JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14143
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

双極性障害(躁鬱病)と診断されて6年が経過しました。当初、半年の休職・自宅療養を経て、現在はなんとか職場復帰しており

解決済みの質問:

双極性障害(躁鬱病)と診断されて6年が経過しまし た。当初、半年の休職・自宅療養を経て、現在はなんとか職場復帰しております。躁状態は、軽度のものであると自分では思っています。仕事などには悪影響というより、仕事ははかどる感じがしています。ここ数年は、仕事に他、PTA活動や地区役員など、社会的な活動にも参加しています。いわゆる調子の良いと時に引き受けた役員等の仕事でう、つ状態の時に苦労することがありますが。

リーマスを中心に、睡眠剤での治療を続けています。最近、うつ状態の波が長引いてトンネルから抜け出せないでいます。特に、口がもつれて、言葉が出にくいのがバロメーターです。これが出現すると、仕事等にも影響し、さらにストレスうつ状態が悪化します。いつもなら波が引くように、口がまわりだし、調子よくなるのですが、最近は、調子の悪い期間が続いています。これは、いわゆる躁鬱病の症状なのか、薬の副作用なのがが気になります。

主治医には、再びの休職も考えてみてはと言われていますが、再び休職すれば職場復帰が難しいような気がします。躁鬱病で私のような症状、状態で悩んだり、苦しんでいる方がいらしゃるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

ご記載を拝見するに双極性障害でもいわゆるⅡ型なのであろうと推察いたします。

口のもつれ、言葉の出にくさ――言語障害がうつ状態の時にのみ出現するとのことですから、持続的な脳器質的問題、例えば脳梗塞などは起こされていないという前提で回答させていただきます。

「躁鬱病の症状なのか、薬の副作用なのか」ということですが、恐らく両方なのであろうと考えます。

精神医学界における暗黙知的な知識として、双極性障害におけるうつ状態の間は運動機能の低下が見られ、躁状態の間は亢進が見られる、ことが知られています。
これは運動の量ではなくて質の問題です。
舌や唇だけでなく、全身の運動のスムーズさがうつの時と躁の時とで異なるのです。相談者様はご自身でこうした違いに気づかれたことはないでしょうか。

おそらくこれは、大脳皮質と、運動の滑らかさを司る大脳基底核という部位との神経連絡の問題なのですが(健常者でも緊張したり不安が強いと、口がもつれたり言葉がべなくなったりしますよね。膝が笑ったり、手が震えたり)、とにかく、臨床的にはそうした現象が認められます。

従って、うつ状態になっただけで、口がもつれて言葉が出にくくなることは(教科書等には記載がありませんが)良くあることです。

また、舌や唇の運動障害としての言語障害、つまり口のもつれに関しては、リーマス(炭酸リチウム)の中毒症状として添付文書(薬の説明書のようなものです)にも記載があります。
ご参考まで:副作用モニター情報(280)炭酸リチウム製剤による中毒症状
もちろんきちんと血中濃度を測定して有効血中濃度を超えない範囲でリーマスを使っていればこの副作用は出にくい理屈ですが、このお薬が呂律の回りを悪くする方向に働くポテンシャルを持っているのは確かだということです。有効血中濃度を上回ったとたんにこの副作用が出始めるわけではないので。

平素はリーマスの副作用としての副作用が目立たなくても、うつ状態で口の回りが悪くなったところにこリーマスの特徴が追い打ちをかけて、相乗的に喋りづらくなることはしばしば認められる臨床的な現象です。

「躁鬱病で私のような症状、状態で悩んだり、苦しんでいる方がいらしゃるのでしょうか」とのことですが、よって、たくさんおられると思います。

お仕事は、休まずに済むのであれば出来るだけ休まない方がよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14143
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧で詳細に分析いただき、ご回答いただきましてありがとうございました。とても参考になりまし た。これからも躁鬱病というやっかいな病と上手につきあっていきたいと思います。しかし、うつ状態での口や舌のもつれなどの言語障害が、仕事をするうえで大きな障害となります。その波がやがて引くのを待つしかないのかもしれませんが、なんとか最小限にとどめ、仕事や地域、あるいは家庭生活への影響を少なくしたというのが切実な願いです。薬の量、あるいは飲み方等で工夫する方法はないのか、発声練習、マッサージ等、試行錯誤の毎日です。

何かやわらげる方法はないものでしょうか?

この病気には調子の波があり、時に快活にしゃべれたり、行動できる時があるだけに、周囲誤解や理解が得られないこともあり、悩みます。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
これは私が行う個人的な「小技」ですが、パーキンソン病のお薬がうつの時の口のもつれに結構な高打率で効きます(打率7割くらい)。

パーキンソン病のお薬にはドーパミン作動薬と抗コリン薬がありますが、どちらも効きます。しかし抗コリン薬は副作用として口が渇くのでそのために呂律の回りが悪くなってしまうため、私はもったらカバサールというドーパミン作動薬を使いますが。

相談者様の主治医が、こういう処方が可能かどうかを相談できそうな主治医であればいいのですが……。
質問者: 返答済み 5 年 前.

重ねてありがとうございます。実は、私の父が50歳でパーキンソンの確定診を断されて、73歳で亡くなりました。私も父が発症した年頃になり、遺伝的な面、その他の原因でパーキンソン病を発症するかもしれないと、ひそかに悩んでおりました。

 

パーキンソン病のお薬が効果があるとしても、そのお薬がパーキンソン病そのものを誘発したり、おなじような症状を引き起こすことはないのでしようか?そしてその薬を常用しなければならい状況になったりしないものでしょうか?

 

私の症状は、うつ状態の時の口や舌のもつれに限定されており、身体の振るえ、固縮、すくみ足などの症状はありません。(むしろ口や舌のもつれが長引いていることが仕事等に悪影響をおよぼし、うつ状態をひきおこしているような気がしています)

 

現在の主治医にも相談しておりますが、1日 夜にリーマスを4錠、睡眠剤を使用するよう言われています。薬については、それ以上でもそれ以下でもダメで、今のところその量を厳守するよう強く言われています。それでダメなら休職も考えたほうがよいと言われております。仕事が電話や対面での対応が多く占める業務であるがゆえでのアドバイスかと思いますが。

 

今の主治医のアドバイスはありがたくお聞きしておりますが、今おかれてる環境からすれば、現実的ではありませんし、休職すれば復職が難しくなるので避けてたいと思っております。

 

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

パーキンソン病のご家族歴がおありでしたか。
相談者様が将来的にパーキンソン病になるとは申しませんが、黒質線条体(パーキンソン病における責任病巣です)に遺伝的な脆弱性はあるのかもしれませんね。

リーマスは血中濃度が確認されているかぎりにおいては、量の厳守は正しい指示です。これ以下では効かない、これ以上だと心臓や腎臓に負担がかかる、といった血中濃度の範囲がある薬なので。

薬物療法を拝見する限りにおいてはかなりの見識をお持ちの主治医だとお見受けします。
ここで安易に抗うつ薬でも使おうものなら長期的な予後は不良になる可能性が高いので。
ただちょっと、患者様の生活を見ていないというか、教科書通り過ぎるかもしれませんね。

パーキンソン病のお薬のうち、ドーパミン作動薬が、使っているうちにパーキンソン病を誘発するようなことはありません。むしろ神経保護作用があるためにパーキンソン病の進行を抑えるという報告があるくらいです。

主治医はお父様のパーキンソン病をご存知ですか?
そのこととも合わせてお願いしたらドーパミン作動薬を処方してくれそうな気がするのですが。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問