整の必要があると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

参考になります。ありがとうございます。

もう少し教えてください。

 

近医のクリニックは比較的評判がよく、2人の医師が診察しています。

妻は年輩でクリニックの常勤医ではない医師が主治医だそうです。

実家が遠方で、仕事の都合で別居しているため自分も診察に付き添ったことはありませんが、妻はその主治医の指示や言葉を我々の意見よりも信頼しています。

その背景の中で、自分としては精神科常勤医が3人いる市民病院への紹介をお願いしようと思っています。ご指摘いただいたように、妻は性格としても「細かさ」はありますが、社会的活動に支障をきたすような人格障害はないと考えています。

処方内容はサインバルタなどセロトニン関連薬剤が2剤、睡眠導入剤など計5剤です。

体重減少も著しく、37kgまで減ってしまい常人にはみえません・・・

ジプレキサも出してもらいましたが、効果はなく、今も赤ちゃんが食べる量程も食べていないのが現状です。

本人も自分はうつではなく、違う病気ではないか?と考えるようになっています。

うつで矛盾ないことは承知していますが摂食量がもどらないと鬱病もよくならないのか、それとも鬱病をコントロールして食欲を取り戻すのか、考え方としてどちらが妥当なのでしょうか?

質問は以上です。ありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

奥様が現主治医に陽性転移を起こしているのは、この場合は望ましくない状況ですね。たぶん転院に抵抗する要素をなりうるでしょう。

抗うつ薬を2剤併用し、前述の「人格障害疑い」の診断を下し、しかも年配の精神科医とくれば、99%の確率でヤブだと思われるのですが。
【うつ病:適切な治療を受けているのは1/4】
http://118.82.92.190/blog/archives/2008/09/_10_3.html

ジプレキサを食欲増進目的に姑息的に使用するのも感心しません。あまりにも場当たり的すぎます。

「摂食量がもどらないと鬱病もよくならないのか、それとも鬱病をコントロールして食欲を取り戻す」という質問に関しては、両方です、としたお答えしようがありません。
常人には見えないほどのるい痩があるのであれば、それだけで脳機能は低下し、物も考え方も歪みます(易怒性や興奮性はそのせいもあるかもしれません。下記リンクをご参照ください。摂食障害に関する記事ですが、性格変化については共通の要素があります)。かといってうつ病で食思不振があれば無理に食べることもできないでしょう。
http://www.biwa.ne.jp/~susumu55/EA1.htm

体重がそこまで落ちているのであれば、それだけをもってしても入院適応だと考えます。
入院し、経鼻栄養や点滴を使っても栄養状態を改善し、治療に耐えられる身体状態を取り戻すべきでしょう。

その意味でも、クリニックではなく病院への転院は私も賛成です。

状況が負い方向に進むことをお祈りしております。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14262
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問