JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14252
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして。よろしくお願いします。 今年3月頃より、めまい(ふわふわ感)、からだのしびれ、聴覚・視覚過敏があり、メンタルクリニックで自律神経失調症と言われました。処方は、始めに

解決済みの質問:

はじめまして。よろしくお願いします。
今年3月頃より、めまい(ふわふわ感)、からだのしびれ、聴覚・視覚過敏があり、メンタルクリニックで自律神経失調症と言われました。処方は、始めにメデポリン、次にグランダキシン+デパスに変わり、デパスを最大で、眠剤代わりに2錠と頓服で2錠飲んでいました。
始めは1錠で眠れていたデパス、あっという間に2錠で寝れなくなり、レンドルミンを加えたのですがやはり寝れず(体はくたくたなのに全然眠りに入れないのです 。)これ以上デパスを増やしたくないのです。
担当医に依存の不安を訴え、現在、眠剤にデパスとロゼレムを試しているのですが、日によって効果が違い、入眠に2時間、朝まで4時間眠れることもあれば、うとうとしていたら朝のこともあります。(夜は体のしびれ、びりびり感を強く感じ、眠りに入るのに苦労しています。デパスを2錠から1.5錠に減らしたからかもしれません。個人的な感想としては、デパス+レンドルミンの時よりデパス+ロゼレムの方が寝れている気がします。)
眠剤としてのデパスをなくしたいのですが、今後どのようにすれば良いでしょうか?眠剤として他の薬をもらい、デパスは併用しながら徐々に減らすのがよいでしょうか。他の薬に変えたら、いきなりデパスを切る方法もあるでしょうか?
また、日中の分の減らし方は、デパスを割って徐々に減らしていくのが良いでしょうか、他の薬へ一度置き換えて減らしていくのが良いでしょうか?
日中2錠、眠剤2錠飲んでいたデパスですが、9ヶ月目の現在は日中0.5~1.5錠、眠剤で1.5錠飲んでいます。(依存が怖くなり、日中の分は減らしていきましたが、眠剤の分をなかなか減らせていません。元々不眠だったのかは、わかりません。夜はお酒を飲んで寝ることが多かったので。「眠くなるから」との理由でメデポリンを夜処方され、いつのまにか薬がないと眠れなくなってしまったのです。)
担当医はデパスは6錠まで全然大丈夫だから、と言いますが、飲んでいる実感として大丈夫でないと感じています。
私の症状でメンタルクリニックなのかも疑問なのですが・・・更年期、甲状腺、整形、脳腫瘍、メニエルを検査して残ったのがメンタルクリニックだったのです・・。
わかりにく文章で申し訳ありません。お返事頂けるととても有り難いです。よろしくお願いします。
(初めてJust Answerを知りました。某HPのように質問とお返事が公開されないのか心配しています。すみません・・。m(_ _)m)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

お答えできますが、質問と回答は公開されます。Googleで「JustAnswer」で検索すると、ログインしていなくてもたくさんの質疑応答を見ることができるのがわかります。

それでもいいのであれば、得意分野ですので回答しますが……
質問者: 返答済み 5 年 前.
さっそっくのお返事、有り難うございました。そうですか・・公開されることに不安があるので、申し訳ありません。再度、考えてからまたお願いすることにします。一晩考えてみます。有り難うございました。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
了解です。おやすみなさい。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14252
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

おはようございます。4日経ってしまいました。お返事頂けると助かります。

追加で、お聞きしたいことがあります。デパスの減らし方についてですが、割って少しずつ減らしていく場合も、他の薬に置き換えて減らしていく場合も、どれくらいの量をどれくらいの日数かけて減らしていけばよいのか、教えて頂けると有り難いです。よろしくお願いします。ご連絡遅くなりましたことをお詫び申しあげます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません。間違えて承諾を先に押してしまいました。返答ボタンを押して、お返事を頂きたかったのですが。よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

急ぎませんので、猫山先生にお願いします。特に緊急のことではありませんので。お時間がある時によろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
?
公開されると困るので、相談するかしないかを考える。相談することにしたら改めて相談をいただく、と最初のやり取りで決まったと理解していましたが、ご相談されることを希望されることに決められたということでよいでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
はい。その通りです。間際らしくてすみません。サイトの利用の仕方がよくわからず、質問の取りやめの仕方がわからなかったのです。お返事が頂きたかった&4日前の質問がすでに公開になっていたので、その時のページから入った次第です。申し訳ありません。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
了解しました。では、午後になってしまうかもしれませんが、本日中のは間違いなく回答致します。
なお、この返信に対するご返信は不要です。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

お待たせしました。

 

デパスの減らし方、止め方ですが、これは相談者様の場合、若干変則的になります。

まず、相談者様の場合、既にデパスに対する耐性・依存性が生じている可能性が大です。主治医は「デパスは6錠まで全然大丈夫」と仰ったとのことで、それは確かに事実なのですが、服用期間という側面から申し上げますと、もっと少ない用量でも、3ケ月間連続で服用すればデパスに対する依存は生じる可能性が大です。

 

従って、デパスを含む精神安定剤を減量する場合は、ゆっくりと減らしていく「漸減法」がとられるのが一般的です。「眠剤として他の薬をもらい」というのは、デパスの依存が眠剤への依存に置き換わるだけですのであまり意味は無いかと存じます。

どのくらいのペースで減量していくかは個人差があって、一概には申し上げられません。

相談者様の場合は不眠をターゲットとしてデパスが処方されていますから、例えば、半錠減らしてみて眠れるようなら1~2週間程度その減らした量で過ごし、さらに半錠減らしてみる。もしそれで不眠が出現するようであれば一段階まえの量に戻してから、今度は4分の1錠減らしてみる……という過程の繰り返しで中止まで持っていきます。

 

ただ、これは、不眠の元になる病気は治っていて、本来は薬なしで眠れるはずなのにも関わらず、依存が生じているせいで薬なしでは眠れない、という方のための減量法です。

と申しますか、通常は病気が治っていなければ薬は減らしたり止めたりすることができません。

変則的と申し上げたのはそういう意味で、相談者様の場合、デパスを減量して眠れなかった場合、それが依存に対するリバウンドなのか、「自律神経失調症」の症状による不眠なのかが判別できず、減量を進めるか後戻りするかの判断が非常に難しくなると思います。

 

従って、原病を治してからデパスの減量を試みられることをお勧めします。

 

ただそれは、現在のメンタルクリニックに通っていては難しいでしょうね。

実のところ、自律神経失調症はこの世に存在しない、もしくは日本にしか存在しない病気です。

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と自律神経失調症を暫定的に定義していますが、国際的な精神疾患の診断基準である「精神疾患の分類と診断マニュアル(DSM)」では、自律神経失調症に相当する疾患の記載はありません。

実際に、他科で「自律神経失調症」と診断された患者様を精神科医が診察すると、うつ病やパニック障害、適応障害などの診断が付くことがほとんどです。

結局、自律神経失調症は、「不定愁訴」を訴える患者様を診察した一般身体科医が、検査によって所見が得られず、診断を付けられなかった場合に、自分と患者様を納得させるために用いる「診断のごみ箱」的病名として用いられている傾向があります。この場合、弱めの精神安定剤や眠剤の投与でお茶を濁されることが大多数ですが、背後に隠れているかもしれない精神疾患の改善にはつながらず、一方で眠剤・安定剤の依存が生じるリスクがあります。
従って、一般身体科で自律神経失調症と診断された場合は心療内科/精神科を受診して、精神科疾患の有無を確認すべきなのですが、そのメンタルクリニックで「自律神経失調症」と診断され、安定剤と眠剤を処方されたわけなので、ちょっとこれは救いがありませんね。

 

眠剤や安定剤の臨床用量依存(低用量依存)に対する知識も無いようですから、現在の主治医はかなりのヤブであると考えてよいでしょう(精神科医/心療内科医の8割はヤブですが)。

転院され、正しい診断とそれに基づく治療を受けられ、合わせてデパスの減量について指導を受けられることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

有り難うございます。めまいがなくなり、神経過敏もおさまってきたので、薬の減薬に取り組んでみたいと思った次第です。割って少しずつ、ですね。我慢できないほどリバウンドが来たら、もどってみればよいのですね。有り難うございました。

もうひとつお尋ねしたいのですが、他の症状が治まったにも関わらず、不眠の症状があった場合、依存性のない睡眠薬はないのでしょうか?市販品のものの方が依存性が少ないでしょうか?他へ転院する前に、先生にお聞きしておきたいです。転院先が良い先生だとは限りませんし・・。よろしくお願いします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

そうですね。デパスの減量については、行きつ戻りつしながらも減量していく、という方法でよろしいかと思います。

 

依存性のない眠剤ということですが、現在服用されているロゼレムには依存性がありません(新しいお薬なので、将来的にどう評価されるかまだ不確定ですが)。

これ以外は、一般的に「眠剤」「睡眠薬」と呼ばれているものは、どれも依存性があると思っていただいて差し支えありません。

 

「ドリエル」をはじめとした市販の眠剤はどれも抗ヒスタミン薬(アレルギーや風邪のお薬の成分)ですので、依存性はありませんが、効果もそれなりですね。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14252
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

大変参考になりました。信頼できる精神科の先生が2割しかいないのなら、転院しても良い先生に出会えない気がしています。頑張って自分で減薬してみます。有り難うございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問