JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんばんは。私は現在35歳の主婦です。結婚して10年になりました。主人の連れ子の事など一生懸命ややってきたつもりです

質問者の質問

こんばんは。私は現在35歳の主婦です。結婚して10年になりました。主人の連れ子の事など一生懸命ややってきたつもりです。主人からの労いの言葉もなく、結婚半年で、同じ職場の女性をメールで誘ったりしていて、私は家族から勘当されてまで主人をえらんだのに…というところから心のバランスを崩し始めました。その後に、私が子どもを生み、 生き甲斐を見付けました。でも、公園デビューが出来ず引きこもり状態になりました。息子が幼稚園に入園をしたのをきっかけに、精神科に行きました。2年くらい通院しましたが、女医さんでしたが、私が求めている解答よりも自立、自立、自立、と自立が難しい私に自立を押し付け、話しもろくに聞いてくれず結局、その病院はやめました。病院に通っていてもリストカットやタバコで火傷と傷は増え、一日中眠いし、食べたくない夕飯を人の為に作るのにイライラしたり…。本当は楽に死ねたら良いのに…と考えてしまいます。病名も『うつ状態だったと思う。』と中途半端な診断。私は何の病気ですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

精神科受診には勇気がいったことと思いますが、最初の病院でハズレを引かれってしまたようですね。
仰る通り、精神医学的な診断をはっきりとさせたうえで対処された方がいいように思います。安定剤だけで解決する問題ではおそらくないでしょう。

すこし周辺情報を下さい。

1) 一日中眠い、とのことですが、夜は眠れていますか?
2) 「食べたくない夕飯を」とのことですが食欲はないんですね? これはいつ頃からでしょう? 体重変化はありますか?
3) 「夕飯を人の為に作るのにイライラしたり」ということですが、家事全般の能率は以前と変わっていませんか?
4) 引きこもり状態とのことですが、それ以前はご友人との会話などは楽しめていましたか? いまは平日の日中はどのように過ごされていますか?
5) この問題について相談できる相手はいますか?
6) リストカット等の自傷行為が始まったのはいつ(おいくつの時)でしょうか。お子さんを生んだのがおいくつの時ですか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
おはようございます。丁寧なお返事ありがとうございました。先生からのご質問にお答えします。1、一日中眠たいです。主人が平日休みなので、土日も出かけられないので、子どもが公園に遊びに行ったら寝ています。主人が休みの時は起きてます。そうしないと夜まで体が持たないなのです。2、夕飯は、子ども達と一緒なら食べられる時と、お茶碗いっぱいのごはんだけの時もあります。朝 と昼はほとんど食べません。3、体重計に乗ってないので分かりませんが、
去年より痩せたね。と夏に言われました。4、結婚前までは保育士をしていたので、子どもや保護者との関わりはありました。来期の意向を聞かれ退職と告げた翌日からいじめが始まりました。5、一軒隣の方とは何でも話せる仲です。日中は独自のやり方でガーデニングをたのしんでます。今年は体調が良かったし、息子が幼稚園に行ってから親睦会などで鍛えられたのか人並みに会話ができる様になり、推薦された事もあり、PTA の会計を現在やってます。ただ、理由が分からないのですが、会長ではなく、来期は辞める方が辞めて良いって!と知らせてくれたので、一人、威張ってる方に貸したミシンを壊されて、『修理に出したらお金を請求して!』と言われて還されたので、そんな方とは仕事は出来ないと思い、来期は辞める事にしました。6、結構したのは25歳です。連れ子の母になりました。私が生んだのは26歳です。出来婚ではありません。リストカットが始まったのは、おそらく30歳前後からです。 安定剤はルボックスでした。 よろしくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

本日午前中外来なので(たぶん午後にはみ出しますが……)、遅くとも夕方までには回答いたします。

ご容赦ください。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

お待たせしました。

追加情報ありがとうございます。おかげで問題の輪郭がわかってきた気が致します。

 

基本的には精神科/心療内科の受診をお勧めしますが、2~3件回って合うところをみつけるくらいのつもりでおられた方がいいかもしれませんね。

と申しますのは、前述したようにこの領域は当たり外れが大きいことと、相談者様の場合は薬物療法だけでなく、十分な精神療法的なアプローチも必要であろうと思われるからです。

 

恐らく、ご記載を拝読するに、精神科/心療内科を受診した場合に付く診断はうつ病である可能性が高いでしょう。重症度は中等症やや軽めくらいだと思います。

しかしうつ病とは単一の疾患ではなく、いくつかの症状の寄せ集めの名称に過ぎません。

熱が出て、咳が出て、鼻水が出ると「風邪」という診断が付きますが、「風邪」の原因となるウイルスは1つではありません。同じように、同じうつという症状を呈していても、原因は患者様それぞれで異なるのです。

 

それに合わせて治療法も変わります。

相談者様の場合は抗うつ薬を中心とした薬物療法も必要ですが(ちなみにルボックスは抗不安作用もありますが抗うつ薬です)、精神療法も必要でしょう。

従って、受診先を選ばれる場合は、臨床心理士がいる病院やクリニックが望ましいと考えます。

 

環境調整も必要ですが、それはなかなか難しいかもしれません。

その点を考慮すると、相談者様の場合、単なるカウンセリングよりも、認知療法がより効果的であるように思われます。

 

相談者様の場合、ご主人の理解度を含むストレス要因を変えるのは、それが可能だとしても時間がかかるでしょう。
であるならば、相談者様の方が変わっていく必要があります。
その助けになるかもしれないのが認知療法です。

 

認知療法という精神療法の根底にあるのは、周囲の環境を変えられなくとも、自分が周囲を理解する(認知する)方法を変えればストレスは軽減される、という思想ですので、相談者様の状況には合っているのではないかと思います(無理にポジティブシンキングをしろという意味ではありません。念のため)。

 

人間は世界のありのままを観ているのではなく、その一部を抽出し、解釈し、帰属させているなど 「認知」しているのであって、その認知には必ず個人差があり、客観的な世界そのものとは異なっています。
認知療法では、そのため、誤解や思い込み、拡大解釈などが含まれた自らに不都合な認知をしてしまい、結果として様々な嫌な気分(怒り、悲しみ、混乱、抑うつ)が生じてくると仮定しています。

不快な気分や 不適切な行動の背景として「考え方」つまり「認知」に着目し、この不都合な認知⇒気分の流れを紙などに書いて把握すること、また、それらに別の観点を見つ けるべく紙に書いて修正を試みる事が認知療法の根幹になります。ステレオタイプな認知を歪みと命名したりします。

認知療法では認知の歪みに対し、反証や多面的解釈を生み出す手助けをします。このように自らが認知を修正することによって、身体反応が軽減したり、苦しみの少ない方向に情動が変化したり、より建設的な方向に行動出来るようになったりするとの説があります。

相談者様のおかれている状況にそぐう「治療」方法だと思うのですが。

認知療法を受けるには、インターネットなどで検索してこの治療法を行っている心療内科やカウンセラーを探す必要があります。昨年から認知療法は保険がきく ようになりましたので、このスキルをもった治療者を探すことが出来ればかなりお得です。
ただ、認知療法を行える施設は限られているのが現状です。
一方で、認知療法的な思考方法を身につけるためには、一般の方向けの書籍がたくさん出版されていますから、それを読み、独習するだけでも一定以上の効果が期待できます。

あたりが推薦図書です。「こころが晴れるノート」は雅子様の主治医の大野裕医師の著作です。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
うつ病とは、恥ずかしい病気なのでしょうか?目に見えない病気なので、周りの方は理解し難いとおもいますが、どうしても、気圧の低い時は動けない時もあります。うつ病は、恥ずかしい病 気ですか?どうしても、うつ病と聞いただけで、避けられるのでしょうか?むかし、自律神経失調症は弱い人間だからとか、頭がおかしいと言っていた人がいましたが、いつ治るか分からない病気を背負って、後ろ指指されながら生活するのは辛いです。心臓も二ヶ所肥大してるし、5年前には突然、心肺停止で倒れています。もちろん、倒れた時の記憶はありません。人工呼吸と心臓マッサージで蘇生したみたいです。もっと皆がうつ病に関心を寄せて、うつ病を理解してくれる日が来ればいいなと思ってます。明日は我が身…誰もが突然、不安感でいっぱいで、外に出るのが怖くなる可能性はあると思います。

先生、たくさんのアドバイスありがとうございました。頑張って生きてみようと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご丁寧なご返信ありがとございました。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

精神科 についての関連する質問